凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

南アルプス アプトラインで行く奥大井の山懐  後編      

南アルプス 奥大井の旅  後編です


本当は、この日のブログでは、
ロードバイクによる 奥大井の山岳ライド の記事が主体で、

トロッコ列車を大井川越しに写すショットが沢山乗るはずでしたが・・・・


既報の通り

悪天候により山岳ライドを中止、井川駅まで宿の車で送ってもらい、
南アルプス アプトラインでやって来た奥大井から、下界への帰路の記事となります。

う~~ん、  残念でした。



ss-DSC06812.jpg 

朝食後
早朝の湖畔の散歩の時から打って変わって・・・
部屋の窓からの景色、山間から雲がわき、大粒の雨が屋根瓦を打ちます







ss-DSC06849.jpg

流石に森林鉄道
線路脇には、見事な杉並木が迫ってきます







ss-DSC06861.jpg
 
深い谷、濃い緑 ・・・・ 
流れの急な大井川の上流、激しい水飛沫が、鉄橋の上からも感じられます








ss-DSC06860.jpg 

幾重にも重なる南アルプスの山並み
霧が降りてくるのか  雲が沸き立っているのか・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の旅先での朝は早い
 

朝5時
静謐さの漂う早朝の井川湖の畔 

南アルプスの山並みに朝陽の昇る気配 ・・・・ 天気の急変の兆しはありません




ss-DSC06770.jpg 





ss-DSC06785.jpg



 
昨日の夕刻にのんびりと周ってみた井川の家並み

朝の風景は、如何でしょうか・・・



昔ながらの朝顔の花

夏の朝、朝顔の咲く家並みを歩くと  子供の頃の夏休みの記憶が蘇ってきます


ss-DSC06783.jpg






此処、井川では、家の庭だけでなく道端に沢山の桔梗が咲いていました

この鮮やかな紫の花も、夏の記憶


ss-DSC06793.jpg 




ひまわりとコスモスの ツーショット

お盆ですから・・
高原の朝、此処ではもう秋の気配が感じられます

ss-DSC06794.jpg 




朝露がサトイモの葉の上に集まっています

今年は、蓮の葉でこうした写真を随分撮りました

ss-DSC06733.jpg





井川村 お盆の風景

何処の家にも、軒先にちょうちんが下がっていました


この日、13日はお盆の入り
「迎え火」 を焚く煙が 庭先から道路にまで漂っていました




ss-DSC06757.jpg 




この竹の先に すすきと季節の花  この地方のお盆の飾り

私の実家の辺りでは、なすの牛、きゅうりの馬を庭先に飾っていましたが。。。



ss-DSC06796.jpg 





井川湖畔の朝の景色、そして井川村のお盆の風景

気持ちの良い旅先の朝の散策を満喫し、朝食を頂くことに・・・



昨晩のイタリアンから一転、日本旅館で頂く典型的な朝ごはん

山で採れた山菜、朝採れの野菜、井川湖の山女
美味しい !



朝食を楽しんでいると・・

宿の方から、随分雨が降ってきましたが、自転車大丈夫ですか?
との悲報!



部屋に戻って外を見ると
屋根瓦に雨垂れの音が響き、大粒の雨に井川湖も煙っています

いつの間にか無彩色の世界へ

ss-DSC06804.jpg 




1時間ほど様子を見るものの・・・  好転の兆しなし


宿の女将さんに、この後のお天気を占っていただくと

井川湖のあの辺りに、黒い雲の広がる日は雨が続くことが多いとの事

・・・駄目ですね


すっぱりあきらめ、朝一番の井川線で帰ることにし、
ロードバイクを畳み始めました



ss-DSC06814.jpg 



畳んだロードバイクを背負い
女将さんに井川駅まで車で送って貰う事にしました



山岳ライドは未達のままですし、この地の景色はとても気に気にいったので
また、来ることになりそう・・・

そんな予感がします




南アルプスあぷとライン終着駅 井川

素敵な、記憶に残る夏の旅ができました 感謝!!

ss-DSC06822.jpg 



10時20分
井川線の始発列車で、千頭、金谷を目指します



井川駅を出て最初の駅  閑蔵駅(かんぞうえき)は
閉塞期間を短くする為に設けられた駅

近接の民家が殆どないため、秘境駅とした鉄道ファンの間では有名なそうな



この駅に迫る 杉の森

この間を抜けてゆくと何処か 異次元の地に導かれそう


ss-DSC06852.jpg 





まさか

このトロッコ列車、復路もお世話になるとは思っていませんでした・・・



でも、来た時と反対の席に座って 車窓に流れる風景を眺めていると

昨日との天候の違いがスパイスになって、結構新鮮な気分で眺めることができました

いえ、いえ  負け惜しみでなくて・・・(苦笑)




「関の沢」鉄橋からの眺め

この鉄橋で停まったトロッコ列車、予定した山岳路から観たら素晴らしいでしょうね


ss-DSC06858.jpg  





井川湖建設のために作られた井川線ですから

1957年に竣工したこの井川ダム ・・・ 路線は60年ほど経過していることになります


路肩の苔むす石垣、ヒビの入ったトンネルの壁、


20キロに満たない速度で走るから

見えてくる自然の景色、鉄道の姿 ・・・ これがこの路線の魅力ですね 




ss-DSC06870.jpg 
 




雨が多少入り込みますが・・・


来る時に味わった 窓全開 の開放感が忘れられず

一杯に開けた窓から、森林を抜ける風を呼び込みます

雨、止まないなぁ・・・

ss-DSC06863.jpg 




接阻峡(せっそきょう) 温泉

今回の旅で初めて聞きましたが
長島ダムの堰止湖 接阻湖を眼下に眺めて名湯につかる愉悦

紅葉の季節、最高でしょうね。。。






ss-DSC06892.jpg 




湖に伸びる岬に作られた湖上駅
奥大井湖上駅

真紅のレインボーブリッジが 深い緑の森にとても映えます

ss-DSC06897.jpg 



来た時にお世話になった「アプト機関車」に後押しされ

井川に向かう下り列車 急峻な坂を上ってきます


ss-DSC06914.jpg




ss-DSC06923.jpg 








アプト区間の始まる アプトいちしろ駅を過ぎると

大井川は徐々に川幅を広げながら、支流を取り込み その姿を大河へと変えてゆきます


ss-DSC06954.jpg 




線路脇の建物 ・・・  廃屋への道をゆっくり歩んでいるようです

ss-DSC06958.jpg 



さて、もうすぐ千頭駅に到着です

千頭駅では、今日も機関車トーマスが沢山の観光客を集めていることでしょう




ss-DSC06962.jpg 



大井川鉄道 輪行の旅


速報版
南アルプス アプトラインで行く奥大井の山懐 前編 、後編

と3回にわたるブログ記事にお付き合い頂き、ありがとうございました




チョッとした冒険気分を味わいたくて、
一昨年から始めた、ロードバイク輪行の一人旅


今年は、天候に恵まれず、多少物足りなさを感じたものの

大井川鉄道、南アルプスアプトライン
井川湖と井川村の旅情

沢山の驚きと感動 ・・ 素晴らしい 夏の思い出になりました






そして・・・
秋に控える しまなみ海道への輪行

3年越しの夢ですので、何とか実現したいと思いますが、如何かな・・・・









【凧と浜風】  お付き合い頂き、ありがとうございました

宜しければ、そっと応援いただけると、嬉しいです 。



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村     

スポンサーサイト

4 Comments

葉月 says...""
南アルプスも大井川鉄道もTVでしか見たことがなかったのです。

写真で見せて頂く風景もとても素敵ですね。

私は山口の山奥で育ったものですから
奥深い山々をみると安心します。

ロードバイクでひとり旅なんて素敵ですね。

秋にはしまなみに行かれるのですね。
とても人気の様で私のお友達もよく行かれていますよ。

私も昨年の9月に車で渡りました。
2014.08.17 22:15 | URL | #- [edit]
草笛 says..."豪雨は?"
こちらに居ると、どこもかしこも猛烈な雨かと怖くなりますが、ゲリラ性があるのか、地域がほんのちょっと違うだけでも大違いなのですね。
雨の前後?それはそれで、素晴らしい写真。どんな条件でも美しい場面を捉える力に脱帽。しかも優しげな風情、、緑の濃さと立ち上る霧に癒されます。
2014.08.18 08:48 | URL | #- [edit]
kite says..."葉月さんへ"
こんばんは。
比較的近い場所にあっても、結構話題になっていても、行った事のない場所ってありますね。

ある種の「縁」なのでしょうか・・
思わぬ時に其処に惹かれ、あれよあれと云う間に、計画を立て始めていました。
今回は、台風11号の進路を見ながら、宿の予約を含め最終判断をしたのが一週間前、本当に来る事になったんだな・・、などと人事の様な旅の始まりでした。

奥深い山、深い谷、濃い緑。。大きな自然は人を敬虔な気分にしてくれますね。

しまなみ海道、
東洋一のサイクリングコースとか、ローディーの聖地とか・・、色々煽られていますが、
結構準備も大変なので、この秋行ける確率は50%かな。。。と思っています。
2014.08.18 21:56 | URL | #- [edit]
kite says..."草笛さんへ"
今年は局地性の豪雨に見舞われるケースが多いようですね。
それで無くとも、山岳地帯の天候は変わりやすいですから。。。

雨でも走れる準備はして行きましたが、流石に荒れて濡れた路面、この急な下り坂を下るのは無謀
一人旅の鉄則「安全第一」に従いましたが、これでよかったと思います。

以前は、写真を撮るならば晴れ、外で遊ぶのも晴れ・・と固く信じていましたが、
雲、雨、霧、風・・、光を操るこれらの要素に、素直な目を向ける大切さが分かってきました。

深い山間に雲が沸き立つ景色・・・、やはり素晴らしく、暫し時間が止まりました。


2014.08.18 22:03 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/507-55f9dc01
該当の記事は見つかりませんでした。