凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

大井川鉄道 「輪行の旅」 速報版     

只今、大井川鉄道の旅から無事に帰ってまいりました。


久しぶりの輪行、初めて乗るアプト式トロッコ鉄道、奥大井の南アルプスに続く眺め
そして大井川に沿っての山岳ライド・・・・

期待感たっぷりの旅の記憶
まずは速報版にて、撮れ立ての写真をお届けいたします。





ss-DSC06595.jpg

全開の窓から眺める奥大井の山懐
爽やかな風、森の香り、そしてレトロなトロッコ列車の音






ss-DSC06640.jpg

長島ダムの放流
今年は雨が多かったから ・・・ 濁流の勢いが凄かった




ss-DSC06695.jpg

南アルプスの山懐
本当に山が深い、緑が濃い ・・・ そして自然が強い


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


恐らく、いつまでも印象に残るだろう・・・
そんな、とても素敵な輪行の旅をすることができました

でも、
冒頭に記した楽しみにしていた4つのテーマ、
残念ながら最大のテーマ ・・・ 「大井川に沿っての山岳ライド」が実現できませんでした


今日の朝5時、早起きして井川湖の湖畔を回った時は雨の気配がなかったのに
朝食を頂いている時から本格的な雨に見舞われ・・・

宿の女将さんの天気予報でも「結構な雨」


濡れた急斜面をロードバイクで降りてくるのは余りに危険なので、
断腸の思いで・・・ 山岳ライドは断念

宿でロードバイクを畳み、帰りもアプト式トロッコの旅を楽しんできました。
ちょっぴり消化不良です


未だ写真整理もできていないので
例によって、先ずはダイジェスト版をお届けいたします




大井川鉄道
今年の夏の話題はこれ、「機関車トーマス」


元々 SLに乗れるローカル線として名高かった大井川鉄道
機関車トーマスの登場で凄い混雑でした


私にとって、このトーマスの騒ぎは全くの想定外だったのですが ・・・・(苦笑)


ss-DSC06519.jpg 

大井川鉄道の始発駅 「金谷駅」
其処から1時間少々が、SLの走る大井川鉄道 の旅程

この終点の千頭(せんず)駅、此処で機関車トーマスがたっぷり見られるため、
家族連れが沢山集まっていました



そして、この千頭駅から始まるアプト式のトロッコ鉄道

奥大井の自然たっぷりの中、約1時間半 ・・・ 乗客は時の旅人 との事



トンネルの中を通過中のトロッコ列車の車内の様子です
昭和初期の電車の車内のようでしょう

手前の親父さんの帽子がまたレトロ感たっぷり

ss-DSC06584.jpg 



窓を全開で走る事のできる列車の快感


あくまで、自己責任ですが・・・

童心にかえって、窓から手や顔を出して、ダイレクトに自然に触れる心地よさ
 

車窓から眺める奥大井の自然はとても素晴らしかった


ss-DSC06633.jpg 




幾重にも重なる奥大井の山並み

そして、満々と水を湛えたダムによる堰止湖 の眺め


明日は、あの山の中を走り抜けてゆくのだなぁ・・・
(と、この時点では信じていました)

ss-DSC06657.jpg 



終点の井川駅まであと2つ

尾盛(おもり)駅のプラットフォーム ・・・ この辺り、熊が出るようです

流石に、この駅で降りる方はいませんでした

ss-DSC06689.jpg 





見晴らしの良い鉄橋では、列車を止め、車掌さんが解説をしてくれます 

谷の深さ、緑の濃さ ・・ 全開の窓から眺めるダイレクトな自然
凄い ・・・ 自然が濃い、強い


ss-DSC06700.jpg 




井川線の終点 井川駅に午後2時に到着

横浜を出てから8時間、畳んで運んできた愛車ピナレロ
この駅で組み立てます ・・・・


この井川線、輪行で来るお客さんも多く、
ロードバイクを組み立てる場面、特に珍しい風景でもないのですが・・・

結構、声をかけられました(笑)


ss-DSC06726.jpg 



経験者のブログで覚悟はしていましたが・・・
この井川駅から、いきなりかなりの急斜面が始まるとの事


少し荒れた路面、10%超の坂をいきなり上り、暗い杉並木の間のアップダウンを約5キロ


本日の宿、「大西屋旅館」さんに到着





早速一風呂浴びて汗を流した後、井川湖の畔を散策してみました


井川湖では、住人の足として、今も渡し舟が重宝しているとの事

この日の、最終便を待つ係りの方と暫し談笑


ss-DSC06740.jpg 






静かです

湖面には、先刻着いた渡し舟の波紋が未だ残っています


ss-DSC06753.jpg 



先ずは、大井川輪行の旅、1日目のダイジェスト版です

明日以降、旅の記憶をお伝え致しますので・・・ 暫しお付き合いください







【凧と浜風】  お付き合い頂き、ありがとうございました

宜しければ、そっと応援いただけると、嬉しいです 。



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村     

スポンサーサイト

6 Comments

eemy♪♪ says...""
Kiteさん おはようございます。

機関車トーマス、子どもが小さいころ
大好きなキャラクターでした。

思い入れがあるのか
昨年まで息子の部屋のクローゼットの奥に
プラレールとトーマスのおもちゃがありました(笑)
ちなみに今 高3ですが・・(^^ゞ

そんなこともあって、トーマスのことはよく知ってるのですが
ホントにリアルですよね。
トーマスの後ろの貨車アニー&クララベルも
あの世界のまま・・大人のわたしもちょっと興奮します~(≧∇≦)
2014.08.15 09:51 | URL | #- [edit]
らこさ says...""
こんにちは。

トロッコ列車からの眺めが素晴らしいですね。
山も谷も緑も深いです。

山岳ライドはとても残念でしたね。
自然が相手ですので、止むを得ない事もありますよね。

ロードバイク、駅のホームなどでよく見かけるあの大きなバッグには、
こんな風に畳まれて入っているのですか。とても重そうです^^;
次の記事も楽しみにしております。
2014.08.15 13:09 | URL | #- [edit]
kite says..."eemy♪♪ さんへ"
我が家も次男がかなりトーマスのおもちゃに夢中だったと思います。
流石に、今はもうトーマスのおもちゃも無いのではないかな。

金谷の駅ではいまひとつの盛り上がりかな。。。と思ったら、
トーマスのフェアーをしている千頭の駅にファンが集結していました。

eemyさんのアドバイスの通り、大井川鉄道沿線はカメラを抱えたファンがかなり居ました。
車の渋滞もかなりあったようです。

此方に集まってくれたせいか、井川線のトロッコ列車は程よく空いていました。
静岡の奥座敷、井川湖までの列車の旅、最高でした。

って、神奈川県民が静岡県民に薦めています。(笑)
2014.08.15 21:10 | URL | #- [edit]
kite says..."らこさ さんへ"
この大井川鉄道沿線からバスで行く「寸又峡温泉」は、かなり有名なのですが、このトロッコ列車、
アプト式という特殊な登山列車のため、鉄道ファンにはかなり有名ですが、一般には限定的な知名度かな。。。と思っていました。

でも、奥太井の素晴らしい眺め、トロッコ列車のレトロな雰囲気の味わい、車掌さん始め、鉄道を支える方の親切な対応・・、季節を変えてまた来たい、と思わせる素敵な旅を経験できました。

らこささんも、娘さんを誘って是非行って見て下さい。
写欲も沸く場所ですよ。
2014.08.15 21:16 | URL | #- [edit]
紗真紗 says...""
kiteさま^^こんばんは~♪

大井川鉄道の旅からお帰りなさい~♪
お疲れはとれましたでしょうか。
もちろん、タフガイですのでOKですね^^。。。
ロードバイクで、こんな無茶苦茶な暑さに^^、
kiteさまはどんな心肺機能をお持ちなのでしょうか。
バイクはたたむのも組み立てるのもたいへんそう。。。

TVで「トーマス」はよく見ておりましたので、
他の機関車の名前も言える?のです、あらっ!(笑(*_*;~!!

山、森、緑の景色に見惚れ、
ダム好きですので、エレガンティシズムな姿に、
ダム湖のエメラルドグリーンに吸い込まれそうです。
いつもありがとうございます~♪
2014.08.15 22:12 | URL | #- [edit]
kite says..."紗真紗 さんへ"
残念ながら、
楽しみにしていた山岳ライドが雨のために中止となったので、列車への乗り疲れだけだったので、ひと風呂浴びたら回復です。
井川湖は南アルプスの入り口、標高は700m前後ですがとても爽やか、この大自然の中をロードバイクで走れたら最高だったのですが・・・

>TVで「トーマス」はよく見ておりましたので・・

トーマス達の写真、少し増やしました。(笑)

ダム湖の美しさ、これは独特ですね。
朝、そして夕暮れ時、静かな井川湖の畔を散策すると、本当に大きな自然の中に受け入れてもらえた喜びを感じます。
2014.08.16 06:59 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/505-48a29704
該当の記事は見つかりませんでした。