凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

遠州新居町の火祭り、手筒花火 最終章

ダイジェスト版、
そして「東海道の奇祭」 遠州新居町の火祭り、手筒花火  
と、2回のブログで紹介して参りました 【新居町の手筒花火】 

今回が最終章となります




300年前から続くと言われる この手筒花火

祭りの始まりから 猿田彦花火によるクライマックスまで



太鼓や法螺貝、そして男衆のお囃子

火柱火の粉、火薬のにおい


夏の夜の暑さを忘れる一時を過ごすことができました。






ss-DSC_0963_20140801051801e86.jpg

手筒花火による 乱舞する火柱の中、男衆の興奮も最高潮
猿田彦花火のクライマックスです








ss-DSC_1039_201408012102484b5.jpg
  
大きな炎、火柱を囲み、仰ぎ見る男衆の表情
この祭りは、人を原始の時代に呼び戻す火祭りなのかもしれません

  




ss-DSC_1013_20140801210243cff.jpg

太鼓と法螺貝、そして賑やかなお囃子の中
手筒花火を抱えた男衆が火の粉の中を舞います


  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


過去2回のブログで、手筒花火についての薀蓄は語り尽くした感がありますので ・・・・ (笑)


男衆の乱舞する祭りのクライマックス

猿田彦花火の写真を中心にご覧ください。



なお、本日のブログの最後に、花火職人の写真をアップ致しました。




ss-DSC_0997.jpg 






ss-DSC_0988.jpg 






 
ss-DSC_0986.jpg




この日、手筒花火の会場には消防車が1台待機していましたが

昔は、手筒を持った男衆が町を練り歩いたそうで・・・
町中には、かなりの数の救急車と消防車が用意されていたとの事


髪を焦がす 火傷をする・・・
そんなことは当たり前だったそうな 

ss-DSC_1016.jpg 






ss-DSC_0994.jpg 





風に煽られて、見物席まで猛烈な煙と火薬のにおいが押寄せます

火薬の匂いに煽られ、見物客も一種のトランス状態

会場が一体となって興奮してゆきます


ss-DSC_1076_20140801210307316.jpg  







ss-DSC_1078_201408012103091cd.jpg 






ss-DSC_1041_20140801210304dbc.jpg 






ss-DSC_1120_20140801210311b67.jpg






ss-DSC_1026_201408012102467ab.jpg 







ss-DSC_1022_20140801210245352.jpg 









ss-DSC_0990_20140801210242ec0.jpg  







ss-DSC_0993.jpg 



3回に渡ってアップした 
   「東海道の奇祭」 遠州新居町の火祭り、手筒花火 


機会がありましたら、是非見に行ってください
決して後悔しないと思います


私も以前、掛川にあるリゾートホテルのアトラクションで見て
気になっていたのですが・・・・


祭り会場で見る手筒花火は、これとは全くの別物
特に、祭りのクライマックス 猿田彦花火の興奮は此処でしか味わえないでしょう







さて、最近しじみ君の記事が少ないと、お叱りを受けまして・・・・

我が家の花火職人(のコスプレ)です



カメラを持って、急に近づいたので驚いたようです


ss-DSC_7445.jpg 



何かくれるの?
それとも遊んでくれるの?

この顔で迫られるから、しじみが傍にいると仕事が捗らない


ss-DSC_7441_20140801210332095.jpg 





やる気の全くない花火職人の図
相変わらず太い尻尾

ss-DSC_7456_201408012103346cb.jpg 







蒸し暑い夏の夜は  花火、祭り ですね

今週から、神奈川でも立て続けに花火大会が企画されているようです


蒸し暑い中、人にもまれながら、撮影場所を探すのも結構大変ですね
はて、さて どうしたものか・・・







【凧と浜風】  お付き合い頂き、ありがとうございました

宜しければ、そっと応援いただけると、嬉しいです 。



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村   




スポンサーサイト

10 Comments

az says...""
こんばんは。

ヤッパリ男衆はすごいですね。
女性ではできないし様にならない
こんな写真を撮られるkiteさんの技術も素晴らしいです。
はじめて拝見させていただきました。
2014.08.02 17:56 | URL | #EBUSheBA [edit]
kite says..."az さんへ"
コメント、ありがとうございます。

私もこの手筒花火、祭りの場の中で見たのは初めてでしたが・・・素晴らしい火祭りでした。
今も凄い迫力ですが、昔は髪が焦げたり、火傷をおうのは当たり前だったようです。

今回は様子もわからず、余裕も無い中、手持ちで夢中で写した写真、
場の熱気、雰囲気が伝われば良しとしましたが、被写体としてとても興味深い火の祭り、
来年も是非行きたいと感じました。
2014.08.03 06:42 | URL | #- [edit]
そら says...""
イツモと違い躍動感迫力にあふれる写真ですね。
この打ち上げ場所からどれくらいの距離で撮影されてるのでしょう...
火の粉の飛び散る様子スゴイデスネ
2014.08.03 13:36 | URL | #- [edit]
eemy♪♪ says...""
こんにちは~♪

手筒花火、臨場感がありますね。
火の粉が凄いので撮る側もかなり熱かったのでは・・?

最後のしじみちゃんのコスプレで一気に脱力・・ (´艸`*)
カメラ目線がカワイイにゃー^^

2014.08.03 14:45 | URL | #- [edit]
葉月 says...""
写真からもお祭りの迫力がすごく伝わってきます。

夜に撮影するってむずかしいと思うのですが
こんなにもはっきりとした鮮やかな色を残せるなんて
さすがだなぁ~と感心しました。

猫ちゃんのお祭り姿もさまになっていましたよ。

でも、猫ちゃんも最後には少々お疲れ気味でしたか?(笑)
2014.08.03 20:51 | URL | #- [edit]
梅サクラ says..."こんばんは♪"
迫力ある、素晴らしい、そして臨場感ある花火のお写真、
目が釘付けです。
で、手持ち撮影ですよね。凄すぎです!!
手筒花火を見せて頂きましたが、見ていて、こちらも興奮状態です。
まさにその中に入っているような錯覚に囚われました。

素晴らしいお写真をありがとうございました。PP!
2014.08.03 21:55 | URL | #zwRScLrQ [edit]
kite says..."そら さんへ"
この日、早めに行って見物席の最前列に入れたので、臨場感は半端で無かったです。
猿田彦花火の乱舞が始まると、10m少々まで迫ってきました。

火の粉の飛び散る様、火薬の匂い、煙
法螺貝、太鼓の音と、男衆の掛け声・・・、まさに五感に迫る花火でした。
2014.08.03 22:11 | URL | #- [edit]
kite says..."eemy♪♪ さんへ"
火の粉の熱さは感じませんでしたが、
花火会場の熱気が凄かった・・・、見物席の最前列だったのですが、私の後ろの並ぶ観客の熱気、息遣いも凄かった。

会場を満たす大音声、まばゆい光、火薬の匂い・・・
本当にトランス状態に入ってしまいそうな雰囲気でした。

しじみ君、
2年目に入って、益々かまってチャン振りに拍車がかかっています。

ブログを書いていてかまってあげないと、PCのキーボードの上を転げまわります。(苦笑)
このPCのハードディスク、もう猫の毛だらけだろうな・・、と想像しています。

でも・・・可愛いから許す。(笑)

2014.08.03 22:18 | URL | #- [edit]
kite says..."葉月さんへ"
昨年、打ち上げ花火の写真撮影で結構失敗したので、自分なりに頭を整理して臨みました。

会場の様子も分からず、混雑していて三脚は迷惑かな、と思い車においてきました。
カメラマンの皆さん、場所取りに三脚をしっかり使っていました。

綺麗に写すより、場の臨場感が伝わる写真が撮りたい、
だから・・・
多少のぶれ、ボケはよしとする、こういった割り切り、結構楽しく写真が撮れました。

さて、我が家の愛猫のコスプレ、この花火職人で第4弾になります。
過去のブログでは、最初の蜜蜂と、三番目の唐草模様の風呂敷がとても好評でした。(笑)
2014.08.03 22:30 | URL | #- [edit]
kite says..."梅サクラさんへ"
家に帰るまで撮れた写真の確認ができず、帰りの東名高速の中で多少やきもきしていましたが(笑)、
結構気に入った写真が撮れていてほっと致しました。
半分以上はカメラとレンズの功績と思います。

ああしたダイナミックな撮影では、むしろ三脚では制約が大きく、難しそうですね。
今回は、手筒を抱える男衆と一体となって、夢中で花火を追って写したように思います。

来年も来て、撮影にもう一工夫したい!
そんな思いを抱いて帰路に着きました。

本当に、とても素晴らしい体験ができました
2014.08.03 22:40 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/501-3bc845a8
該当の記事は見つかりませんでした。