凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

憧れの ・・・ 渡良瀬遊水地へ    

ブログを楽しむようになってから
本当に、素晴らしい 「風景写真」 に出会う機会が増えてきました


「風景写真」

カメラマンの技術的な素晴らしさとはまた別に
その風景そのものに魅了され、
いつか行ってみたい・・・ と言う

その景色への憧憬


私にとって、そうした思いの募る場所の一つが 
「渡良瀬遊水地」




ss-DSC_0474.jpg

遊水地に咲く黄色い愛らしい花 ホソバオグルマ






ss-DSC_0493.jpg

渡良瀬遊水地  お馴染みの水鳥、 魚網、 そして朽ちた木々






ss-DSC_0537.jpg

渡良瀬遊水地と言うと この朽ちかけた和船の浮かぶ用水路が印象的





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

行田の古代蓮の里に行った先週末

地図を調べていたら ・・・
行田市から渡良瀬遊水地まで、なんと30キロ少々の距離



冬枯れた川面  朝霧と日の出 朽ちた和船と魚網
ため息をつきながら幾度となく眺めた 渡良瀬の原風景への憧れ


冬の渡良瀬遊水地への憧憬  その季節までに一度訪問したいと持っていましたが
思わぬときにチャンスがやってきました


季節も時刻も、私の憧れる渡良瀬遊水地にそぐわないものの・・・
来るべきシーズンの到来に向けての準備




お昼過ぎに 渡良瀬遊水地に到着です


北水門傍にあるウォッチングタワーから遊水地の広さを実感

やはり  空が広いですねぇ・・・

ss-DSC_0445.jpg 




谷中村史跡は緑溢れる草原が広がっていました

家の周りの街路樹と比べるのも失礼ですが。。。
木々の勢いが違いますね




ss-DSC_0465.jpg 







花に虫達が集い 川面には水鳥の声が渡ります
此処では、人はいつも ビジター であることを感じます


ss-DSC_0473.jpg  



この風景です

静かな水辺 魚の跳ねる音が遠くまで響きます


ss-DSC_0488.jpg   
 


春先 渡良瀬遊水地ヨシ焼きが行われ
県内外から7000人以上の見物人が集まったそうです


この野焼きの目的は、良質の葦を育て、害虫を駆除するためとの事ですが、
この青々と茂った葦原 ・・ 野焼きのお陰でしょうね


来年のヨシ焼き 来れるかな・・・


ss-DSC_0496.jpg 





静かな遊水地に魚が跳ね、、水鳥が飛び、蝶が遊ぶ

見飽きない水辺の風景でした



ss-DSC_0501.jpg 




ss-DSC_0515.jpg







道路の反対側  廃線の鉄橋越しに水路が延びています

時折吹く風が川面に漣を立てていました



ss-DSC_0503.jpg  








ss-DSC_0517.jpg 





車で通り抜けるのにも苦労する細い川辺の道を少し走ると ・・・

朽ち掛けた和船を見つけました


ss-DSC_0526.jpg






谷中湖に沿って整備された用水路
 
でも、やはり自然をそのまま残した 渡良瀬川にそって遡上してみたいです




ss-DSC_0534.jpg  




人に出会うことも少なかったこの時間

釣り人が土手を降りて行くので、そっと後に付いて行ったら ・・・・・


先刻写真を写した 廃線の鉄橋したにでました

苔むす老木の木陰


こんな場所で、一日釣りをしたら素晴らしいでしょうね

ss-DSC_0550 (1) 




初めての 渡良瀬遊水地

でも、その雰囲気を十分に感じることができました



谷中村史跡にあったビジターセンターを訪問した際、
とても親切な係の方にお世話になりました


素晴らしい渡良瀬遊水地の写真に憧れて、横浜から来た旨伝えたら
渡良瀬の写真集を使って説明してくれました


「こうした写真が撮りたい!」 と言う無茶な話を笑って聞きながら

地図を使って、恐らくこの辺りの風景でしょう・・・
と、説明していただきました




冬までに、是非 もう一度来て見たい

そうした思いを強くした 渡良瀬遊水地 初訪問でした









【凧と浜風】  お付き合い頂き、ありがとうございました

宜しければ、そっと応援いただけると、嬉しいです 。



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 









スポンサーサイト

6 Comments

らこさ says...""
おはようございます。

ずいぶんと足を延ばされて走りましたね。
kiteさんフットワークがいいですね^^
静かな水面、とても奇麗です。
いつもの湘南の海とはまったく違った趣の水面ですね。
タイミングが合えば、葦焼きをぜひ見せて下さい。
2014.07.26 09:01 | URL | #- [edit]
そら says...""
写りこむ景色がまるで鏡のようですね...
いつもながらステキな写真ですv-354
2014.07.26 20:09 | URL | #- [edit]
kite says..."らこさ さんへ"
写真を撮り始めてから、休日の移動距離がずいぶん大きくなったこと実感しています。
昨日も、手筒花火の祭りに誘われ、浜名湖の西まで日帰り・・・550キロを走破してきました。

渡良瀬遊水地は、昔の日本の自然がそのまま残っている貴重な場所と言うことで、
四季折々、この地の素敵な写真が沢山紹介されています。

海辺の動的な水の景色に比べ、静かな静的な風景、其処に溶け込む鳥、魚、昆虫
足音も立てずに、そっと佇んで居たくなる風景でした。

葦焼き、是非行きたいのですが、天候に左右されるイベント、
参加した方のブログを読むと、結構大変そうですね・・・・



2014.07.27 05:38 | URL | #- [edit]
kite says..."そらさんへ"
遊水地、用水路・・、動的な水の流れの無い場所なので、魚の跳ねた水音に振り返ると、水紋がゆっくりと広がるさまを見ることができました。
別の季節、別の時刻の此処をみてみたい。。。その様な場所でした。

そして、朽ちた木が川面から不規則に出ている様子や、所々に仕掛けられた魚網、
ひとつひとつが、とても訴えかけてくる場所でした。
2014.07.27 05:44 | URL | #- [edit]
優の水彩工房 says...""
こんにちは。
夫は野焼きの撮影で行きましたが、私はこの様な風景の方が好きですね〜♪
色々な表情を魅せてくれますね。
私も今年の芽吹きの頃に行きましたが、黒焦げの原野が広がってました(~_~;)
2014.07.27 18:51 | URL | #- [edit]
kite says..."優さんへ"
確かに渡良瀬遊水地の野焼き、迫力はあるものの、美しさ、素晴らしさと言う点では、微妙でしょうね。
優さんが、水彩画で書きたいと思う風景ではないかもしれませんね。
黒焦げでは。。。(笑)

晩秋、銀色に輝くススキ野原で有名は箱根の仙石原の野焼きも、
野焼きの後に、若葉が出て、秋のススキの原が再生する、と言う季節のつながりの中で、
多くの方を集めている気がします。

渡良瀬遊水地のキーワードも再生なので、なんとなく納得しています。

PS:
少し前になりましたが、優さんの古代蓮の絵のブログに、渡良瀬のコメント入れさせていただきました。
2014.07.27 22:47 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/497-04f438f7
該当の記事は見つかりませんでした。