凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

行田市 古代蓮の里 探訪   

梅雨明け間近の週末ですが、いま一つすっきりしませんね


さて、盛夏に向け、この時期の花というと 【蓮】


ロマンの香り漂う 【古代蓮】  その発祥の地 行田市

1400年以上前とみられる蓮の実から自然発芽したのが始まりという、この行田古代蓮の里


以前から行ってみたいと思っていましたが、この週末、漸く希望が叶いました






ss-DSC_0248.jpg

10万株の 古代蓮(行田蓮) の咲き誇る 古代蓮の里






ss-DSC_0293.jpg

園内の一角にある池に咲く  キバナハス 






ss-DSC_0337.jpg


蓮の花独特の 花びらに入る濃い線  条線と呼ぶそうです








ss-DSC_0344.jpg

この美しい緋色  濁った濃い泥水からこの大輪の花を咲かせる 妙




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


少し雨のぱらつくうす曇りのお天気 ・・・ 蓮を写すには希望通り  


行田市まで、横浜の自宅から140キロ

朝一番の蓮の姿を見たくて  6時前に家を出ました




先週開催された 「蓮祭り」

蓮の花は8月初旬まで見られるとの事ですが、
旬な蓮を見るならば やはり この蓮祭りの頃が狙い目の様です

この日は、花が散った後の花托がだいぶ目に付きました




ss-DSC_0285.jpg

 



古代蓮の里

広い敷地内に古代蓮の咲く池が幾つかあり、微妙に開花時期が違うようです。


また、入り口にある 「世界の蓮」 を見ることのできる池もとても見事でした

そちらの蓮の写真は、この後のブログでご紹介致します



古代蓮  濃いピンク色の一重咲きの花が特徴です

この上品な緋色の花とくっきりとした条線


濃い緑の大きな葉とのコントラストは、本当に見事です




ss-DSC_0270.jpg





蓮の花
花の中心部にできる花托が特徴的で、その形状が蜂の巣に似ていることから、
「はち巣」 となり 「はす」 とよばれるようになったという説があります。


  ・・・・・   古代蓮会館の資料より

ss-DSC_0272.jpg




蓮の花の甘い香り

この香りに誘われ、蜂たちが沢山飛び交っていました

ss-DSC_0276.jpg





古代蓮の花はとても大きい


朝開いて 午後から夜には閉じてしまい・・・

これを4日繰り替えすと散ってゆく


蓮池には、散った花びらが浮かんでいました

ss-DSC_0282.jpg






夏に向け、色濃くなった木々の緑をバックに  この緋色は本当に綺麗


蓮の花托は、花弁が散ると生長しながら果托に変化します。

同時に、受粉しためしべも成熟して褐色化し、硬い果皮を持つハスの実になります。



             ・・・・・  古代蓮会館の資料より


ss-DSC_0283.jpg 





柔らかな黄色の花をつけた  キバナバス


ss-DSC_0292.jpg 






明るい黄色の花がとても目に付きました

キバナバスももう終盤のようで、池には果托が目に付きます



ss-DSC_0294.jpg





敷地の一番奥にある 水鳥の池の古代蓮


此処の蓮はとても大きくなっていて、池の傍まで降りてゆくと ・・・  花を見上げるほど



ss-DSC_0310.jpg





曇り空の柔らかな光が この蓮の花にはとても似合います



ss-DSC_0312.jpg






下から見上げているせいか ・・・・・

花の中から 灯りがともっているかのような 鮮やかな緋色


ss-DSC_0315.jpg




朝のうち少し雨が落ちていましたが・・・


両腕を胸の前に組んで 花を守っているような 蕾のけなげな姿 



ss-DSC_0317.jpg






蓮の甘い香りの漂う水辺から


今が盛りと咲き誇る古代蓮の花の姿に惹かれ ・・・・・

夢中で撮った蓮の写真から




微妙に違う花の姿、色彩、風合い・・・





ss-DSC_0320.jpg







ss-DSC_0325.jpg







ss-DSC_0331.jpg








ss-DSC_0334.jpg 










ss-DSC_0345.jpg 



古代蓮の里  池を巡り 行田蓮の花の姿を堪能した後


世界の美しい蓮が咲く  一角を訪問いたしました


世界各地から取り寄せた 艶やかな蓮の花の姿は とても素晴らしかった



古代蓮の里 探訪 【後編】   世界の蓮達 に続きます







【凧と浜風】  お付き合い頂き、ありがとうございました

宜しければ、そっと応援いただけると、嬉しいです 。



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 

スポンサーサイト

6 Comments

そら says...""
こんにちは
黄色い蓮はとても珍しいですね
蓮はやはりこの角度が綺麗ですねv-354
2014.07.19 17:32 | URL | #- [edit]
紗真紗 says..."わぁ^^きれい!きれい!"
kiteさま^^こんにちは~♪

わぁ~お^^お部屋を開いてビックリ、
スピーディな更新に、
待っておりましたと何度も何度も感動です!!

スターを選ぶ技とアングルは秀逸で、
kiteさまのお写真は輝きが違います。
すべての蓮の虜になりました。
キバナハスの色彩り、表情にもうっとりです。。。

そして条線というのですね。お勉強になります。
その場に立ってるようでした、ありがとうございました~♪
2014.07.20 10:21 | URL | #- [edit]
らこさ says...""
こんにちは。
横浜から行田まで140km、お疲れ様です。
キバナハスは珍しくて、興味深いですね。
私は近場にしか出掛けませんが、
kiteさんの蓮を見て、また撮りに行きたくなりました。
2014.07.20 14:22 | URL | #- [edit]
kite says..."そらさんへ"
キバナハス、私もこれほど鮮やかな黄色い蓮を見たのは初めてでした。

古代蓮の里、広い敷地内に10万株の蓮、木橋をめぐりながら、気に入った蓮に花を写すことができました。
昨年から、是非訪問したいと願っていましたが、噂に違わぬ体験をすることができました。
2014.07.20 21:08 | URL | #- [edit]
kite says..."紗真紗 さんへ"
コメント、ありがとうございます。
この古代蓮の里、紗真紗さんにアドバイス頂きましたが、噂に違わぬ体験ができました。

蓮池の中に木橋が渡っているので、蓮の花の間近まで近寄ることができ、自分なりにとても勉強になりました。
蓮を魅せる光は、梅雨時の曇り空が最適ですね。
柔らかい光の中で、本当に楽しい撮影ができました。

古代蓮の里、さすが、彩の国と言われます埼玉県ですね。。。

条線、私も今回古代蓮会館で、蓮のお勉強をしてまいりました。
一過性の体験でなく、対象を好きになることで知識を増やす意識が高まる・・・これも写真に魅力ですね。

2014.07.20 21:17 | URL | #- [edit]
kite says..."らこさ さんへ"
コメント、ありがとうございます。

キバナハス、写真を撮っている時は余り感じませんでしたが、確かに、これほど鮮やかな黄色い蓮は余り見ませんね。

らこささんの伊佐沼の蓮の写真、素敵でしたよ。
広い沼に、和船に乗った釣り人と蓮の組み合わせ、とても牧歌的でした。

白い蓮がご希望のこと、
次のブログに載せた 世界の蓮シリーズ 幾つか気に入った写真が撮れましたので、お楽しみに。
2014.07.20 21:25 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/494-3f0b95d2
該当の記事は見つかりませんでした。