凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

紫陽花 への レクイエム  錦屏山 瑞泉寺    

横浜地方、二週続けて雨の土曜日


この日の天候に合わせて幾つかのプランを立てていましたが、
六月も終わったので ・・・・  鎌倉の7月の花巡り をすることに致しました。


雨の鎌倉、瑞泉寺、妙本寺、海蔵寺、光明寺
梅雨の花 紫陽花を送り、7月の花を迎えに行ってまいりました



まずは、錦屏山 瑞泉寺から


ss-DSC_9695.jpg 
桔梗の名所でもある瑞泉寺  鮮やかな紫の花  其処だけ明るくなっていました






ss-DSC_9711.jpg 
鎌倉の7月の花の一つ  「半夏生」(はんげしょう)






ss-DSC_9738.jpg

鎌倉の紫陽花 の季節は終わりました・・・






ss-DSC_9767.jpg 
本格的な雨の中、 この日は葉の上の水滴がとても興味深かった


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

祭りの後の寂しさ・・・


六月、鎌倉が紫陽花色に染まり、街並みに人が溢れる季節

そして7月 ・・・・ 紫陽花で有名なお寺では、紫陽花の剪定が始まります

紫陽花の季節も終わり ですね


と言うことで、
本日は、今年も楽しませてくれた紫陽花へのレクイエム


瑞泉寺  朝八時半
開門と同時に境内に入ることができました


雨の瑞泉寺  今日もこの空間を独り占めです




受付から山門に至る参道

久しぶりの瑞泉寺、木々の緑がすっかり濃くなっています


雨空の下、 薄暗い境内に ぼう・・・と白い葉が目を引きます

半夏生  今日のお目当ての花(葉かな・・)のひとつです


ss-DSC_9657.jpg




樹高のある杉の下を歩くと  傘を叩く雨だれの音がやかましい

そんな本降りの雨  木々の葉の上で雨だれが踊ります



ss-DSC_9659.jpg 




額紫陽花は  殆どの花が額を落とし、枯れ始めています

花びらの残っていり紫陽花も、花の色がだいぶ落ちてしまっています

ss-DSC_9663.jpg 





境内はすっかり夏の姿、参道の周りの緑がずいぶん濃くなり、石畳の階段を薄暗くしています



ss-DSC_9666.jpg 





この瑞泉寺の参道、真夏でも岩肌から滲む水でひんやりしています

その岩清水を糧に元気いっぱいの羊歯


何時見ても、瑞泉寺の羊歯の葉はとても見事

ss-DSC_9676.jpg 





瑞泉寺山門

禅寺の持つ雰囲気でしょうか ・・・ 山門を前にすると空気が変わる気がします



ss-DSC_9680.jpg 




この日、瑞泉寺で見たかった7月の花

半夏生と桔梗


ss-DSC_9690.jpg 





ss-DSC_9710.jpg




本堂前を飾る梅の老木



ss-DSC_9698.jpg





松葉の先に集まった雨垂れ ・・・  線香花火のようですね


ss-DSC_9709.jpg





くもの巣も、 雨垂れの重みで ハンモックのような形になっていました


ss-DSC_9697.jpg 




 
アオシダレ(青枝垂) の葉の先にも雨垂れの実が・・・・


ss-DSC_9725.jpg 




瑞泉寺のお庭  紫陽花も剪定せず、夏、秋を越し ・・・ 冬枯れの姿 を曝す事になります


ss-DSC_9693.jpg







ss-DSC_9726.jpg 




額紫陽花も額を落とし、随分寂しい姿になっていました


ss-DSC_9742.jpg 




盛夏でも、薄暗い瑞泉寺の参道

見上げれば、樹高のある木々のシルエットがとても魅力的です


ss-DSC_9750.jpg 



この参道を登ってから40分ほど経過したでしょうか

いま、こうして石畳の階段を降りるまで、どなたにも逢いませんでした


まさに雨の瑞泉寺を独り占めしてまいりました

ss-DSC_9752.jpg 




葉の表面を油脂が覆っているのでしょうか
水滴が見る間に大きくなり、葉の上を滑ってゆきます。

今日の瑞泉寺は 雨の音だけ

ss-DSC_9764.jpg







受付の建物の横、

紫陽花の季節のフィナーレ ・・・・・


ss-DSC_9757.jpg 






ss-DSC_9758.jpg 



雨の瑞泉寺

今日は、この時間が一番強い雨が降っていました



瑞泉寺の紫陽花に別れを告げ

7月の花 凌霄花 (のうぜんかずら)で有名な妙本寺に向かいます

 





【凧と浜風】  お付き合い頂き、ありがとうございました

宜しければ、そっと応援いただけると、嬉しいです 。



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 


スポンサーサイト

6 Comments

らこさ says...""
こんばんは。
鎌倉の紫陽花も終わりのようですね。
私も今日は雨上がりの蜘蛛の巣と雫を撮って帰りました。
雨の日の撮影はちょっと大変ですが、葉も幹もお花も色濃くなるので好きです。
桔梗と半夏生、雨に濡れて益々艶っぽいですね^^
2014.07.06 20:30 | URL | #- [edit]
fuku says...""
こんばんは

紫陽花から半夏生…立夏から夏至へ渡るように、
上手く捉えられていますね
この時期もやもやした曇り空より、いっその事雨が降って、
こうやって艶やかな雰囲気が出たほうが面白いです
水滴マニアには堪らないカットが多いです(特に下から3枚目)
2014.07.06 20:57 | URL | #k7qqNVuI [edit]
kite says..."らこさ さんへ"
雨の日の風景・・、写欲をそそられる被写体が多いですね。

紫陽花の季節も終わり、枯れた姿は見せたくない、とでも言うように明月院では月が替わると剪定作業が始まります。
でも、雨に濡れ、枯れ始めた額紫陽花の姿にはとても惹かれました。
桔梗と半夏生、どちらも涼しげな印象なので、雨で寂しい瑞泉寺の雰囲気にぴったりでした
2014.07.07 21:40 | URL | #- [edit]
kite says..."fuku さんへ"
コメント、ありがとうございます

季節の移ろい ・・・ 写す花の姿を通して、敏感に感じます
雨の日の情景、水滴、くもの糸、滴・・・、はまると奥が深そうですね。
雨に濡れたくもの巣を見ていると、くもには可愛そうですが。。。霧吹きで、くもの糸に滴を作る方の気持ちも良く分かります

水滴が素敵に写る葉の種類の案内もどこかにありそうですね・・・・
2014.07.07 21:46 | URL | #- [edit]
紗真紗 says...""
kiteさま^^こんにちは~♪

もう^^透明感のあるお写真が心に沁みます。
雨が花たちを葉たちを、色濃く、
いちだんと魅惑的な世界へくれまして嬉しいです。

紫陽花の花?ガク!がひっくり返っている姿が、
盛りの時とは違った妙を奏でております。
紫陽花って^^、
♪ありのままの姿で(笑)、これからも時を超えて頑張るのですね!
雫がぽつりと落ちた音が聴こえたような気がしました~♪(*_*;
いつもありがとうございます~♪
2014.07.08 15:48 | URL | #- [edit]
kite says..."紗真紗 さんへ"
燦燦と降り注ぐ陽光を喜ぶ花と、シトシトと降る雨を喜ぶ花、
人が勝手に解釈しているのかもしれませんが、それを感じますよね。。。。

雨で、樹の幹の色、葉の色、そして土の色・・・鎌倉、晴れた日と違う景色も楽しいです

紗真紗 さん、 紫陽花の花の観察力、凄いですね。
夏休みの自由研究ができるほど(笑)

でも、境内の色々な紫陽花の枯れてゆく姿を追うと、この額の変化が良く分かります。

>雫がぽつりと落ちた音が聴こえたような気がしました~♪(*_*;

ありがとうございます。
雨に濡れて写真を撮った甲斐がありました。
2014.07.08 22:28 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/489-f99b4110
該当の記事は見つかりませんでした。