凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

雨に歌えば ・・・ 300種の紫陽花に囲まれて @横浜イングリッシュガーデン ①

例年、鎌倉のお寺で幾度か紫陽花を楽しんだ後、

その年の紫陽花詣では収束し ・・・・  盛夏の花巡りへと移行してゆくのですが



今年の鎌倉での 「紫陽花散策」

(既報の) 両親の観光に軸足を置いての一日でしたので、

少々不完全燃焼気味・・・・ (苦笑)



と言うことで、この日 「素敵な紫陽花が見ごろ」 との報を受け

横浜イングリッシュガーデンに行くことに、 これで今年3回目の訪問となりました。





ss-DSC_9320.jpg

横浜イングリッシュガーデン  プロムナードで華やかな紫陽花が迎えてくれました





ss-DSC_9341.jpg 

5月には、薔薇の花の香りに包まれていたローズアーチでしたが
  何と ・・・ この日は愛らしい傘の花が開いていました






ss-DSC_9362.jpg 

白い縁取りのあるパープルの紫陽花  【モナリザ】






ss-DSC_9407.jpg 

優しい緋色の花びらに少し紫の入った愛らしい紫陽花  【小町】


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


上りの東海道線に乗って横浜駅に近づいてゆくと、

横浜イングリッシュガーデンの敷地に

「紫陽花が見ごろです。。。。」 と大きなポスターが見えてきます



朝の満員電車の中からみるあのイングリッシュガーデンのポスター
とても効果的でしょう




21日の土曜日、雨こそ落ちてきませんが梅雨時らしい 蒸し暑いお天気の中

300品種に上る紫陽花に誘われて 横浜イングリッシュガーデンへ




ss-DSC_9643.jpg




入門ゲートを潜ると ・・・・  これはチョッと 驚き


「傘を使ったアーティスティックな演出でガーデンを彩ります ♪」

との事で、ローズアーチに可愛らしい傘の花が咲いていました




蒸し暑い陽気の中ですが、
お年寄りの皆さんが日陰のベンチに腰掛け、紫陽花の花を楽しんでいました



ss-DSC_9573.jpg




アーチの下、大きなテラコッタに鉢植えされた様々な創作紫陽花

この紫陽花は 【ティンカーベル】


ss-DSC_9330.jpg



6月のイングリッシュガーデンは、

紫陽花のほか、バラの二番花、宿根草のガウラやバーベナ、エキナセアが咲き誇っています。




ss-DSC_9331.jpg




ローズ&クレマチス ガーデン

ゲート間近にある 一番シックな味付けのガーデン



薔薇が咲き誇っていた時には気がつかなかった、ガーデン用の小物が薔薇の樹の間から見え始めました

これは、ガーデン用燭台でいいのかな。。。

ss-DSC_9337.jpg  




何処のガーデンも、隅々まで手を抜いていない

このイングリッシュガーデン専属のプロのガーデナーの心意気を感じます



ss-DSC_9334.jpg



 
佳澄(カズミ)と命名された紫陽花

「星花火」 と 「森の泉」 の交配種と言うことですが。。。。


正直、原種そのものが、まったく想像できません(笑)


 
ss-DSC_9340.jpg






潅木や大型宿根草を組み合わせたスケール感のあるガーデン

一番広い 「ローズ & シェラブガーデン」 を散策します。


 ss-DSC_9394.jpg 




創作紫陽花 「雨に唄えば」

梅雨時の花  紫陽花の命名としてはとても面白いですね



ss-DSC_9344.jpg 





こちらは鮮やかな緋色の 「春よ恋」    

「星花火」 と 「メロディー」 の交配種とのこと・・・(笑)


ss-DSC_9358.jpg 




梅雨と言っても、季節はもう夏

少し観ないうちに、宿根の草花達が凄い勢いで成長し、ガーデンの散策路を飾っています



ss-DSC_9372.jpg 





同じブルー系でも微妙に異なる色合い、彩度

そして、花びらの形の違いが微妙な陰影をつくると、また随分印象が変わります


ss-DSC_9399.jpg



このイングリッシュガーデンで  私のお気に入りのウッドチェアー


こうしてガーデンに置かれたエクステリア

訪問するたびに、ゆっくりと古くなって行くことで生まれる 「味」 が楽しめますね。



ss-DSC_9378.jpg 




かなり存在感のある紫陽花  【モナリザ】 の花

何処からこの名がついたのかな。。。


ss-DSC_9383.jpg  


 

緋色もその色の濃さで

可憐から妖艶まで・・ 印象が変わりますね


ss-DSC_9402.jpg






この紫陽花の咲いている辺り

花の名前を書いたプレートが混在していて・・・チョッと名前が分かりません


ss-DSC_9412.jpg 




夏の彩の散歩道

5月に来た時からの草花の変化を観ていると、また7月に来たくなりますね。。。


ss-DSC_9462.jpg 





ハーブを中心に、香りの豊かな花の園ですから・・・・

蜂や蝶が沢山飛んでいます


ss-DSC_9478.jpg 




かなり濃い緋色の紫陽花  【ハワイアンライチ 】

この命名は何となく納得できます


ss-DSC_9398.jpg




今年、あまり観る機会のなかった 【ヤマボウシ】

ハナミズキのことをアメリカヤマボウシとも呼ぶそうですが、どちらの花も目を惹きますね


ss-DSC_9547.jpg 





色の異なる紫陽花、こうした咲き具合を想定して植えているのでしょうね


花として、そしてガーデンとしての魅力

このイングリッシュガーデン、多くの花好きの方を、呼び寄せる所以ですね


ss-DSC_9514.jpg 





雨の日の特別なオブジェクト

ビビットな長靴を植木鉢としてガーデンに組み込んでいました・・・・


ss-DSC_9558.jpg   



バラクライングリッシュガーデンとして2009年にスタートして5年・・・・


当初の「大都市のなかの本格的英国式庭園」という構想を発展させ、

「横浜市の花」に制定されているバラを中心に、横浜の気候風土に適した花や樹木を使って

イギリス風の、自然の趣を醸し出す庭をテーマに構成されています


と案内に記されていますが・・・・



このコンセプトの変更を受け、

横浜のガーデンとして市民から愛される施設に変わったことが大きいのかな・・・

とても素敵なイングリッシュガーデンとして、横浜に来たら是非寄っていただきたい名所になりました。


 

この日、素敵な花園を前に、随分沢山の写真を撮ってきました

あと2回ほど続きますので暫しお付き合いください




【凧と浜風】  お付き合い頂き、ありがとうございました
宜しければ、そっと背中を押していただけると嬉しいです

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 





スポンサーサイト

2 Comments

優の水彩工房 says...""
こんにちは。
色とりどりの傘の花が咲くアーチ!オシャレですね。
薔薇が終わり、色とりどりの紫陽花も美しいです。
それにしても、随分種類があるのですね?
見たことが無い種類ばかりで、食い入る様に見つめてしまったわ(笑)
2014.06.23 15:49 | URL | #- [edit]
kite says..."優さんへ"
とても素敵なイングリッシュガーデンに生まれ変わって、チョッと驚いています。
4月、5月、6月と3ヶ月続けて訪問しましたが、毎回驚きがあるのですよ。

手を抜いていない、ガーデナーの見せたい景色、それが伝わってきます。

と言って、「さあ どうだ!」と言った押し付けがましさもなく、心地よい時間が過ごせる。。。
お年寄り達が、のんびろと、楽しそうに散策している風景っていいですよね。

観たことのない紫陽花が多いでしょう。
随分沢山写真を撮ってきたので、後2回のブログ、飽きないで観てください。(笑)
2014.06.23 21:39 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/485-f21e2e39
該当の記事は見つかりませんでした。