凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

梅雨空の古都鎌倉へ ・・・ 紫陽花の寺 散策  東慶寺   

今年は、桜の季節、紫陽花の季節、そして紅葉の季節

計画的な休暇取得をする事を宣言していまして・・・



梅雨らしい陽気の18日の水曜日、満を持して・・・ いざ鎌倉 です


但し、色々な事情がありまして・・・・

数日遅れの 「父の日のプレゼント」  久しぶりに鎌倉の紫陽花が見たい、

と言う両親を連れ、紫陽花のお寺の散策地と鎌倉グルメ   

親孝行の一日となりました








ss-DSC_9152.jpg

早朝の東慶寺参道
かつての尼寺の風情を残す境地に、四季折々の花々が迎えてくれます




ss-DSC_9115.jpg

神奈川の指定文化財 「水月観音菩薩半跏像」 の安置された水月堂
この堂の黒塀に沿って咲く紫陽花






ss-DSC_9127.jpg

梅雨空から時折雨が落ちてきて、紫陽花の花達が輝いています







ss-DSC_9142.jpg

少し盛りを過ぎた印象の柏葉紫陽花
でも、その大ぶりな花房、花びら・・・ 凄い存在感でした




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


私のブログでも、これまでに幾度となく紹介している東慶寺


とある鎌倉のガイドブックによると、

北鎌倉の紫陽花の横綱が「明月院」、そして大関が「東慶寺」 との事



個人的な感想からいえば、

紫陽花の花の楽しみ方は、明月院と東慶寺では大きく異なる気がします



先ずは、早朝の静かな時間の似合う東慶寺、 暫し紫陽花散策にお付き合いください




東慶寺の山門

このお寺の案内によると・・・・


ようやく大人が2人通れるほどの門がちんまりと佇む

しかし門にいたる石段は、 女性たち

を守る砦としての風格さえ醸している。





ss-DSC_9158.jpg





少し急なこの石段を登り、山門を入ると、 そこは東慶寺の世界



朝早い時間、必ずと言ってよいほど、お庭の手入れしている方を見かけます


よく手入れのされた居心地の良い静かな空間 
この山門名を入ると 訪問される方の声も囁き声に変わります・・・・


ss-DSC_9099.jpg 




春、しだれ桜が見事な本堂前のお庭


この季節、東慶寺ではこの「ホタルブクロ」も有名です

これほど迄に 鈴なりのホタルブクロを見たのは初めて


ss-DSC_9104.jpg 





美しい宝形造の屋根を誇る本堂


本堂の後の竹林の緑の葉がとても見事 

これから夏に向け、この青竹の林を渡る涼風は心地よいですね。。。

ss-DSC_9105.jpg 




本堂横から山門を振り返ります


東慶寺のカメラスポットの一つ

四季に応じた花が、この石畳の参道横を飾ります


ss-DSC_9109.jpg 





大輪のアナベル  ライムグリーンの花

花菖蒲の咲く池越しに 明りの灯った茶室が見えます


ss-DSC_9117.jpg





梅雨空の下、時折雨の落ちてくるお天気の中

東慶寺の紫陽花の花めぐりです・・・


山紫陽花の一種  東慶寺自慢の黒姫紫陽花

ss-DSC_9121.jpg





奥に続く墓苑に入ると  

樹高のある杉、銀杏、楓に囲まれ 木漏れ日と静寂が辺りを包みます


暗くなった散策路  其処だけ明りが灯ったような紫陽花の花



ss-DSC_9125.jpg 




菖蒲畑の奥には立礼茶室の白蓮舎


6月の菖蒲や紫陽花の季節
一般の参拝客に向けてお茶店が開かれ、お抹茶と上生菓子が楽しめるそうです。

ss-DSC_9130.jpg 




紫陽花に彩られた梅雨時の古都鎌倉の散策というと

東慶寺のこの参道の風景が思い浮かびます



ss-DSC_9133.jpg





最近は近所の公園にも、とても素晴らしい紫陽花の花が咲く様になりました


でもこの季節、毎年鎌倉の紫陽花を見たくなるのは何故でしょう

鎌倉の寺社、街並み、そして梅雨空



ss-DSC_9135.jpg 





この黒塀の前に咲く紫陽花の写真も、此処東慶寺の定番になっています



ss-DSC_9143.jpg




お庭の手入れをされていた女性から

「柏葉紫陽花と言うのですよ、見事でしょう」

と声をかけて頂きました。



ss-DSC_9146.jpg 




山門横の鐘楼

此処には緋色鮮やかな紫陽花が咲いていました


ss-DSC_9154.jpg







北鎌倉にある円覚寺、建長寺などと比べると

とても狭いお寺ですが、今日も濃厚な時間を過ごすことができました





ss-DSC_9147.jpg

鎌倉には、HPを設けていないお寺も多いのですが、

東慶寺には、とても分かり易いHPがあります



そして、そのHPにあるフォトギャラリー

自分のブログに載せる写真が恥ずかしくなるような名作揃い


このお寺の雰囲気、其処に咲く四季の花達が名作を生むのでしょうか・・・・




梅雨空の古都鎌倉へ ・・・ 紫陽花の寺  散策  明月院 に続きます   






【凧と浜風】  お付き合い頂き、ありがとうございました
宜しければ、そっと背中を押していただけると嬉しいです

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村  

スポンサーサイト

2 Comments

らこさ says...""
こんばんは。
ご両親へのプレゼントにもなって、良い休暇を取られましたね。
しっとりとして、紫陽花にはもってこいのお天気のようで。
花菖蒲の見える茶店で、お抹茶をいただきたくなりました。
お寺さんに紫陽花は、ホントに似合いますね^^
2014.06.19 21:18 | URL | #- [edit]
kite says..."らこさ さんへ"
両親を連れての鎌倉散策、流石に身軽な写真撮影ができず。。。。親孝行に軸足を移しての紫陽花詣ででした。

そうですね、やはり梅雨時らしいお天気、しっとりした雰囲気が紫陽花には似合いますね。
この東慶寺は、尼寺だったせいでしょうか、何時来ても、とてもお洒落な雰囲気を感じます。

茶席でお茶を頂きながら季節の花を愛でる。。。 そうしたゆったりした時間の流れを感じる散策がしたいですね。
2014.06.21 00:12 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/483-29f9d7e8
該当の記事は見つかりませんでした。