凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

梅雨の晴れ間に ・・・ 東京湾にて旬の夏鯵と遊ぶ    

すっかり久しぶりになってしまいましたが・・・・

14日の土曜日、旬の夏鯵を求めて、釣り友と5名で浦賀より出港いたしました。




釣果はいま一つでしたが、

東京湾はすっかり夏の海、光る海、青い空と入道雲

海を渡ってくる潮風は爽やかで、夏の陽射しも気にならず、楽しい一日を過ごせました




本日は釣りのブログというより

夏の海から観た 船、海、空、雲 そして房総半島の景色、

ご一緒に  船に揺られてください





ss-DSC06306.jpg 
浦賀の前田丸さん朝7時 船のスパンカー越しに観る東京湾は穏やかに晴れています









ss-DSC06332.jpg

浦賀湾沖の生簀に群がる海鳥達  そして  朝の一仕事を終えた漁師さんが帰港します





ss-DSC06343.jpg 
東京湾久里浜沖  房総半島を背景に、行き来する船のシルエット







ss-DSC06370.jpg

陰影の濃い夏の海の一枚
真っ白な入道雲、群青色の海、そして房総半島の青い影



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






 東京湾の真鯵

どの季節の真鯵が一番美味しいか・・・

異論もあるようですが、夏鯵が俳句の季語にもなっているようなので、

本格的な暑さのやってくる前、旬の夏鯵釣りと称して毎年楽しんでいます




朝6時 日はすっかり昇っていますが、東京湾は未だ朝の景色

出港前に眺める この長閑な海の風景がとても好きです


ss-DSC06308.jpg 



房総半島から昇った朝日が 徐々に空を青く染め上げて行きます

沖を行く貨物船のシルエット ・・・影絵のようでしょう



ss-DSC06314.jpg 





この時間、朝日を受けて海がキラキラと光っています

 

ss-DSC06315.jpg 





7時を過ぎ  間もなく出港です

釣り人は釣り座での支度を終え、船長の乗船を待っています


見上げると、すっかり青空が広がっています ・・・ 今日は暑くなるかな


ss-DSC06311.jpg

 




浦賀漁港は東京湾の出口間近

直ぐ其処は太平洋 ・・・ この時期、雨が空中のチリを洗い流した後の青空は格別

ss-DSC06320.jpg 





この辺りは遊漁船と共に、漁師の方の活躍する海

比較的波の静かな浦賀沖には大きな生簀が設置されています


この生簀の魚を狙う海鳥達の朝食時間にかかった様で ・・・ 喧しい


ss-DSC06337.jpg 





 
写真で観ると、青空を映した海はとても綺麗な群青色に見えますが・・・

梅雨時ですから、東京湾に注ぐ沢山の川から流れ込む泥水で海はかなり濁っています
 


態々 濁った海を見せるのも嫌なので

私のブログでは、青空の映った青い海の写真限定



房総半島もこの辺りは人家も少なく、自然のままの姿を見せてくれます

ss-DSC06345.jpg 





横須賀港から出航した巡視艇のシルエット がゆっくり通り過ぎてゆきます



ss-DSC06347.jpg 




荒れた先週のお天気の影響かな・・・

濁った海  鯵の食欲は上向かない様子


普段は鯵の集団に向かって、この辺りには大船団が形成されますが

この日は鯵釣りの船が東京湾に散っていました



ss-DSC06351.jpg 





先週の半ばまで、夏鯵釣りはかなりの好漁が続いていましたが

この日はお目当ての大鯵が上がりません。



船は片舷8名と満員

途中から狙いを切り替えて、中小型鯵で数狙いに・・・・


この時間はどこも同じようで。。。この辺りの鯵狙い船との交信が頻繁に入ってきます



ss-DSC06362.jpg 






いつもの釣り場、湾奥の観音崎、走水沖は雨水の影響が大きいのでしょう


この日の釣り場は外海に向けて開けた浦賀、久里浜沖 




震災後の電力不足対策で、再稼動した久里浜の火力発電所のすぐ傍です


ss-DSC06357.jpg 




久しぶりに、釣りらしいワンショット・・・



濁りの影響でしょうか、こんな所で釣り友に40センチほどの「マトウダイ」が釣れました

変な姿ですが、白身がとても美味しい魚です


ss-DSC06405.jpg







久里浜、金谷間のフェリーが頻繁に行き来する海域



貨物船、タンカー、巡視船、フェリー、釣り船、プレジャーボート

いつもながら、東京湾を行き来する船の多いこと


ss-DSC06364.jpg 




型は小さいものの、浦賀沖の黄金鯵が26匹、30センチほどのゴマ鯖が4匹

昼までにそれなりの獲物を手に入れたので、午後からは海から観た夏景色を楽しみます



海の上で雷は嫌ですが・・・海で観る入道雲はとても見事です

ss-DSC06367.jpg 





梅雨の合間なのに、海を渡る潮風はとても爽やかでした

真っ青な空、光る海、そして見上げるような入道雲

時折汽笛を鳴らして行き交う船




この景色を観るたびに、船釣りを趣味にして良かった・・・

と感じています


ss-DSC06368.jpg   



午後3時、沖上がり です

約7時間、揺れる船の上でバランスを取りながら重いタックルを振り続けますから

足腰にかなり負担がかかります


久しぶりの鯵釣りのせいもあって、流石に皆さん疲労困憊

次の釣りは。。。と続かないので、また今度考えることにしました。




 




【凧と浜風】  お付き合い頂き、ありがとうございました
宜しければ、そっと背中を押していただけると嬉しいです

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 








スポンサーサイト

4 Comments

根魚オタク(^O^) says..."1日違い…"
本当に1日違いで、同じ東京湾とは…(οдО;)!

最悪の中、26匹とは立派ですm(__)m
しばらく、南西の風が安定して吹くまでは、激濁りが消えないと思いますよ( ̄~ ̄)ξ

こちらは逆に激濁りが後押しになりました♪
いつもの観音崎沖かと思ったら、富岡の岸壁の際(水深5~10m)でやりました(^^)v
カサゴは大(爆)爆釣でしたよ♪

でも、初夏の観音崎の景色が見たかったなぁ~(^^ゞ
2014.06.15 21:41 | URL | #- [edit]
らこさ says...""
こんばんは。
流れる雲の様子、見ているだけで楽しいです。
入道雲は本当に見事ですね。
白身のマトウダイ、美味しそう!
ちょっと食べてみたいです^^
2014.06.15 22:10 | URL | #- [edit]
kite says..."根魚オタク さんへ"
天候や潮の具合で驚くほど釣果に差が出る、釣りの面白さですね。

カサゴ狙いで富岡まで行ったのですか?
あの濁りでは、カサゴ釣りには追い風ですね。
盛夏はカサゴも良いですね。
2014.06.16 22:18 | URL | #- [edit]
kite says..."らこさ さんへ"
海から眺める三浦、房総半島の四季模様、潮風や雲の動きとあわせてみると、チョッとしたものですよ。
7時間も船に乗って釣りをしても飽きないのは、釣りそのものの面白さとは別に、こうした景色の効果も大きいと思います。

マトウダイ、私も相模湾で一度釣ってお刺身で頂きましたが、とても美味しかった。
大量に獲れる魚以外余り一般に流通しませんから、こうした魚の美味しさは、釣り人の特権ですね。

私が過去に釣って食べて美味しかった珍味は赤ヤガラ、ホウボウかな。
特に、赤ヤガラの意外性は今も印象に残っています。
2014.06.16 22:25 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/481-dc88fd70
該当の記事は見つかりませんでした。