凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

梅雨、そして紫陽花を待つ 古都鎌倉 ・・・ 浄妙寺、妙本寺、成就院   

「紫陽花色に染まる鎌倉へのプレリュード」 第二話となります


早朝、静かな東慶寺境内の散策
そして、想いの外 素敵だった古民家ミュージアムの山紫陽花の小径
本格的な紫陽花の季節を前に、心地よい午前のひと時を過ごせました。



そして・・・  梅雨入り前 緑の美しい時期に訪問したい私の好きなお寺

浄妙寺と妙本寺


その後は、いま人気の極楽寺から長谷寺周辺を散策してみることにしました。





ss-DSC_8655.jpg 
浄妙寺の高台にある山紫陽花の小径  露地植えの山紫陽花はとても勢いがありました








ss-DSC_8684.jpg

深い森に囲まれた比企谷にある妙本寺  弁柄塗りの二天門から祖師堂を臨む

 






ss-DSC_8677.jpg 
日蓮聖人(祖師)を祀るお堂 祖師堂
鎌倉では最大規模の大きさを誇るお堂とのことです
 







ss-DSC_8719.jpg成就院  此処の坂道から由比ヶ浜、材木座海岸が一望できます。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


鎌倉八幡宮から金沢八景に至る 「塩の道」
鎌倉時代、金沢の平潟湾沿岸では製塩が盛んで、其処でできた塩を運んだ古道

そして、この塩の道沿いに、鎌倉五山の第五位に位置する浄妙寺があります。



猫の寺としても有名な浄明寺
これまでも、受付の台で寝転ぶ猫の姿を幾度か見かけました

さすがに、この本堂は見事ですね。

ss-DSC_8668.jpg



浄明寺の境内にある甘味処 喜泉庵 

枯山水のお庭の横にある手水鉢
紫陽花の季節には、鉢の横に紫陽花の花が飾られていますが・・今年はまだですね

ss-DSC_8628.jpg 




本堂の横を抜け、山紫陽花の小径に向かいます


ひんやりとした木陰の散策路、苔むした石段の横、木のベンチや、蓮を植えた鉢が並んでいます


ss-DSC_8630.jpg 





さて、小高い丘の上にある山紫陽花の小径

露地に、自然のまま植えられた山紫陽花が散策路にそって咲いています。


古民家ミュージアムや光則寺のような鉢植えの山紫陽花と違った野性味があります


ss-DSC_8633.jpg 




この山紫陽花、花、そして葉の勢い、生命力をとても強く感じます


ss-DSC_8636.jpg 




額紫陽花や山紫陽花

紫陽花の花の中央は、宝石箱のようですね。。。。


ss-DSC_8641.jpg 






白い花びらに朱が入っています

これは紅かな・・・


ss-DSC_8642.jpg



山紫陽花は、花が開くに従い  花びらの数、花びらの色が 変化するので。。。

品種の見極めがとても難しい

ss-DSC_8643.jpg





紫から緋色へ・・ 微妙に変わる色合い

紫陽花 の妙


ss-DSC_8646.jpg 




この浄明寺を有名にしている一つが此処 ・・・・


このブログでも幾度か紹介した 「石窯ガーデンテラス」


鎌倉五山のお寺の境内なのに・・・ イングリッシュガーデンで食事のできるレストラン



ss-DSC_8657.jpg



薔薇とハーブのの咲く イングリッシュガーデンと石窯で焼く自家製のパン

とても人気のあるレストラン

この日も、女性のグループが沢山並んでいました。


ss-DSC_8659.jpg 




未だお昼には間がありましたが・・・

パンを焼く匂いに誘われ、早めにランチを頂くべく、妙本寺に向かうことに致しました




【鎌倉フェリーチェ】

妙本寺の総門を入った後、少し歩いた参道横にある小さなイタリアンレストラン

自家製の生パスタが自慢とのことで、最近注目されているようです  



家庭的な雰囲気、優しそうなマスターが腕を振るう素敵なイタリアンレストランでした


ss-DSC_8702.jpg






そして 妙本寺 です。

盛夏に咲く 「のうぜんかずら」 の花がとても有名なお寺


「比企(ひきが)谷(やつ)」 と呼ばれる緑の濃い境内

昨夏、この 「のうぜんかずら」 を観に来た時、境内の深い森と蝉の声がとても印象に残っています





深い緑の続く階段を上がってゆくと、

新緑の向こう側  朱色の二天門 が姿を現します

ss-DSC_8674.jpg 



階段を上がった先に見えてくる この「二天門」の現れ方

さらに、二天門の向こうに見える祖師堂の姿




拙い写真で恐縮ですが・・・・

いつも、とてもドラマチックに感じる場所なので  ご一緒に (笑)  

ss-DSC_8681.jpg








ss-DSC_8685.jpg






この朱色の門が 二天門

仏教の守護神である四天王のうち、持国天と多聞天(毘沙門天)が安置されています


ss-DSC_8676.jpg  





この妙本寺の手水舎にすむ 「龍」



ss-DSC_8679.jpg 




祖師堂 です。

鎌倉では最大規模の大きさを誇るお堂とのことですが、
威風堂々 私はこのお寺の本堂の姿がとても気に入っています



ss-DSC_8680.jpg 


  

午後の強い陽射し

この妙本寺、ノウゼンカズラの花、深い森にさす木漏れ日、蝉時雨 ・・・・

個人的な印象で恐縮ですが、 妙本寺はとても夏の似合うお寺です






さて、此処からこの日最後の訪問地

極楽寺から成就院、長谷、光則寺に向かいます




成就院

北鎌倉の名月院と双璧をなす紫陽花の寺



この成就院の公式HPによると・・・

六月になれば、参道両側に般若心経の文字数と同じ262株の紫陽花が咲きほこり、

除夜の鐘と同じ数の108段の階段を上がれば美しい由比ガ浜の海岸が

門前からご覧いただけます。

との事。






ss-DSC_8714.jpg 





紫陽花は、未だ2部咲きといったところ


しかし、とても綺麗な発色 ・・・ 今年も楽しませてくれそうです

ss-DSC_8720.jpg




鎌倉七口(七切通)の一つ

極楽寺の切通し に沿って広がる成就院 


この急な斜面いっぱいに広がる紫陽花の咲く頃
 
成就院は観光客で溢れます




ss-DSC_8709.jpg 






今日のブログの最後は。。。


古民家ミュージアムで見た山紫陽花の写真から 2枚




ss-DSC_8577.jpg



露に濡れた紫陽花の花は、やはり風情がありますね



今週末から神奈川も入梅

次にくるときは、やはり雨の日にしましょうか・・・



ss-DSC_8603.jpg 



成就院から長谷寺に回りましたが、さすがに凄い人ごみ。。。。


長谷寺は、紫陽花の咲く時期に改めてくることにして

この日最後の訪問地

光則寺に向かいます




次回は、「紫陽花色に染まる鎌倉へのプレリュード」 ・・・ 最終章です







【凧と浜風】  お付き合い頂き、ありがとうございました
宜しければ、そっと背中を押していただけると嬉しいです

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 




スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/477-c1a857e9
該当の記事は見つかりませんでした。