凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

北鎌倉ポタリング 「第二話」  花のお寺 ・・・ 東慶寺へ    

春風に誘われて ・・ 北鎌倉ポタ  第2章は 東慶寺


江戸時代、駆け込み寺、縁切り寺として知られたこの東慶寺
さだまさしさんの「縁切り寺」で有名ですね。


かつての尼寺の風情を残す境地に四季折々の花々、
そして、境内には洒落たギャラリーやギフトショップも設けられ女性に人気のお寺です。


この日もとても素敵な時間をすごすことができました



ss-DSC_6921.jpg東慶寺の山門前に 小さなお庭があります
此処のお庭、 季節に応じ、 愛らしい花達が迎えてくれます。 






ss-DSC_6923.jpg
珍しい 黄色のカタクリ
今年は森の妖精 カタクリ の花を見逃してしまいましたが、何と、此処で会うことができました






ss-DSC_6953.jpg
境内では、枝垂桜が見頃でした
朽ち掛けた屋根の重みと 枝垂桜の若々しい緋色の花と・・・




ss-DSC_6965.jpg
紫蘇の仲間でしょうか ・・ とても鮮やかな花色でした 

円覚寺の境内をゆっくりと散策した後は、お気に入りの東慶寺に回ります


境内に入り、山門の急な階段に至る参道の横、
此処ではいつも愛らしい季節の花達が迎えてくれます


大きな花を付けた水仙

水仙の花は種類により開花時期が違うせいか・・・随分長く見ることができますね
ss-DSC_6917.jpg 





鎌倉の寺社では、咲く花に札が付いている事は稀・・・ できる限り調べてみるのですが

この黄色い花は分かりませんでした

ss-DSC_6919.jpg  





  鎌倉が紫陽花の季節を迎えるまで後一月余り



さくらが終わり、紫陽花の季節を迎えるまでの間、

沢山の花、若葉たちが鎌倉のお寺のお庭を彩ってくれます

鮮やかなきみどりの若葉 
ss-DSC_6928.jpg 





この東慶寺、

さくらの花も有名ですが・・・

彼岸桜から始まり、枝垂桜、ソメイヨシノ、山桜、八重桜と少しずつ咲き進んで行くそうです

これから山桜が見頃を迎えるそうです



ss-DSC_6931.jpg 




このお寺の境内には、素敵な茶室があり
休日には、お茶会に向かう和服の女性とよく出会います


そんなお茶室に向かう門の風情 ・・・



ss-DSC_6932.jpg 






お茶室の前にお庭に咲く鮮やかな紫色の花

十二単(じゅうにひとえ)


昨年、この東慶寺で初めて名前を知った花です


ss-DSC_6934.jpg 




そして、今年この東慶寺で初めて知ったこの真紅の葉


大葉紅柏(オオバベニカシワ) 

4月にこの真紅の葉が開きますが、夏に向けて色が落ちてゆき

盛夏 サーモンピンクの葉に変わるそうです


ss-DSC_6938.jpg 






北鎌倉のお寺では良く見かけます  白実の万両

ss-DSC_6939.jpg 




此処最近、シャガも鎌倉ですっかりお馴染みの花になりました

ss-DSC_6948.jpg 






東慶寺 奥の墓地に向かう参道にある大銀杏


昨年の晩秋、この銀杏の黄金色の落ち葉が参道を覆い尽くしていましたが

葉が萌えるのは5月になってからでしょうか・・・


さくらの花を楽しんだ後、この枝を見るとチョッと虚をつかれます

ss-DSC_6949.jpg 






枝垂桜 ・・・ どう写しても絵になるから、これまた難しい




ss-DSC_6954.jpg 






とても歴史のある茶室 「寒雲亭」 の門

ss-DSC_6956.jpg  






小ぶりのシャガの花 

鎌倉の土地に馴染んだのか、思わぬところに自生するようです


ss-DSC_6961.jpg 





円覚寺や建長寺に比べるととても小さなお寺

でも静かな境内をゆっくり散策すると、思いの外時間が経過していました



散策を終え、山門の階段を下りると ・・ やはりこのカタクリの花はとても眼を惹きます 

来年も出会えるといいですね。。。。

ss-DSC_6962.jpg 



さくらが終わり  紫陽花まで 少し間のあるこの季節

思いの外、観光客が少なかった



この東慶寺で比較的静かな時間をすごすことができ、大満足です。


時刻は午後1時

お昼は、久しぶりに小坪漁港の「めしやっちゃん」 で海鮮を頂き、

ポタリングの後半、海蔵寺と光則寺を巡る事に致します。







ランキングに参加しています。
宜しかったら、ポチッと応援をお願い致します。



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ 
にほんブログ村 


スポンサーサイト

6 Comments

らこさ says...""
こんばんは。

黄色のカタクリは本物を見たことがないので、一度見てみたいです。
スギナの間から咲いているシャガは珍しいですね^^
kiteさんはお花のお写真も奇麗に撮られますが、名前をよくご存知ですね。
リンクの件、どうもありがとうございました。


2014.04.16 18:51 | URL | #- [edit]
紗真紗 says..."kiteさま^^こんばんは~♪"

円覚寺も東慶寺も好きなお寺です。
ゆっくりと花めぐりをさせていただきました。

黄色いお花は、オウバイ(黄梅)かもしれませんが、
間違っていたらごめんなさい。。。
いつも楽しませていただいております(*_*;~!!
2014.04.16 21:25 | URL | #- [edit]
kite says..."らこさ さんへ"
神奈川県で、カタクリの里と呼ばれる城山カタクリの里と言う公園があります。

よろしかったら、下記のHPを覗いてみてください。

http://blog.katakurinosato.com/
此処では、紫色のカタクリが散った後、黄色いカタクリの花が咲き乱れるそうです。

シャガは小ぶりな花なので、色々な場所に自生しますね。
スギナとのコラボはチョッと面白いでしょう。

やはりブログに乗せるので、間違わないようにと、色々調べたり、教わったりして花に名前を覚えてゆきますね。

2014.04.17 20:55 | URL | #- [edit]
kite says..."紗真紗 さんへ"
コメント、ありがとうございました。
教えて頂いたように、黄色いお花はオウバイ(黄梅)でした!!

黄梅というと、瑞泉寺に咲く黄梅の老木の印象が強く、儚い花のイメージがあったのですが、
これが本当の黄梅ですね。

おかげさまで確りと覚えました。(笑)

円覚寺、東慶寺、北鎌倉のこれらのお寺、とても味がありますね。。。






2014.04.17 21:02 | URL | #- [edit]
まさっぴいの夫 says..."こんばんは!"
東慶寺が「縁切り寺」なんですか・・・

「縁切り寺」という曲はグレープ時代の曲なので、
30年いや35年位前に作られたと思います。
しかし、東慶寺という名ははじめて知りました。

京都の嵯峨野あたりにありそうなお寺ですね。
2014.04.18 20:56 | URL | #- [edit]
kite says..."まさっぴいの夫 さんへ"
東慶寺は、北鎌倉、円覚寺、建長寺といった大きなお寺の間に、ヒッソリと佇むお寺です。

そうですね、嵯峨野辺りにあっても、違和感を感じない雰囲気がありますね。

四季折々、いつも素敵な季節の花が目を楽しませてくれるお寺、
東慶寺が好き、と言う女性の方がとても多いです。
2014.04.20 22:52 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/457-3386e58d
該当の記事は見つかりませんでした。