凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

東風吹かば ・・・  早春の梅の香り  曽我梅林にて   

2週続けての雪の週末から、漸く穏やかな日和に

毎年恒例、早春の香りを楽しみに
小田原近郊、曽我の梅林を散策してまいりました。






ss-DSC_5158.jpg 

早咲きの白梅  十郎





ss-DSC_5197.jpg  


観梅用の 青軸しだれ


 





ss-DSC_5164.jpg 

南高梅に負けない美味しい梅の実の成る白加賀







 

ss-DSC05996.jpg


梅の実を採る梅の花だけあって、花粉が凄く豊富


早春の定点観測

毎年2月の下旬に、西湘小田原近郊の曽我の梅林を訪問しています。


この地の梅林
遠く北条氏の時代に兵糧用の梅の栽培から始まり、
今は小田原名物の一つ「梅干」の供給地となっています。


食用の梅と、観梅用の梅、
箱根の麓に広がる梅の畑に、三万五千本の梅の樹が広がり、
満開を迎える2月下旬、爽やかな梅の香りに包まれる農道をのんびりと散策する愉悦

春間近!! 






白梅、紅梅、黄梅、蝋梅・・・

凄く大雑把な梅の分類しか知らなかったのですが

此方の梅林に咲く梅の花は

十郎、白加賀、南高、梅郷、青軸、淡路、大杯

そしてしだれ梅の藤牡丹、青軸しだれ・・・



ss-DSC_5161.jpg 





梅の畑を仕切る農道毎に、梅の名前をつけた木札が立っていて、

その畑の梅の種類を教えているのですが。。。


写真を撮るのに夢中になると ・・・ ????




ss-DSC_5166.jpg 




正確に梅の種類をブログに記す自信はありません・・・


でも、梅の咲く時期の違いもあり、凄く多様な 「梅の花の咲く姿」を楽しむ事ができます。



ss-DSC_5168.jpg 





枝の先までたわわに花を付けた梅の老木

此方の梅の樹は、梅の実を採り易くなるよう剪定するとの事、
その為、比較的低い樹高で、広く枝を広げています



ss-DSC_5172.jpg 






清廉な白梅 ・・ その香りと清らかな花の色は早春の使い



ss-DSC_5174.jpg 




観梅用に植えられた、と言う 「しだれ梅」

藤牡丹




ss-DSC_5179.jpg 




しだれ梅が満開となるのはもう暫く後

紅、白・・ 満開のしだれ梅の最盛期は見事でしょうね。






ss-DSC_5196.jpg 





白梅のしだれ梅  青軸しだれ




ss-DSC_5199.jpg 




 



昨年の梅祭りの写真コンクールの入選作に 
「梅のナイアガラ」と命名された作品がありましたが。。。。

この梅の樹の下に入り込むと、その気持ちが良く分かります。



ss-DSC_5205.jpg 





桃の花のような八重のしだれ梅

ss-DSC_5206.jpg 




これだけの種類の梅が一面に咲き誇る梅林

遠く箱根と富士の山を見ながら、梅の樹を仕切る農道をのんびりと散策


やはり、熱海や湯河原の観梅とは趣が違いますね・・・


ss-DSC_5209.jpg 



マクロレンズで近づくと、立派な花粉に焦点が合ってしまいます・・

実を採るための花だからでしょうか?
清廉な白い梅の花も、近づいてみると結構艶っぽく感じます



 

ss-DSC05986.jpg





満開の梅の花  曽我の梅林より、早春の香りをお届け致しました



ss-DSC05980.jpg 




寒かった今年の2月も もう終わり

このまま、春が来るのかな





 


ランキングに参加しています。
宜しかったら、ポチッと応援をお願い致します。



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

 




  



 




スポンサーサイト

2 Comments

まさっぴいの夫 says..."こんばんは!"
梅の花は好きです。
梅が咲いて、次いで桃が咲いて、春が来て
桜が咲きますね。
このリレーが好きなんです。
2014.02.23 21:44 | URL | #- [edit]
kite says..."まさっぴいの夫 さんへ"
梅の花、桜の花とはまた別の趣があって良いですね。
桜が春爛漫の時期に咲くのに比べ、梅は漸く寒い冬が終わる、印だから、ほっと致しますね。

この曽我の梅林、三万五千本の梅が並ぶ様はとても見事です。
私は、梅の実を取る畑の農道をのんびりと歩く、この牧歌的な観梅のスタイルがとてもすきなのです。
2014.02.25 22:46 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/438-8be3553a
該当の記事は見つかりませんでした。