凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

【冬牡丹】 に魅せられて ・・ 鎌倉八幡宮

この冬一番の寒気団が襲来する三連休・・・ と、大分脅かされましたが、
振り返ると、横浜地方は3日共に昼間は思いのほか暖かく、気持ちのよいお天気でした

13日の成人式も穏やかな日和の中で迎えることができ、よかったですね



さて、我が家ではここ数年、
この成人の日の前後に家内と二人で鎌倉の鶴岡八幡宮に初詣をしています


八幡宮を参拝した後、鎌倉の寺社を一つ、二つ散策し、鎌倉グルメを楽しむ。。。


今年は八幡宮の境内の「冬牡丹」が見事との事で、
参拝後は、鶴岡八幡宮内の神苑ぼたん庭園を散策してまいりました。





ss-DSC05137.jpg

藁囲で冬の寒さから守られる  冬牡丹




ss-DSC05117.jpg

大輪の牡丹の花の艶やかさ  ・・ 花の少ない厳冬期だけに  とても貴重ですね







久しぶりに源平池の畔を周って、回遊式和風庭園の「神苑」に向かいます。


この日、庭園前ではどんど焼きの準備をしていました。


私が子供の頃には、
河原の傍の田んぼに、消防署の人の立会いの下でやっていましたが。。。

流石に鎌倉八幡宮、
此方では左義長神事と呼ばれる神事との事で、毎年1月15日

穢れを祓い清め、暖かい春の到来と今年の豊かな収穫を祈る火祭で、
古神矢古神札焼納祭を斎行致します

との事


ss-DSC05098.jpg 




鶴岡八幡宮内の神苑ぼたん庭園


この「牡丹庭園」、冬に咲く正月牡丹と4月と春牡丹、
2度、牡丹の花を楽しむことができるとの事






ss-DSC05151.jpg 





藁囲いや和傘に守られながら、鮮やかな色した「牡丹の花」




ss-DSC05112.jpg 




冬枯れた境内を参拝した後、

この鮮やかな緋色の牡丹に遭遇すると、春の足音を感じる事ができます




ss-DSC05118 (1) 





緋色、紅、黄色、白 ・・・ 何とも艶やかな大輪の花


ss-DSC05119.jpg 






正月牡丹、冬牡丹と呼ばれていますが・・・

普通の春先牡丹を温室で咲かせ、
その後、手厚く寒さから守る事で、この正月の期間咲かせているとの事


どの花も、手塩にかけて育てられたお姫様のようですね



ss-DSC05133.jpg 





ここ数年、初春の八幡宮の風物詩として

地元の方や参拝に来た観光客にとても人気がでてきたようです


ss-DSC05126.jpg 




この時間も庭師の方が手入れをしていましたが、

花に痛みが殆どなく、とても高貴な花の扱いを受けている事が分かります


ss-DSC05143 (1) 




 
藁囲いは、寒さから守る様子がよく分かるのですが
この傘も効果があるのでしょうか・・・

貴婦人のお付の方が、後ろからパラソルをさし掛ける雰囲気


強い陽射し、霜から花を守っているのでしょうね


ss-DSC05135.jpg  


 


花には、「島の華」、「花王」、「貴婦人」

花の雰囲気に合った名前が付けられていました




ss-DSC05145 (1) 



私にとって初春に咲く花というと ・・・ 

「吾妻山」の早咲きの菜の花
鎌倉のお寺に咲く「蝋梅」
房総半島の鋸南町の水仙

がとても印象深かったのですが、

この八幡宮の正月牡丹、初詣、鎌倉グルメとあわせて、恒例になりそうです









ランキングに参加しています。
宜しかったら、ポチッと応援をお願い致します。



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

 




スポンサーサイト

14 Comments

優の水彩工房 says...""
こんばんは。
なんとまぁ見事な!そして艶やかな正月牡丹でしょうか!
一足早い春を届けて下さり有難うございます。
藁囲いは藁ぼっちとばかり思っていましたが、貴婦人にパラソルとは素敵ですね。
確かにこの呼び方の方が私は好きです。
2014.01.13 22:39 | URL | #- [edit]
eemy♪♪ says...""
おはようございます♪

牡丹って初夏に咲くイメージですが
冬に咲く牡丹があるのですね~!
冬牡丹キレイです^^
2014.01.14 08:25 | URL | #- [edit]
そら says...""
見事な牡丹の花
そっと守ってあげたくなりますよねv-276
2014.01.14 12:21 | URL | #- [edit]
まさっぴいの夫 says..."こんばんは!"
真冬に大輪の牡丹の花・・・素晴らしい!
絶句です(^-^)
2014.01.14 21:44 | URL | #- [edit]
kite says..."優 さんへ"
偶然に見つけた催し物だったので、余り期待していなかったのですが、
庭園に入ると、とても手間をかけて咲かせた牡丹の花であることが、直ぐに感じられました。

お正月らしい華やかさ、牡丹の花の持つ魅力ですね。。。
緋色、白の清廉な花びらと、紅の艶やかな花びら、どちらも寒さを忘れさせてくれます。

「貴婦人にパラソル」・・・・ 自分で云っていてなんですが、
パラソルが和傘でしたね。(笑)


2014.01.14 22:34 | URL | #- [edit]
kite says..."eemy さんへ"
確かに、牡丹て春から初夏の花ですよね。

それだけに、
この寒さの中で傷みのない花を咲かせるために、庭師の方が丹精をこめている事をとても感じます。

牡丹の花の薄く、華奢な花びら
これほど傷みのない清廉な花を咲かせた牡丹を見たことがなかったので感激いたしました。

eemyさんのように、もう少し綺麗に撮れたらよかったのですが。。。
素材の良さでごまかしています。

2014.01.14 22:40 | URL | #- [edit]
kite says..."そら さんへ"
本当に見事でした。
傍によって見ると、薄く華奢な花びらが幾重にも重なっている様子が見えます。
息を吹きかけると、花びらが落ちてしまいそうな可憐さ・・・

藁囲いがお姫様を守っている衛兵のようで、庭師の方を中心に皆に守られている印象でした。
2014.01.14 22:45 | URL | #- [edit]
kite says..."まさっぴいの夫 さんへ"
冬枯れの境内を歩いた後だけに、
この牡丹の艶やかさは格別でした。

庭師の方々の努力の賜物です。
2014.01.14 22:48 | URL | #- [edit]
nonno  says...""
冬牡丹! 華やかで、お見事!
この季節にこんなすてきなお花に出会えるんですね。
(*^^*)
手塩にかけて育てられたお姫様・・なるほど・・。
とても美しいです。
2014.01.15 11:47 | URL | #kyBjvhlc [edit]
葉月 says...""
どうやったらこんなにもきれいで透明な色が出せるのでしょうか?

やはり三脚は使われるのでしょうか?

時間をかけて丁寧に撮られているのだろうなぁ・・・と感動しています。

どういうわけか牡丹をみると「花札」と思い出してしまう私です(笑)
2014.01.15 22:17 | URL | #- [edit]
あらしだ says...""
そちらの冬牡丹、素晴らしいですね。
こちらでは雪が深いので、
藁のおうちに牡丹を保護する為のガラスがはめ込まれているので微妙です…。
そして、流石kiteさん、アングル上手いですねー。勉強させて頂きます^^
2014.01.16 15:20 | URL | #- [edit]
kite says..."nonno さんへ"
この寒空に、色鮮やかな牡丹を愛でる贅沢。
贅沢とは、多くの人の手間の上に成り立つ事。。。、庭師の方が優しく世話をしている様子を見て、実感いたしました。

ただふっと来て写真を撮ったら、感じなかったかもしれませんが、観覧の方の合間をぬって手入れされている様子を見ると、「手塩にかけて育てられたお姫様」の表現がぴったり。

少し経ったら、花びらが痛む前に温室に戻るのだと思います。
う~~ん、文字通り、温室育ち。
2014.01.16 22:08 | URL | #- [edit]
kite says..."葉月さんへ"
コメント、ありがとうございます。
凄く沢山の失敗作を犠牲の上に、比較的気に入ったこの数枚が生まれました。

会場となったお庭がかなり狭いので、ここでも三脚が禁止されていました。
カメラマンの皆さん、かなり苦労して構図を決めていました。
私はマクロレンズを使ったので、牡丹の前で、かなり頑張って、息を潜めて写しました。

牡丹で花札・・・なるほど。
確かに、私も花を取る構図に花札の影響が残っているかもしれない。。。(笑)
牡丹に青短、和の香りですよね。
2014.01.16 22:19 | URL | #- [edit]
kite says..."あらしだ さんへ"
其方は雪が凄そうですね。。。
マイナス12度ですか?風邪などひかない様にしてください。

あらしださんの所でも冬牡丹が見られるのですか?
確かに、積もった雪の中では、ガラスの保護も必要でしょうね。
防寒では、藁のお家どころか、根元にカイロや湯たんぽも必要でしょう。(笑)

普段、花を撮る時には花と目が合わないケースが多いのです。
でも、変な言い方ですが、此方の冬牡丹、その視線を凄く感じる事ができました。

ひょっとして、お姫様とは相性がよいのかも。。。(爆)
2014.01.16 22:27 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/422-6e7a2c25
該当の記事は見つかりませんでした。