凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

彩のプレリュード  ・・  箱根美術館      

箱根美術館、
1952年に開館した箱根で一番歴史のある美術館

でも、此方の美術館、展示されている美術品より、
箱根の四季を象徴する様な、よく手入れされたお庭を目当てに訪問する方が多いようです。


箱根登山の強羅駅から、ケーブルカーに乗り換え
急峻な坂を上って「公園上駅」迄来れば、美術館は目の前です。
 
 
 
箱根の紅葉の見頃は未だ2週間ほど先、

この日は生憎の深い霧と冷たい雨の降る中でしたが、

秋の彩の先駆け、確りと味わってまいりました。

 
ss-DSC_2011.jpg

深い霧に包まれて、駐車場から美術館に向かいます。 




ss-DSC_2079.jpg

霧を透かして見る彩り。。。 霧が流れ、刻一刻と光が変化してゆきます



 
 

 
「神仙郷」 と呼ばれる箱根美術館の庭園


苔の庭、石の庭、竹の庭、萩の庭
その趣の異なるお庭の間に、幾つかの茶室が点在しています。



まずは、この太鼓橋を渡り、苔の庭に入ってゆきます。

ss-DSC_2090.jpg


この苔の庭、
全国から集めた 130種類以上の苔が 張られているとの事。

ss-DSC_2091.jpg



11月下旬、紅に染まる楓と、一面の苔と・・・

このお庭、開門と同時に観光客に埋め尽くされるそうです。。。

ss-DSC_2098.jpg




錦秋の見事さは想像に難くないものの・・

早春、新緑の頃、朝靄の煙る苔のお庭の清涼な雰囲気も素晴らしいとの事
そうでしょうね

ss-DSC_2099.jpg



小田急 ロマンスカーのポスターで、

この秋の箱根の象徴となった 「茶室 真和亭」からの眺め


此処で四季の苔庭を眺めながら、一服のお茶を楽しめるとの事。
 
ss-DSC_2047.jpg



ss-DSC_2049.jpg



手水鉢に浮かぶ落ち葉

本当は、この水面に浮かぶ景色を写したかったのですが、
深い霧のせいで、景色が浮かびませんでした。

ss-DSC_2050.jpg



晴れた日には、
茶室の板塀に写るもみじが綺麗でしょうね。。。

ss-DSC_2100.jpg




霧に霞むお庭、
傘をさしながら歩いていると、

時々、はっとする程鮮やかな紅の葉に出会いました

ss-DSC_2128.jpg




ss-DSC_2121.jpg







白い霧のベールに浮かぶ 紅の葉

ss-DSC_2062.jpg




山の上ですから、

吹き上がる風で、お庭の中の霧がゆっくりと流れてゆきます。。。。


お庭の同じ場所に立っていても

霧の流れによって、射す光が変わり、景色が変わってゆきます。

ss-DSC_2061.jpg



普段は非公開の日光殿の裏庭


芝の茶色く枯れた様子   この季節、改めて苔の鮮やかな緑色に惹かれます

ss-DSC_2102.jpg




日光殿前庭  此処のもみじは大分色づいていました

ss-DSC_2118.jpg




素敵な庭の散策も、もう終盤

竹の庭から萩に道へと続きます。


竹と、楓と、苔と、玉砂利と石塀と・・・

ss-DSC_2074.jpg




苔むした大きな岩に背を預け

この小径を霧が流れてゆくのを眺めます・・・


ss-DSC_2085.jpg




白い霧のベールに包まれた「箱根美術館」
 
お庭の秋の彩りは始まったばかり、でも流れる霧の中、幻想的な秋の序章・・ 楽しめました。



あと2週間 ・・  箱根の山が燃えたちます






ランキングに参加しています。
宜しかったら、ポチッと応援をお願い致します。



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村
 


 






スポンサーサイト

8 Comments

nonno says...""
霧の中・・
一枚一枚のお写真が、とっても素敵ですね~(*^^*)
しばし・・見取れていました・・♪
上手ですね~!
2013.11.07 22:11 | URL | #nL6A2.tM [edit]
らこさ says...""
霧に包まれた幻想的な箱根美術館散策ですね。
苔むすお庭の写真を拝見しながら、ミストシャワーを浴びている気分です。
赤や橙の染まり初めのもみじと、青のもみじが入り混じって、とても美しいです。
2013.11.07 22:39 | URL | #- [edit]
NewOrder says..."しばし見入りました"
何よりもその場の空気が封じ込められています。
それがとても気持ちよい。
わたしも写真展は時々見に行くようにしていますが、それらと比べても全く遜色ない、素敵な写真だと思います。
Lowという姉妹ブログで写真展の取材を時折やっています。宜しければお越し下さい。
2013.11.08 11:26 | URL | #- [edit]
kite says..."らこさ さんへ"
苔とミストシャワー・・・
云われてみれば、ぴったりの雰囲気ですね。

あいにくのお天気でしたが、
雨粒、クモの糸・・、色づき始めた葉との組み合わせ、射す光との変化がとても面白く感じるお庭の散策ができました。

云われるとおり、
色づき始めの頃独特の色々な彩りの組み合わせ、紅や黄色の色の濃淡、
「紅葉ど真ん中」の時期とは別の趣があり、楽しめますね。。

2013.11.09 06:57 | URL | #- [edit]
kite says..."NewOrder さんへ"
コメント、ありがとうございました。
お褒めのコメント、恐縮しつつも、とても嬉しいです。

「その場の空気が封じ込められています」、
ブログを見ていただけた方に、こうした見方をしていただけるのは、本当に光栄です。

素晴らしい時間の記憶、
それを残したく始めた、ブログであり、写真なので、
私と同じ様にその場の空気を感じて頂ける、と云うのは本望ですから。。。

ブログ拝見いたしました。
また寄らせて頂き、写真展のお話も参考にさせていただきます。
2013.11.09 07:04 | URL | #- [edit]
kite says..."nonno さんへ"
冷たい雨と霧
余りお庭の散策には向かないお天気・・・と思っていたら、
人が少なく、普段余り見ることのできない雰囲気の中で、箱根美術館を楽しむことができました。

お褒めのコメントを頂き、恐縮です。
霧の中では撮った写真も十分確認もできず、
どうかな。。。。と思った写真の中に、自分でも気に入ったものがありました。

2013.11.09 07:07 | URL | #- [edit]
aochan8901 says...""
京都のような絵ですね
とても綺麗
2013.11.10 08:50 | URL | #GxM.stFU [edit]
kite31 says..."aochan8901 さんへ"
コメント、ありがとうございました。
aochan8901 さんのブログの写真、何時も楽しませて頂いています。

云われるように、箱根の自然の中にある美術館と言いながら、この美術館はお庭は、
京都の寺社の良く手入れをされたお庭に近い雰囲気を感じます。

箱根は霧が多く、冬には雪もかなり降る場所なので、変化にとんだお庭の風景が楽しめそうです。
2013.11.10 22:15 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/392-e083c352
該当の記事は見つかりませんでした。