凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

久しぶりの100キロライド  城ヶ島往復は 海、海、海

今日から【ツール・ド・フランス】が始まりますが、
今年は100回記念大会と言う事で、大分盛り上がっています。


これに触発されたわけでもないのですが、
久しぶりの100キロライド、三浦半島の西側を城ヶ島まで往復、
総走行距離110キロ、でも午後からは真夏の陽気でかなり消耗いたしました。



s-DSC01148.jpg
葉山 森戸海岸から「裕次郎灯台と江ノ島」を臨む。




s-DSC01168.jpg
城ヶ島公園には猫が沢山います。
ロードバイクのオイルの匂いは、猫の関心を惹くようです。





s-DSC01195.jpg
城ヶ島公園、 東京湾越しに霞む房総半島を臨む。
三浦の台地に来ると何時も感じることですが、此処では空が凄く高く感じます。




s-DSC01263.jpg
逗子海岸は、海開き前など関係なし!
海開き直前、海の家の準備も急ピッチで進んでいました。
 
 
 
 


 
 
 
今日の天気予報は曇り時々晴れ・・・との事ですが、
梅雨時のお天気の変わりやすさは先刻承知、夕立から灼熱の夏日までを覚悟の上、
朝7時に家を出ます。


先ずは境川サイクリングロード経由で、江ノ島の片瀬海岸へ。

途中、境川沿いの田植えの済んだ田んぼ、先週少しまとまった雨が降ったせいか、
稲の緑が凄く眩しい。


片瀬の海岸はもう海岸線を海の家が埋め尽くしています。
お気に入りのボードウォークから海を眺めるのは無理・・今年も湘南の夏が始まりました。



湘南海岸は曇り空、
でも灰色のグラデーションに染まる雲と海の景色はそれなりに楽しめます。

江ノ電の鎌倉高校前から、三浦半島を眺めます。


波が全く無く、海は完全な凪、船の浮かぶ海が二次元の世界のよう。。。

三浦半島の上空は明るいので、雨には降られずに済みそうです。
s-DSC01130.jpg


時刻は8時、流石にこの時間は稲村ガ崎も車が流れています。
海の家が立ち並ぶ鎌倉の由比ガ浜、材木座海岸を越え逗子海岸まで快適に飛ばします。


逗子海岸から葉山マリーナを抜けて森戸海岸前へ。

この時間になると空はすっかり晴れ渡り、夏の海に変わります。
裕次郎灯台越しの江ノ島もくっきりと見えます。


堤防の上で暫し潮風に吹かれてクールダウン。

海水浴客が押し寄せる前の静かな時間、足元から聞こえる波の音に癒されます。
s-DSC01142.jpg


さて、此処から少し頑張ってロードバイクを駆ります。

葉山の御用邸前、長者ヶ崎、秋谷、佐島と三浦特有のアップダウンを繰り返し、
今日一番の難所、三崎口へのヒルクライムへ。


100m程度の丘、最大傾斜は8%程度、平均4%程度なのですが、
暫く厳しいコースは避けていたので、それなりにきつかったです。(苦笑)


今日の昼食は城ヶ島の「しぶき亭」でマグロ丼を頂く予定。
この時間では少し早いので、久しぶりに城ヶ島公園に周ってみました。


駐車場から少しわき道にそれて、
ウミウの生息地を眺められる展望台によっていました。


釣り船からも眺められる「城ヶ島先端」の風景、
結構急峻な崖になっています。
s-DSC01163.jpg



城ヶ島から眺める太平洋。

やはり、此処まで来ると海の青さは格別、凪の海に浮かぶ釣り船、そして遠く房総半島は雲海の上に浮かぶ山のようです。

s-DSC01165.jpg



城ヶ島公園にて愛車ピナレロの勇姿。
猫が寄ってくる前に急いで撮りました。

う~~ん、やはり「チネリ」のドロップハンドル、格好いいです。
初めてのカーボンハンドル、握り心地も上々で、大変気に入りました。

s-DSC01171.jpg



城ヶ島公園から宮川湾越しに「宮川公園の風車」を眺めます。
今日は宮川公園には行きませんでしたが公園手前に橋から城ヶ島を眺める景色がとても好きです。
s-DSC01202.jpg

 

今日の東京湾はガスっていたようですね。
房総半島の遠景がとても幻想的です。

大型タンカーのシルエット、潮風に乗って聞こえてくる波の音、
とても気持ちのよい時間が過ぎてゆきます。
s-DSC01180.jpg


展望台の反対からの眺め。

三浦半島の「毘沙門」から「剣崎灯台」越しに煙った東京湾、
房総半島の上空はすっかり夏色の雲。
s-DSC01211.jpg



太平洋のこの方角、
まっすぐに行くと「グアム」に至る筈。(笑)

そう云われても納得してしまう海の色でした。


昼食前でしたが・・・・
城ヶ島公園の展望台からの海もよう、今日一番のご馳走でした。
s-DSC01189.jpg


そしてお楽しみ、
ローディーご用達の「城ヶ島 しぶき亭」に到着です。

12時過ぎに来ると、団体客が押し寄せて入れない事もある人気店。

何時もの親切なおじちゃんに案内されて店内に、
そして、何時もの「マグロ丼」を頂きました。

ローディーをとても大切にしてくれるこのお店、
何時も空腹状態でたどり着き、それが顔に出ているのでしょうか?
今日も「ご飯は大盛りですか?」って聞かれました。(苦笑)


でも帰りが辛くなるので、いつも並盛りをお願いています。


ローディーへのサービスのげそのてんぷら、
そして此方の自家製のマグロの角煮付きのマグロ丼を頂きます。

s-DSC01222.jpg


しぶき亭まで自宅から53キロ。
夏の日差しが厳しい中、熱中症に気をつけながら帰ることにします。


海の傍にあるしぶき亭は海抜0m。
と言う事で、此処から先ずは引橋交差点まで100mを上がってゆきます。
昼食直後のこのヒルクライム、結構きついです。


此処から長井までダウンヒルが続きます。
風を受けて軽快に坂を下り、この日の最速はこの下りの55キロでした。


長井漁港の隣にある長井岡崎公園、
小和田湾越しに佐島マリーナの見える、これまた私のお気に入りのエイドステーション。

此方はウミウのコロニーです。

このウミウ、増えすぎて結構問題になっているようですね。
s-DSC01225.jpg


この日は相模湾も霞んで江ノ島も伊豆半島も見えませんでした。

この佐島で取れた魚、都内では「ブランド品」だそうで、佐島の魚と鎌倉、三浦の野菜、
と言うだけで、「売り」になるそうです。


良い景色、綺麗な海、爽やかな風が食べ物も美味しくする、
と言われれば、普段この景色を見ている私は何となく納得してしまいそう。
s-DSC01231.jpg


立石公園では磯遊びに興じる家族が沢山いました。

もう夏ですね。

s-DSC01238.jpg



しかし、運動不足。。。。

佐島の丘を越えた辺りで、もう足は売り切れ目前。
陽射しも半端では無いので、早めに冷たい飲み物と暫しの休憩をとる事にします。


と言う事で久しぶりの「葉山鐙摺港」に向かいます。

このベンチでシューズをぬいで暫し寛ぎの時間。
s-DSC01254.jpg


目の前のヨットを眺めていると。。。

真ん中の出港準備中のヨット、準備に大分手間取っている様子。
けんかしない様にね。(笑)
s-DSC01252.jpg



陽射しは完全に夏のそれですね。
腕と足にウェアの後がくっきり、鼻の頭も真っ赤です。


でもこの休憩で元気回復、葉山、逗子、鎌倉をぬけて帰路を急ぎます。


逗子の海岸、
朝は人も少なかったのに、この時間は凄い人と車の混雑。

逗子海岸はもう「太陽の季節」です。
s-DSC01260.jpg



逗子海岸の波打ち際は何時も穏やかです。

親子連れが波打ち際で手をつないでいるシルエットって惹かれますねぇ。。。

s-DSC01257.jpg


夏の空、
海は光り、若者の乗る水上オートバイの上げる飛沫が輝きます。

s-DSC01258.jpg


久しぶりの潮風ライド、

夏の海、海、海・・   暑くて、疲れたけど、とても気持ちよかった。


ガーミンによると、
総走行距離   109.6キロ
獲得標高    1007m
消費カロリー  3、622キロカロリー

久しぶりにたっぷり走りました。




今度は頑張って「裏ヤビツ」、
山の清涼な空気を目指してヒルクライムかな。





ランキングに参加しています。
宜しかったら、ポチッと応援をお願い致します。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村
 





スポンサーサイト

2 Comments

草笛 says..."緑の江の島・・・"
なじみ深い景色のお写真に思わずコメントします。
アブズリ岬からの江の島。
レストラン、ラ・マーレの周辺が整備されてテラスから江の島が見えるようになりました。(^_-)-☆

【ま白き富士の峰♪、緑の江の島♪】
この歌が、ついつい、口に上りますが貴方の世代ではご存じないでしょうね。


2013.06.30 11:46 | URL | #- [edit]
kite says..."草笛 さんへ "
コメントありがとうございます。

>レストラン、ラ・マーレの周辺が整備されてテラスから江の島が見えるようになりました。

ええ、今日も沢山の車が並んでいました。
相模湾越しに江ノ島や富士山を見るには、最適のロケーションですね。

最近は、此処で披露宴をされる方も多いようですね。


>この歌が、ついつい、口に上りますが貴方の世代ではご存じないでしょうね。

いえいえ、次男が逗子開成を受けた縁で、この歌もエピソードもよく存じております。
この日の波の静かな逗子海岸を見ていると、あのような悲劇が起きた事が信じられませんね。

また気軽に此方のブログに遊びに来てください。
2013.06.30 22:41 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/342-b8814ee8
該当の記事は見つかりませんでした。