凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

季節外れの寒さとうねりの東京湾  シーズン最後のイシモチを追う!!

私の今年のGW、途中に二日間の出勤を挟んで、2日(木)から後半戦が始まりです。


その後半初日、シーズン終盤の「イシモチ」を狙い、久しぶりに金沢八景の【新健丸】さんから出船致しました。


しかし・・・寒かった! 

朝から午前中一杯は雨もぱらつき、東京湾は予想以上の風とうねり、
GW中の釣りとは思えぬほどの悪条件。

それが昼近くなって、天候は急回復、気温は低めでも青空も広がってきました。。


文字通り、春の天気は変わりやすい。。。

終わってみればカサゴ9匹、イシモチ14匹、キス1匹、
この日の条件を考えれば、それなりの釣果を上げることが出来ました。




s-DSC04782.jpg
出港準備中の新健丸・・ 今日の東京湾の空は暗い!!



s-DSC04856.jpg
東京湾に浮かぶ第二海堡。  住人のウミウとカモメ 彼らも寒そう。。




s-DSC04874.jpg
浦賀沖に浮かぶブイ  この「ブイ」、暗く寒い海の風景と合うのですよね。。。








  
 
 

5月2日(木)、カレンダーでは平日なので空いているかな。。。
なんて思って新健丸さんに行ったらこれが大間違い。

予約でグループが2つ入っていて、17名乗船の満員状態。
 

さて、
この日は久しぶりの単独行、
船長に挨拶をして、左舷の舳に釣り座を構えます。

一段高くなったこの席は久しぶり、此処はうねりの影響を受けるのですよね。。。


s-DSC04791.jpg


定刻の7時40分に出港です。

八景島シーパラダイスの前でスパンカーを張り、東京湾の海の様子を伺います。
冷たい風が結構吹いています。。。

s-DSC04804.jpg



カサゴ、イシモチ・・・
どちらを先に狙うかは、東京湾に出てから決めます、との事でしたが、
先ずは、新健丸船長お得意の「第二海堡」にてカサゴ狙いとなりました。


東京湾に出ると、想像以上のかなりの風とうねり。


住友ドックの後方、嫌な雲と空・・・

「春爛漫の東京湾でカサゴとイシモチと遊ぶ」、と言うブログのタイトルを
決めていましたが、早速修正です。(笑)

s-DSC04808.jpg


野島防波堤の横を通って、第二海堡を目指します。

流石にこのお天気、野島防波堤に渡る人も少ないようです。
暗く、寒い無彩色の東京湾・・・
s-DSC04818.jpg



第二海堡を目指し、東京湾を横切りますが、
雨が降り続く上に、風とうねりが凄いので、皆さん船室に避難します。


私は舳に座ったので、船首横で荒天で揺れる景色を撮ろうとしましたが、
座って、足を踏ん張り、手すりに掴まっても、体が結構跳ねます。

船長の居る操舵室を振り返ると、随分傾いていますねぇ・・・

s-DSC04849.jpg



暗く、寒い東京湾。
無彩色の世界に現れた、鮮やかな色彩の貨物船。。。

流石にこのクラスの船は、安定して航行していますね。

s-DSC04839.jpg


金沢八景の桟橋を出て30分余り、第二海堡に到着です。

第二海堡、以前は上陸できたようですが、今は一般の人は立ち入り禁止。

でもこの周辺は魚影の濃い好漁場。
特に第二海堡周辺のゴロタ場はカサゴを中心とした根魚の釣り場として人気があります。

s-DSC04852.jpg


しかし東京湾に造られた「人口の島」ですから、
潮、風、うねり・・自然の影響をもろに受けます。


先ずは海堡に近い岩場を狙いますが、
沖からのうねり、その跳ね返りの波が船を翻弄します。


30分ほどこの荒い岩場でがんばりましたが、
今日はいまひとつのようで、此処でこの場所の見切りをつけます。


冷たい風の吹く中、カモメもウミウも寒そうです。
s-DSC04853.jpg


第二海堡付近、2,3隻の釣り船が来ていましたが、
皆さん早めに此処から退避します。。。


s-DSC04879.jpg


引き続きカサゴ狙い、今度は横須賀沖に場所を移します。

s-DSC04873.jpg


猿島を間近にした横須賀、水深30m程度の岩場を狙います。

この日のカサゴの餌はサバの切り身、かなり肉厚のサバでカサゴを誘います。

深いネに潜ったカサゴを狙うので、仕掛けがネに引っ掛かる「ネ掛かり」で、
仕掛けや錘をロスとする方が頻発します。


カサゴ特有の「ガツガツ」と言う、お下品なアタリ(笑)を拾ってみますが、
なんとも獲物のサイズが小さい!!

10センチ前後のリリースサイズが続きます。
カサゴの本番までもう少しですね。。。



カサゴの子供たちと遊んでいるうちにお天気は急回復。

s-DSC04882.jpg


昼少し前、何とか持ち帰りできるサイズのカサゴ9匹を釣ったところで、
イシモチ狙いに切り替えです。



同じく横須賀沖ですが、岩場を離れ底が泥炭地のイシモチの釣り場に移動。。。

30m前後の底で、軽く誘いを掛けると、「ガクガク!!」竿を叩くようなイシモチ独特の喰いが竿先に伝わってきます。


仕掛けを少し送り気味にしながら、竿を聞き合わせすと「グーン」気持ちの良い引き、
途中の幾度かの鋭い突込みをいなしながら、獲物を巻き上げてきます。


銀色に輝く綺麗な魚体、
釣られると「グー、グー」と浮き袋を鳴らして、不満そうな音を出します。

イシモチを美味しく頂くには、釣った後の「血抜き」がとても大事、
きちんと血抜きをした後、早めにクーラーに仕舞います。


このきちんと血抜きした「イシモチの刺身」、これは正しく釣り人の特権です。



風も大分収まり、穏やかな東京湾に釣り糸をたらし、春の風景を楽しみます。

s-DSC04896.jpg


キラキラと海が輝き、
三浦半島の緑も、大分濃くなってきました。。


今年の春は、寒暖差が大きかった・・・
あれこれしている内に、もう新緑の季節は終わったようですね。

s-DSC04898.jpg


そして午後2時半、沖上がりの時間です。

船長が釣り人のもとに足を運び釣果を確認しながら、軽く談笑します。
この辺りが新健丸の人気がある所以でしょうね。。。


朝の悪天候が嘘のよう、
真っ青な空をバックに、金沢八景目指して船はスピードを上げます。

s-DSC04903.jpg



住友ドックと光る海と・・・
s-DSC04910.jpg



野島防波堤  通称「ドック前」と釣り人
s-DSC04912.jpg



今日も「住友ドック」には大型の船が停泊しています。
s-DSC04922.jpg


金沢八景、小高い丘の上にある野島公園と光る海。
s-DSC04924.jpg



一日の仕事を終えて、船長も人心地ついています。
明日からGW本番、忙しくなりますね。。。
s-DSC04942.jpg



帰宅後、ご近所の魚好きのお宅に宅配した後、料理に入ります。


カサゴは唐揚げ用に4匹、
一番大きいカサゴとイシモチは「アクアパッツア」
そしてイシモチは、刺身とユッケにして頂きました。

この日、食べきれないイシモチは、3枚におろして「マリネ」にして、
翌日の料理に回します。。。


イシモチは本当に美味しい魚ですね。。。
でもこの後は、次のシーズンとなる秋までお預けです。

暫くは、浦賀沖の鯵中心かな。。



 
ランキングに参加しています。
宜しかったら、ポチッと応援をお願い致します。

 
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村
 
 
 

スポンサーサイト

2 Comments

根魚オタク(^O^) says..."1日違い!!"
エエッ~w(°O°)w
昨日、行ったんですか…?

自分は、今日行って来ました(^^)v
今日のカサゴは観音崎沖だったので、それの写真以外は同じ景色でしたよ(^.^)b♪♪♪
※座席は左舷舳でした…

今日は21人の乗船者で、昨日以上の満員御礼!
カサゴはリリースサイズ混じりの20匹(持ち帰りできたのは10匹)で殆ど同じでしたが、イシモチは食い込みが悪く4匹(派手な前アタリで終わり、送っても弛ませてもNG…)で終わってしまいました( ̄□ ̄;)!!
まぁ、来シーズンに出直します(^^ゞ

濁り潮の後押しに助けられて、28cmのカサゴも釣れましたから、今シーズンは密かに期待しています(・∀・)ノ

釣果も大事ですけど、充実感を堪能するなら、やっぱり新健丸さんですね☆ヽ(▽⌒*)
2013.05.03 19:17 | URL | #- [edit]
kite says..."根魚オタク さんへ"
おはようございます。
本当に一日違い、しかも同じ釣り座に居たとは驚き。。。

2日(木)は、初心者の女性が船長席の真下に居て、船長は殆ど彼女のエスコートをしていたみたいで大分お疲れだったようです。(笑)

久しぶりの新健丸、釣果に関係なく楽しい時間が過ごせるのは嬉しいですね。


2013.05.04 07:24 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/320-151f4ce7
該当の記事は見つかりませんでした。