凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

【雨と花冷え】 の 鎌倉散策 その(1)   円覚寺、明月院

寒く、雨模様の週末でした。
晴れれば、早春の三浦半島をロードバイクで走る予定でしたが、
このお天気では。。。


で、
日曜日、雨にぬれても良い格好で、鎌倉をぶらっと歩いてくる事にいたしました。


雨の降る北鎌倉に午前8時半、寒く、薄暗いお天気のせいか、電車を降りてくる人影もまばらでした。

この日は少しゆっくりと「円覚寺」を参拝し、鎌倉街道を「明月院」迄ぶらぶらと歩き、亀ヶ谷坂の切通を抜けて「海蔵時」、其処から先は気分次第。。。


そんなコースを考えながら、「雨と花冷えの中」の鎌倉散策です。


s-DSC08003.jpg
円覚寺三門に咲く桜


s-DSC08010.jpg
若葉の下、仏殿横の参道


s-DSC08023.jpg
春の気配 萌黄色と老木と
 
 
 
 



 
 
 
円覚寺、一番奥にある「黄梅院」まで参拝するのは随分久しぶり。
桜も散り、白木蓮も終わり・・・ でも、萌黄色の若葉を愛でる参拝となります。
 

総門から見ると、見頃は過ぎても未だ桜を楽しむことは出来そう。。。

s-DSC07998.jpg


女性のグループの方のさす【傘の彩】がなんとも素敵ですね。

大分花を落としていますが、この距離から見る桜は未だ十分綺麗。

s-DSC08000.jpg


近寄って見ると、花びらが大分落ちていて、雨粒の付いた花びらは重たそうです。。。

s-DSC08012.jpg


妙香池から、正伝庵越しに背後の山を眺めます。

普段は目に付かない山の中にある桜の樹、この季節、その存在を主張します。

s-DSC08014.jpg


街角の街路樹は、未だそれほど若葉を付けていないのに、
円覚寺では、若葉を付けた萌黄色の鮮やかな彩りを楽しめました。

薄暗く、雨模様のなか、この明るい彩りはすくわれますね。。。

s-DSC08018.jpg



s-DSC08020.jpg



黄梅院に向かう土塀に沿って歩きます。

この石垣の色はなんと表現すればよいのでしょうか・・・


s-DSC08024.jpg


桜の緋色、辛夷の白、そして山吹の黄色がとても鮮やかです。

この日、円覚寺の境内で一番気に入った場所。
もう少しして、若葉が新緑に萌える頃、また此処に来てみたいと思います。

s-DSC08025.jpg


黄梅院のお庭で見かけた木造りの像です。

s-DSC08031.jpg


そして鎌倉のこの季節、お庭を飾る紫色の花大根

この花、諸葛菜、紫花菜、大紫羅欄花・・・と色々な呼び名があります。
でも最近、「ハナナ」と言う呼び名を教わりました。

好きな花なのですが、少し盛りを過ぎて残念。

s-DSC08032.jpg


小雨の振る中、黄梅院から三門に向かって戻ります。

途中で見かけた桜の花、
葉が追いかけてきていますが、未だがんばっていますね。。。

s-DSC08035.jpg



三門の柱越しにお庭を眺めます。
この木の柱、風雪に耐え、長い年月門を支えていますが、
凄く力強さを感じますねぇ。

s-DSC08040.jpg



円覚寺にて約2時間、雨にも負けず早春の彩りを楽しみました。


此処から鎌倉街道に沿って「明月院」に向かいます。

精進料理で有名な「鉢の木」
店先の若葉の緑色がとても目に付いたので・・・



s-DSC08048.jpg



鎌倉街道から少し奥まった場所にある明月院。

途中にある「葉祥明美術館」。

この明月院には何時も混雑を避けた時間に来るので、
この美術館の門が開いているのを見たのは初めてです。(笑)


s-DSC08053.jpg



s-DSC08054.jpg



そして明月院。

紫陽花の季節、開門前に100名近い方が並ぶそうです。。。

私は昨年、紫陽花の盛りの過ぎた7月初旬と12月の晩秋、訪問いたしました。

どちらの季節も、早朝の明月院は人影も少なく、とても気持ちよい参拝が出来ました。


s-DSC08058.jpg


さて、
ここが明月院の一番のカメラスポット。

6月、明月院ブルーと呼ばれる「ヒメアジサイ」が、この小路の両脇を埋め尽くします。

今は、
ヒメアジサイの葉の緑、ユキヤナギの白、そしてハナナの紫・・・

s-DSC08063.jpg


坂の上から振り返ると、
鮮やかな彩が目を楽しませてくれます。。。

s-DSC08070.jpg


赤色が飽和している。。。。
そんな印象の木瓜の花です。

s-DSC08081.jpg


鎌倉の寺社にも随分増えましたね。

クリスマスローズ。


「クリスマスローズ」という呼称は、
クリスマスのころに開花する「ヘレボルス・ニゲル」だけを指した呼称・・・

だそうですが、なんて呼べばよいのでしょうね。

s-DSC08084.jpg


明月院の此方の井戸、
何時も季節の花を、こうして「切花」にして飾ってあります。

明月院のお庭では、こうしたお洒落な演出が目に留まります。

s-DSC08088.jpg



出番を待つ紫陽花の葉。。。

3月初旬に見たとき、「やっと葉がでてきた」と言う印象だったのに、
もう勢いがありますね。。。。

s-DSC08091.jpg



この様なお天気だから、
余り写真も撮らないかな。。。  

なんて思っていたら、いつの間にか随分写していました。


時間がなくなってしまったので、この後の「海蔵時」以降は第二部とさせてください。






ランキングに参加しています。
宜しかったら、ポチッと応援をお願い致します。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村
 



スポンサーサイト

6 Comments

かたん says..."こんにちわ♪"
ブログに優しいコメントを頂き有難うございます。
すご~くすごく嬉しくってe-343

おかげで無事に手術を終えることができましたが
これからが治療の始まりで。
結果を待つ時間ももどかしくて、病院とはもう
おさらばしたい気持ちです(笑)

まだまだ試練ばかりかもしれませんが
何としてでも乗り越えなくちゃと思っています。
頑張ります!

鎌倉、いつの日か行ってみたいな。
どれも素敵なお写真でうっとり~としています。

ず~と見ていたくなりましたよ~
風情があって心和んじゃいます。
見せてくれてありがとうkiteさん♪

リンクの件嬉しいです。
こちらの方も張らせて頂きますね。
今後ともどうぞよろしくです。
2013.04.02 15:34 | URL | #- [edit]
根魚オタク(^O^) says..."春の景色"
せっかく、桜が満開となったのに、雨や寒さが多く冴えない日が続いてますが、草花は着実に春を進めてますね(^.^)b

わびさびの空間も花や新緑の彩りで、こんなに明るくなることを今更ながら知りました…(;^_^A
春の鎌倉に人が集まるのは納得です(^O^)

昨日、今日と雨で風に舞う桜吹雪を楽しめることは難しいと思いますが、一昨日の出勤時(天候;晴れ)に偶然にも道に落ちた無数の桜の花びらが風に舞って、足元に小さな蝶が翔んでいるような幻想的光景(自分の主観ですけど…)を見ることができました♪

『時は過ぎ、
時は流れて
春来たり。
街の中にも
雅びありとは。』

ちょっと、視点が変わるだけで、足下の四季を楽しめるんですね☆ヽ(▽⌒*)
2013.04.03 08:18 | URL | #- [edit]
kite says..."かたん さんへ"
コメント、ありがとうございました。
東京の桜や、鎌倉の新春の風景、少しでもかたんさんの応援になればと思います。
毎日、あれほど沢山の方が、かたんさんのブログを訪れ、応援しているのですから大丈夫。

横浜や鎌倉、箱根の明るい春の景色をお届けしますので、心和んでいってください。
2013.04.03 21:33 | URL | #- [edit]
kite says..."根魚オタク さんへ"
鎌倉、京都の比べて規模の小さいのは否めませんが、やはり歴史の街、奥がとても深いです。

季節や天候により、見せてくれる姿は大きく変化しますし、自転車で来る、車で来る、歩いてくる。。。
それだけでも随分違って見えてきます。

私の良く行くお寺は限られているので、少しずつこれも増やしてゆきたいと思います。
2013.04.03 21:37 | URL | #- [edit]
草笛 says..."鎌倉の花・・"
これはこれは!
素晴らしい御写真の羅列に感動しました。視点が細やかで・・・美しい。

この春は体調を崩して、鎌倉の花散策を愉しめませんでしたがこのブログで眼福にあずかれました。

時々、訪問させていただきます。
2013.04.05 09:47 | URL | #- [edit]
kite says..."草笛 さんへ"
コメント、ありがとうございました。

>この春は体調を崩して、鎌倉の花散策を愉しめませんでしたがこのブログで眼福にあずかれました。

草笛さんに楽しんで頂けて何よりでした。

いつもは、梅を見る、紫陽花を見る、紅葉を見る。。。
そんな明確な目的を持って鎌倉に行っていましたが、この日はお天気の悪い中、余り目的を持たずに訪問してみて、こんな楽しみ方もあるのだな。。
と新しい楽しみ方を知りました。

また気軽に遊びに来て、コメントを入れてくださいませ。

2013.04.05 22:50 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/309-d706e911
該当の記事は見つかりませんでした。