凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

春うらら ・・ 早春の八景沖でシロギスと遊ぶ

春を待つ弥生、3月・・・ でも昨日(9日)はいきなり初夏の陽気だったようですね。

さて、そんな初夏の陽気のなか、
麗らかな陽気に誘われ、金沢八景から「春の釣りもの」を狙い、東京湾へ繰り出しました。


今回は、釣り友からの「釣りもの」の希望もあって、
馴染みの新健丸さんではなく、
「あいかわ丸」さんから鯵とシロギスのリレー釣りをして参りました。



s-DSC04593.jpg
朝6時の金沢八景 平潟湾(ひらかたわん)から静かに夜が明けてゆきます。


s-DSC04631.jpg
春霞の東京湾は凪 釣り船越しに遠く観音崎を臨む


s-DSC04687.jpg
金沢八景沖に伸びる「野島防波堤」 、此処は一番沖に位置する通称「赤灯」


s-DSC04700.jpg
同じく野島防波堤 通称「ドック」に集う釣り人たち
 
 
 
 

 
 
暖かくなったら、と云っているのに・・・・
春を待ちきれない釣り友からの催促で、この週末に「あいかわ丸」さんを予約。


優しい船長と気さくな女将さんのいるフレンドリーな船宿「あいかわ丸」。
此処は私が最初に沖釣りを覚えた船宿です。



朝6時、
野島から朝日が昇り、平潟湾の夜が明けはじめると、湾全体がブルーに染まります。
 
 s-DSC04588.jpg



同じ桟橋を使うカサゴ釣り専門の「相川丸」(此方は漢字の相川丸)、
デッキ越しに夜が明けてきます。

s-DSC04592.jpg

金沢八景にはこじんまりとした家族経営の船宿が多いのですが、
その船宿の歴史は古く、沖釣りの黎明期を著名な釣り人と立ち上げてきた実力店が揃っています。


それぞれの船宿の建物、桟橋、船・・
その一つ一つに歴史を感じ、とても絵になる風景。

でも、
今日はリレー釣りなので、二つの釣りの支度に忙しくて、余り写真が取れません。


目の前で、ウミウが羽を伸ばしたので撮ったのですが・・・
見難いですね。「鵜」がどこに居るかわかりますか?

s-DSC04606.jpg


朝7時半出港。
船は左舷、右舷ともに7名の釣り人でほぼ満員でした。


平潟湾から、二つの橋の下をくぐって八景沖に向かいますが、この間船宿の船長間で朝の挨拶を繰り返して行きます。

此方は。イシモチで有名な船宿、「黒川丸」。
s-DSC04610.jpg


そして毎度おなじみの新健丸さんの横を通ります。
此方も満員のようで良かった、良かった。。。


今日は、あいかわ丸さんに浮気したので。。。
新健丸の船長に見つからないようにデッキの下に隠れます。(笑)

s-DSC04612.jpg


そして、シーパラダイスの前でスパンカーを張り、釣り船、釣り人は最後の準備。

準備の終わった船から、今日の漁場に向かってフルスロットル!!!

s-DSC04616.jpg


今日の東京湾はうねりも風もなく、麗らかな春模様。

海の上にも花粉が沢山飛んでいる点を除いて、まずまずの釣り日和です。
後は、潮の流れと魚の気分次第かな。

s-DSC04626.jpg


東京湾は春霞がかかったよう・・・
黄砂じゃないですよね。

猿島沖に集まっているのは、ビシ鯵とイシモチ釣りでしょうか。

遠く、観音崎灯台までは見えますが、房総半島も三浦半島もこの日は見えませんでした。
s-DSC04630.jpg

あいかわ丸の釣りは比較的経験の浅い方、家族連れ、女性に人気のあるライトタックル、
季節に応じ、カワハギ、メバル、鯵、イシモチ、キス、カサゴ。。。

その時々、旬な釣りものを探す釣りとなります。


そのため、釣り場は小柴沖から野島防波堤、住友ドック、猿島周辺が多いですね。

この日も、野島防波堤の赤灯が何時も視界に入る近場を流しました。

s-DSC04633.jpg

此方は、金沢漁港の忠彦丸。

大型船をそろえ、かなり大規模な船宿です。
船も新造船で格好良いですね。

s-DSC04636.jpg


今日のリレー釣り、
前半はライトタックルで狙う「ライト鯵」。

何時も浦賀、走水のは早潮で行う釣りと違い、
潮の流れの穏やかな浅場で、軽い錘で仕掛けを沈めます。

このため、チョッと潮が流れると、船の中はオマツリが頻発。


この日のライト鯵はいまひとつ盛り上がりません。
集まっていた船団も、少しでも良い釣り場を探し、頻繁に動き回ります。


s-DSC04644.jpg


穏やかな東京湾に浮かび、優しい潮風に吹かれ、釣り糸をたれる。。。

付近の釣り船や、海から眺める三浦半島の遠景を写真に撮る。


「釣りの景色」を楽しむ、
釣りを始めた頃のがつがつした気分から離れた事で、釣りの楽しみの奥行きが広がった気がします


s-DSC04654.jpg

此方は川崎で有名な釣り船「つり幸」さん。

釣り人のウェアーも、すっかり春ですね。
最近は、男性でもピンクのフィッシィングウェアを着る方が増えています。

結構目立ちますね。(笑)

s-DSC04656.jpg


8時から11時半まで「ライト鯵」、その後沖上がりの2時半までがシロギス。

鯵はいまひとつ盛り上がりませんでしたが、久しぶりのシロギス釣りでは、
小気味よいキスの引きを楽しめました。

午後2時半、約6時間半の気持ちの良い時間をすごすことが出来ました。

釣り座のまわりの片づけをし、帰路に着きます。



浦賀の前田丸さんのように、東京湾の真っ只中でする釣りではないので、
余り大型船が傍を通りませんでした。


でも最後に住友ドックに停泊中の巨大船。

その圧倒的なボリューム感、傍で見上げているだけで嬉しくなっちゃいます。

s-DSC04703.jpg

s-DSC04709.jpg

今でこそ、ビジネス面では後進の国に抜かれてしまいましたが、
日本の造船技術の優秀さは今も秀逸、沢山のドックが閉鎖されましたが、
この横須賀のドックは何時までもずっと残って欲しいですね。


ドックの横、
野島の沖堤防の傍を通ります。

此処には、金沢八景から渡し舟で渡る事が出来ますが、
海が荒れたらひとたまりもありません。

この日のような穏やかな日限定の釣り場です。


黒鯛を狙う「へち釣り師」、私も一時期憧れた独特の釣りです。
腰にたも網を指し、竿一本の身軽な釣り姿、やはり粋ですねぇ。


すみません。。。
此処で船が曲がったので、写真が傾いていますね。

s-DSC04707.jpg


そして午後3時、平潟湾に無事帰港です。

荷物を車に積んで。。。
あいかわ丸名物の、女将さん特製の狸うどんを頂きます。

皆さん、
楽しい時間をすごし、こうして美味しいうどんを食べ、良いお顔です。
お疲れ様でした。

s-DSC04712.jpg


本日の釣果、
鯵4匹、イシモチ2匹、シロギス12匹。
チョッと寂しい釣果でしたが・・・

帰宅後、
鯵は、タタキと刺身。
イシモチは、ユッケ。
シロギスは天麩羅。

魚の種類が違うと、料理も種類が増えて大変です。


でもまあ、
どれもとても美味しいと家族には大好評でしたから。。。。






ランキングに参加しています。
宜しかったら、ポチッと応援をお願い致します。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村
 

スポンサーサイト

2 Comments

根魚オタク(^O^) says..."最強(?)のニアミス"
うわっ~w(°O°)w
接触寸前のニアミスでしたねぇ~(;^_^A

昨日は、写真を撮られた新健丸さん(カサゴが始まる前にイシモチを堪能したかったので…)の左舷ミヨシにいましたよ(^.^)b
お客さんは自分も含めて20人でした。

昨日の横須賀沖は春らしく暖かく穏やかで最高の釣日和でしたね(・∀・)ノ
※写真の景色は自分が見た景色とほとんど同じかな…

厳しい釣果みたいですけど、アジ、シロギスは水温が上がるこれからですよ(^^)v
近所の河津桜も咲き始め、釣りモノも増えるので、嬉しい悩みですねo(^∇^o)(o^∇^)o
2013.03.10 18:45 | URL | #- [edit]
kite says..."根魚オタク さんへ "
私も満杯の新健丸さんを見て、予感がしていたんですよね。。。(笑)

20名とは、相変わらず凄い人気ですねぇ。
私も、シーズン後半のイシモチを狙いたかったのですが、どうしてもキスを釣りたい!と言う釣り友の意見を尊重しました。

花粉症の私は、午前中は薬の影響で半分寝ていました。

でも春本番、つりのシーズン到来ですね。
2013.03.12 21:37 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/301-109a67fe
該当の記事は見つかりませんでした。