凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

鮎の季節

梅雨時らしい、曖昧なお天気が暫くは続きそう。。。
6月も2週目に入りました。

6月、水無月、梅雨入り、衣替え、紫陽花・・・、でも釣りを趣味している以上、6月と言えば鮎釣りの解禁を忘れてはいけません。

地方によりこの解禁日に差がありますが、神奈川では6月1日、通勤途中に渡る小田急線の相模川の鉄橋、この日を待ちわびた沢山の釣り人が、楽しそうに(!)釣りをしているのを眺めながら通勤電車に揺られています。


鮎と言う魚、香魚と呼ばれるだけあって、そのわたには風味豊かな苔の香り、味があり、取れた地方により明らかな差があるそうですね。
相模川の川底の苔の味は知りませんが(笑い)、旬に取れた鮎の塩焼きの香ばしさは格別です。


鮎、渓流、ヘラブナ、これらの淡水の釣りはどれもディープな世界で、他の趣味との掛け持ちなどとても出来そうもない独特の世界。
色々な楽しみに広く触れたい私には無理でしょうね。


相模川の中流辺りの鮎釣りには、見ていても長閑な雰囲気がありますが、トーナメントが行われる様な流れの早い川に入る釣り人は、ローディーの穿くレーパンよりセクシーな(笑い)ドライタイツを穿き、10m近い竿を操る姿はチョッと近寄りがたい雰囲気。
これから各地でトーナメントも開催されますね。。。


何はともあれ鮎釣り解禁、6月本番です。



そうそう、
私のようなへたれは参加できませんが、今週末は恒例の富士クライム。
私が愛読するブログを書かれている多くのローディーさんも参加されるようです。

先週の天気予報では晴れか曇りだったのに、週末が近づき、段々と怪しくなってきましたね。
多くの方々が楽しみにするイベント、お天気が持ってくれると良いのですが。














スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/3-778ef622
該当の記事は見つかりませんでした。