凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

冬晴れの「みなと横浜」 ・・ 横浜港を ぐるっとポタリング

※また記事のアップが遅れましたが、以下は26日(土)のポタリングの記録です。

三浦半島をロードバイクで走る時、
観音崎の辺りから、ぼ~・・と東京湾や房総半島を眺めるのが好きなのですが・・・

大昔、三浦半島に住んでいた人達は、毎日こうした風景を眺めていて、
「向こうに見える房総半島まで行って、逆にこの三浦半島を眺めたい・・」、
と思ったのだろうな・・・と何時も思います。
余計なお世話ですが(笑)


私は東京湾で釣りをしながら、海から三浦半島を眺め、
ロードバイクで三浦を走りながら、陸から東京湾の釣り船を眺めているので、
頭の中で双方からの眺めを楽しむ事が出来るので、つい、そんなことを考えてしまいます。


で、
私が良く行く横浜の「みなとみらい」、其処からから横浜港越しに見える、
ベイブリッジや、風力発電(ハマウィング)・・
今度はあちらから「みなとみらい」を見てみたい、と常々思っていました。


と言うわけで、
冬晴れの一日、横浜のみなとを巡るポタリング、実現致しました。

でも、横浜港の埠頭周辺、
関係者以外立ち入り禁止の多い港周り、はてさて、どこまで近づけるでしょうか?



s_DSC06467.jpg
【ベイウオーター前からポートサイド地区を臨む】
シーバスとカモメと・・・


s_DSC06589.jpg
【大黒海釣り公園から 本牧埠頭のクレーン群を臨む】


s_DSC06597.jpg
【スカイウォーカー跡地から見上げるベイブリッジ】 
 
 
 

 
 
【横浜駅 東口】

先ずは、私の横浜巡りの起点「横浜駅東口、ベイクオーター」です。

其処に向かう途中、
マリノスタウンの入り口で、「 bay-bike 」のサイクルポートを発見。


「bay-bike」と言うのは、

このサービスは横浜市内の各所に設けられたサイクルポートに自転車が何台か
停められており、有料でその自転車を借りて移動。
目的の用事を果たす間、駐輪しながら利用し、元の場所に戻すもよし。
単純にA-B地点の移動に使い、B地点に近い他のサイクルポートに返却してもOK。
と、とても便利なサービス。

s_DSC06461.jpg

お洒落な小型自転車が沢山用意されていました。
2011年4月から開始されたとの事、定着するといいですね。

私も早速会員になろうと思います。
s_DSC06463.jpg


ポートサイドを眺めていたら、ちょうどシーバスが出航したようです。

この橋の下、
何時も水鳥たちが浮かんでいますが、シーバスが近づいても一向に避けません。

シーバスの立てる波に乗って、水鳥の群れが分かれて行きます。


此処から眺める冬枯れのポートサイド、海と空の青がとても映えます。
s_DSC06466.jpg


【コットンハーバー】

さて、此処から今日の第一の目的地、「コットンハーバー」に向かいます。

コットンハーバー、チョッとしゃれたこの地区の名前ですが、
日本鋼管の浅野ドックの跡地に作られた、神奈川区の山内埠頭における再開発地区との事。


横浜中央卸売市場から少し走ったところにありますが、ロードバイクで走っていると少し分かり難い場所にあります。

此処からは、いつもと少し違った横浜港の眺めが楽しめます。

ボードウォークとしゃれたベンチ、其処から眺める「ベイブリッジ」。
目の前の高架が少し邪魔ですが、中々気持ちの良い公園でした。

s_DSC06481.jpg


此処ならば、みなとみらいの夜景が綺麗でしょうね。

この公園に併設された「コットンハーバークラブ」はとても人気にある結婚式場との事。

s_DSC06482.jpg


この公園のベンチに座り、浜風に吹かれながら・・・港の景色を眺める。
浜風は少し冷たいものの、柔らかな日差しはとても心地よかった。。。

s_DSC06493.jpg


【ハマウィング】

さて、このコットンハーバーに隣接する瑞穂ふ頭に、
私のとても気になっている風車、「ハマウィング」があります。


横浜港のほぼ中央にある瑞穂(みずほ)ふ頭に立つ、高さ118m 「ハマウィング」。
みなとみら21地区の大観覧車「コスモクロック21」よりも高いその姿は、
さまざまな場所から望むことができます。

との事。


しかし事前の調査では、
此処は在日米軍司令部の基地に隣接していて入場制限がかなり厳しいとの事。

s_DSC06484.jpg

瑞穂ふ頭まで来ましたが・・・
案の定、この橋から先は渡れません。


仕方がないので、この瑞穂ふ頭周辺の風景を写真に収めます。

私の他に、若いカップルの方が、この橋の周辺でウロウロしていました。
「ハマウィング」は、正規の手続きで見学は出来るようです。

s_DSC06495.jpg


横浜港のこの辺りは殆どが埋立地。
そのために沢山の埠頭が橋と運河で結ばれています。

そして、コットンハーバーから先は工場が沢山立ち並び、入場制限が厳しい地区、
自由にロードバイクで入り込んで、写真を撮るわけにはゆきません。


訪問できなかった場所は・・・
この後予定している「工場夜景クルーズ」で、楽しむ事にいたします。


【大黒埠頭】

次の目的地はベイブリッジの反対の端に位置する大黒ふ頭です。

車で行くならば簡単ですが、ベイブリッジを歩ける「スカイウォーク」が閉鎖された今は、
ロードバイクを駆って生麦から大黒町を通り、大黒大橋を渡ってゆく事になります。


しかしこの頃から、西風が強まり、海沿いはかなり寒い。
特にこの大黒大橋、海の上、かなりの高台と言う事で、写真を撮るのが辛かった。


鶴見つばさ橋です。

この橋、大黒ふ頭~扇島間の鶴見航路を結んでいます。
逆Y字型の主塔と道路中央部がケーブルで結ばれたその姿は、まさに巨大な鳥を連想させ、1面吊り斜張橋としては世界最大規模で、主塔の高さと全長でも横浜ベイブリッジをしのいでいます。

との事です。
s_DSC06512.jpg


此方は東京電力、横浜火力発電所。
煙を見てもらうと、風の強さが分かるでしょう。。。
寒い!!!

s_DSC06513.jpg


【大黒 海釣り公園】

大黒大橋を渡り、この埠頭の先端にある「大黒海釣り公園」に向かいます。

この海釣り公園・・・
もう10年以上前でしょうね。。

次男が海釣りをしたい、と言うので、上州屋で初心者用のタックルを購入して、
二人でよく通ったのがこの海釣り公園。

今では、次男は釣りを卒業して「スケボー」&「スノボー」に夢中で、
始めは嫌々参加した父親は、これをきっかけに今も釣りにのめり込んでいます。



大黒海釣り公園、
此処は横浜港の出口、すぐ横で東京湾に面しています。

少し古びたランプ、その先には沢山の貨物船が時化気味の東京湾に浮かびます。
これだけ沢山の船が、並んでいる様は壮観です。
s_DSC06528.jpg


横浜港の釣りを仕切る「渡辺釣船店」。

沖堤防への渡船や、湾内のシーバスつりで有名な船宿です。
黄色い船体が目立ちますね。。

s_DSC06538.jpg


大黒ふ頭の隣は扇島~東扇島、京浜工業地帯のコアとなります。

貨物船やタンカーがこの地を目指して東京湾に入ってきます。

鮮やかなオレンジ色の貨物船が向かう先のコンビナート。
SF映画に舞台になりそうな建造物が並んでいます。。。

s_DSC06541.jpg


海釣り施設の外から東京湾を眺めていましたが、此処では
やはり、この桟橋から眺める、対岸の本牧ふ頭~みなとみらいがポイント。

今日は釣りはしないので、見学料(100円)を払って桟橋に向かいます。

簡素ではありますが、暖房の効いた清潔な施設。
冷えた体にはありがたいです。

此処で、ローディーの方一人とすれ違いました。
寒いですね。。。と軽くご挨拶。

海釣り桟橋から、ベイブリッジ越しに眺めるみなとみらい。
s_DSC06550.jpg


此方は本牧ふ頭に並ぶクレーン群です。

逆光で見え難いですが、巨大なオレンジ色のクレーンが並ぶ様は見事です。
s_DSC06543.jpg


さて、
海釣り桟橋です。

先頭にある赤い灯台、ベイブリッジから何時も眺めていました。

しかしこの桟橋は網状の金属通路で出来ています。
クリートの付いたロードシューズでは凄く歩き難い。

こんな所ばかり歩くので、クリートの減りが早いのですよね。。
s_DSC06559.jpg


横浜から川崎の工場に向かう貨物船。

自動車を運ぶ貨物船でしょうか・・・
とにかく大きいです、周りのタグボートと見比べると、その大きさが分かると思います。
s_DSC06587.jpg


此方は房総半島サイドから、川崎のコンビナートに向かうLPGタンカーです。
s_DSC06585.jpg


東京湾から吹き付ける強風で、白波が立っています。

こんな寒い中ですが、この桟橋の皆さん楽しそうですね。。。

水温の低下するこの季節、魚の活性はあがらず、余り獲物は期待できませんが、
皆さん、色々な道具を持ち込み、思い思いにこの風景を楽しんでいます。


今も固定客をしっかり掴んでいるようで、安心しました。
春になったら、私も久しぶりに此処で釣り糸をたらしてみたいと思います。



【スカイウォーク跡地】

さて、本日の横浜港をぐるっと回るポタリング、
最後の目的地が、ベイブリッジの真下にあるスカイウォーカー跡地。

凄く立派な設備だったんですね。

今は夢のあと・・・勿体ないなぁ・・
ベイブリッジを下から見ると、このスカイウォーカーのための設備が、
続いています。

レインボーブリッジと違い、降りた先に何もなくて、足が途切れてしまうのが一番の難点でしょうね。
顧客視点の欠如、計画した方が、自分でこのコースを歩いてみたら、何が必要か?
すぐ分かったと思うのですが・・・

草生した公園、
老朽化して、錆びてゆくインフラ。。。こんなものを目にして、
本当に勿体ない思いでいっぱいです。

s_DSC06604.jpg


ベイブリッジを真下から仰ぎ見ます。

こうしている間にも、大きな貨物船や客船が沢山行き来しています。
大黒ふ頭、本当に船を眺めに来るには絶好のロケーションですね。

s_DSC06593.jpg


この公園からみなとみらいを眺めます。

ええ、これを見たかった。

でも、風と波しぶきが凄い。
何も、こんな寒い日に来なくても・・・と我ながら思いました。(笑)

s_DSC06602.jpg


さて、
それでは暖かい炬燵の待つ家に戻ることにします。
朝9時半に家を出て、此処で午後2時、3時過ぎには家に帰れそうです。


強風の「大黒大橋」の上から臨むみなとみらい。
s_DSC06614.jpg


隣接するコンビナート。

色鮮やかなタンクが一際目立ちます。
s_DSC06617.jpg


本日の総走行距離 65キロでした。
ほぼ平坦なコースでしたが、海沿いの向かい風で、かなり体力を消耗しました。

でも。。。
コットンハーバーからの横浜港の眺め、
間近で見るベイウィングの雄姿、
大黒海釣り公園からの眺める東京湾、ベイブリッジ、
スカイウォーカー跡地の寂れた風景・・

中々、普段見られない風景を楽しむポタリング、
今度は季節を変えて、違う眺めを楽しみに出かけたいと思います。


ええ、とても楽しい一日でした。


ランキングに参加しています。
宜しかったら、ポチッと応援をお願い致します。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村
 






スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/284-54bc0d7e
該当の記事は見つかりませんでした。