凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

  「猫」 のいる風景

先週、鎌倉八幡宮で、昨年のお正月に頂いた「コタのお守りのお札」を納めてきました。

初詣に行った際、
八幡宮の境内の決まった場所で、毎年新しいお守りを頂くのが恒例になっていましたが、
今年はお札を納めるだけ。。。


コタが逝って、もう3ヶ月。
長らく猫のいる暮らしをしてきた家族にとって、やはり寂しさが募ってきます。

コタのいない寂しさと、猫のいない寂しさと・・・

最初は明らかに違う二つの寂しさが、今は一緒になってきた感じがします。


家内とは昨年の年末辺りから、「何時かはまた猫のいる暮らしをしたいね。。。」
と話し始めていました。


でも、
新しく迎える猫の話をするのは、なんとなくコタを裏切る様で。。。
そんな気持ちがして、家族の間ではこの話題は禁句でした。



s_DSC02916_20130125235241.jpg


s_DSC01962_20130125235438.jpg
 
この首輪についているのが、鎌倉八幡宮のペット用のお守りです。
毎年、赤、青・・交互につけていました。 
 

 
 
 
家内や娘とは、年明け辺りから「里親探しをしている猫」の話を始めていました。

もちろん、
普通の猫好きな家族がする、「極一般的な話題」としてですが・・・


でも次第に、
次に猫を飼うならば、里親探しをしている猫かな。。。
家内や娘の口からそんな言葉が出始めていました。


アメショーの魅力にぞっこんだった二人の口からそんな言葉が出始め、
いつの間にかネットで色々調べ始めていたようです。
 
 s_DSC03607_20130125235242.jpg


そうした里親探しの猫の世話をされている方の情報を読むと、
色々な条件をクリアーしなければいけないようで・・・

ペットショップで自分の気に入った猫を探す、
そんなお客様気分で猫との出会いを求めるのとは、根本的な違う事が分かりました。


当たり前と言えば当たり前ですが・・・

猫と暮らす責任の持てる飼い主である事、
そして、その猫が幸せに暮らせる飼い主を見極める責任、

その様な責任を改めて自覚した上で、里親探しをされている方とお会いする事が必要ですね。


s_DSC00454_20130125235123.jpg


先日、食事の場で、いつの間にか一歩踏み出すような形で、家内や娘とこの話をしていたら、
初耳だったのでしょうね。。。

長男から「もう、次の猫を飼うの・・・」と、かなり不満そうな一言。

「未だコタのことを思って、次の猫は飼えない?」と家内が聞いたら、
「うん」、と大きく頷かれてしまいました。


家内、娘とともに、なんとなく後ろめたい気分を味わいつつも、
長男のコタへの思いを再確認して嬉しいような。。。


家内は、「女性のほうがドライだって」言われそうね・・、と苦笑い。


と言うわけで、
今暫くは、猫のいる暮らしに戻る事はできそうもありません。






にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

2 Comments

junjun says..."はじめましてです。"
ブログにコメントすることすらはじめてですが、はじめまして。
昨年12月31日に2年間預かっていた猫がしんでしまい、とても悲しい思いをしました。
飼い主はシンガポールにいってしまいましたが、たまたま日本に来た時にその飼い主の腕の中で息絶えました。
嫁は日々弱っていく猫に涙しておりましたが、最後は安らかに逝ってくれたと思っております。部屋はぽっかり穴が空いています。
寂しいですね。


コタちゃんはすごいかわいい顔してますね。
人間っぽいです。
2013.01.26 18:25 | URL | #- [edit]
kite31 says..."junjun さんへ"
初めまして、コメントありがとうございます、。

ペットを亡くした寂しさ、悲しさと言うのは中々癒えないものですね。
コタがいた頃の色々な習慣、そんなものを、今も続けてしまっています。

残った家族が、時間を掛けて、自分なりに折り合いをつけてゆくしかないのですね。。
今日100日が経過しましたが、家内は今も毎日コタの遺影の前に、食事と水をお供えしています。

コタを亡くした悲しみが癒えるのにはもう暫くかかりそうです。

> コタちゃんはすごいかわいい顔してますね。
> 人間っぽいです。

ええ、とても表情豊かな猫でした。

また遊びに来て、気軽にコメントを入れてください。
宜しくお願いします。

2013.01.27 00:57 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/283-2b43e900
該当の記事は見つかりませんでした。