凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

もう10日、経ったんですね。。。

コタが逝ったあの日から、もう10日が経過いたしました。


この間、多くの方からの弔いのコメント、メール、そして応援を頂きました。
改めて、人の心の温かさに触れ、救われる思いを致しました。
本当にありがとうございました。


家族の間にも漸く笑顔が戻り,
皆、それぞれコタとの想い出話を平静に出来るようになりました。
まだ多少無理をしている様子は感じられはしますが。

でも、天国のコタから見ても、
漸く「家族が安心できる状態」に戻ったと感じられる様になったのではないかな。。。
と思います。



やはり、ふとしたときに感じる「ポッカリと穴が空いた様な喪失感」、これが一番辛いですね。
今まで、そうした時にコタを見て感じた「癒し」の裏返しなのでしょう。。。


家内の発案で・・・
当分の間、コタを感じる場所にコタの相応しい写真を飾っておこう、と云う事になりました。
 

今日は、
家に飾った「コタの想い出の写真」の紹介をさせてもらいます。

これで、家族はコタを身近に感じられるし、
コタも、今も家族の中にいて忘れられない事を知ってくれると思います。
 
 

遊んであげている内に、すっかり「ハイテンション」になったコタのアップ。
s_DSC00416_20121029170417.jpg

 
何時も、比較的表情のはっきりしているコタにしては、
何をしたかったのか?余りつかめめない表情の一枚。

ただ、眠かっただけなのかも。。。
s_DSC03848_20121029170050.jpg




 
 
 
家に帰ってきたとき、
家族の足音を聞きつけて、何時も玄関まで迎えに来てくれたコタ。


家族全員が、一番、コタが居ない事を感じる場所・・・と云う事で、
彼の想い出に、玄関には5枚の写真が飾られました。


宅急便に空き箱は、いつもコタの指定席でした。
ネットショップの好きな我が家の一こまです。

s_2010.07.17-08.20 (1)


靴の好きな子供達達が脱ぎ散らかした沢山の靴で何時も玄関は一杯。
でも、夏場は此処の石畳が涼しいらしく,コタのお気に入りの場所の一つでした。

コタの靴枕・・
s_2010.07.17-08.20 (15)


少し畏まったコタのお見合い写真。

コタも人で言うと五十路・・・
50男の渋さも出てきたところでした。
s_DSC00259_20121029170051.jpg


コタが異様に興味を示した「耳かき」。

私が耳掃除をしようとこの耳かきを取り出すと、ソファーから飛んできました。
コタのお棺に、家内が入れてあげたお気に入りの一品です。
s_DSC00284_20121021222146.jpg


コタの顔洗い。

毛づくろいと顔洗いの場面は、コタの絶好のシャッターチャンスでした。

君はやっぱり猫なんだね。。。
と思わず語りかけたくなる瞬間です。

s_DSC02915_20121029171401.jpg



そして、
彼のお気に入りのソファーにも3枚。


家族の皆が大好きなコタの写真の一枚です。
s_DSC00812.jpg


コタは、寛いで寝ているときには、こうして前足を組んで休んでいました。
ちょっと生意気な姿でしょう。
s_DSC00804.jpg



もう、これは何もいえない寝姿です。
お腹の柔らかい毛の感触、
う~~ん、今もこれをとてもよく覚えています。。。。
s_DSC00827_20121029170953.jpg



コタの祭壇には、コタのお骨と、想い出の品、娘がコタからとった掌紋を飾りました。
家内が今も1日3度の食事(陰膳と云っていいのかな。。)をお供えしています。



コタの食卓の前に飾った写真。
コタは、この獣医さんご指定のドライフーズが大好きでした。
s_DSC00713_20121029170953.jpg


コタのトイレの前に飾った写真。
コタは、獣医さんに連れてゆくときに、パニクッて車で粗相をした以外、
家の中では粗相する事もなく、凄くきれい好きでした。
s_DSC01305_20121029170953.jpg




時間はゆっくりと、でも確実に流れて行きます。


コタが逝ってしまった後の週末、
家族の悲しむ姿に少し心配しましたが、
皆、それぞれコタとの想い出を上手く自分の記憶の中に活かしながら,
自分達の生活のリズムを取戻し始めたようです。


コタも、家族が楽しそうに「コタとの想い出話」を語れる日常生活に戻ることを望んでいるはずですから。


ご心配をおかけしましたが、「ペットロス」の伴う喪失感,悲しみ・・
先ずは時間を掛けながら、癒してゆけそうです。


また、時々コタの想い出話の記事もアップして行きますので宜しくお願い致します。






スポンサーサイト

4 Comments

根魚オタク says..."暫くです(?)"
10/21以降、ブログがアップされなかったので少々心配しましたが、みなさん通常の生活リズムに戻り始めて安心しました。

9年以上、一緒に家族として暮らしてたのですから忘れようとするなんて無理です!自分だって12年以上経過した今でも思い出すことがあります。
その度に『一緒に過ごすことができて良かった♪』思うことができれば天国で喜んでいるはずです。

まだ、喪に服している中、申し訳ありませんが、10/27に新健丸さんのイシモチへ行ってきました。
当日、ウネリが1日続き釣り辛かったですが、型の良いイシモチを19匹手に入れました。
今回は新たに酒粕漬けと甘辛風味のコチュジャン炒めにも挑戦(いずれも美味)しました。
当日、船長からバーベキューテラスの裏話を聞いたときは苦笑いでしたけど…

さあ、食欲、行楽の秋です! 元気出して海人さんらしく外へ行きましょう!
天国のコタ君も喜んで見ててくれますよ。
2012.10.30 08:31 | URL | #- [edit]
梅ちゃんママ☆ says...""
はじめまして。

一つ前の記事をランキングから辿り訪問させていただきました。
遅くなりましたがお悔やみ申し上げます。
9年...猫と共に暮らす時間としては
早すぎた別れかなと思いました。
過去の記事も読ませていただき
可愛いコタちゃんを拝見させていただきながら
我が家の猫と重ねてしまう部分もあり...
うちの子はアメショなどと洒落た猫ではありません(;´Д`A ```
サバトラちゃんですが('-'*)
推定2ヶ月の野良ちゃんを我が家に迎え入れ
その後先天性腎不全と判明。
この先一生治療が必要です。
判明した時は既に1ヶ月程を共にすごしていた訳ですが
それはとてもとても辛く、先生には
「どれだけお金がかかってもいいからこの子の命を助けて下さい」
と泣きすがったものです。
現在5ヶ月ですが体重は1.3kg。
大きくなれないと言われています。
せいぜい2kgになったら万々歳!とのこと(;´д`)
寿命も短いかもしれません。
共に過ごした1ヶ月でもこの子を失う事は考えられない!
って思った事を考えると
kiteさん始めご家族の皆様の心中は
言葉に出来ない辛さと悲しさだった事と思います。
コタちゃんの写真を拝見し記事を読み
ご家族の皆さんがどれだけ愛情を注いで
育てていたのかがすごく伝わります。
コタちゃんの9年という一生は儚かったかもしれませんが
幸せ度は満天だったと思います。

ティッシュ片手にkiteさんの記事を読み
ダンナにもコタちゃんの訃報記事を
読んでもらいました。
ダンナもウルウルしていました。
そして、我が家の猫に対する愛情は
更に倍増したように思います。
1日1日、1分1秒を共に過ごせる幸せを
大事にしていきたいと思います。

これから皆様に流れていく時間が
穏やかでありますように。.:♪*:・'

合掌
2012.10.31 08:57 | URL | #IAmA4RkY [edit]
kite says..."根魚オタク さんへ"
コメント、ありがとうございます。

色々後心配をおかけしましたが、少しずつ心のバランスが取れるようになってきたように感じます。
何か大切なものを失うと言う事は、それまで心の中で取れていたバランスが崩れるのだな、と変なところに納得しています。

今年はイシモチ、良いみたいですね。
これから脂の乗った美味しい魚の季節、11月に入ったら季節の魚を釣りに行こうと思います。

一年で一番アウトドアーに良い季節ですからね。
そろそろ心のリファビリをはじめます。

2012.10.31 22:11 | URL | #- [edit]
kite says..."梅ちゃんママ さんへ"
はじめまして、心のこもったコメントをありがとうございました。
お陰さまで、私の家族も、漸く平穏な日常の生活に戻りつつあるように感じています。

猫は腎臓を患うケースが多いですね。。。
コタも腎臓に要注意と言われ、此処2,3年は腎臓疾患用のキャッツフードを食べていました。

知人の話ですが、
ペットショップから購入した愛猫、暫くして先天性の疾患を抱えていることが判明したそうで、ペットショップから、「元気な子猫と交換します」と云われて大憤慨したそうです。
頼られて、一緒に生活し始めたらもうペットは家族なんですよね。

梅吉君の愛らしい姿を見たら、「梅ちゃんママ」さんのブログのタイトルに込められたご家族の気持ちが良く分かります。

梅吉君が届けてくれた家族の絆、癒し、笑い。。。
毎日の看病は大変と思いますが、梅ちゃんママさんのブログを読ませていただくと、掛け替えのない家族の関係が育っていることを感じます。
また其方のブログに遊びに伺いますね。

此方のブログにも、気軽に遊びに来てください。
2012.10.31 22:38 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/254-6272ce3d
該当の記事は見つかりませんでした。