凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

   コタが  逝ってしまいました。。。。

突然の事で、未だ気持ちの整理がつきません。。。

9年間、我が家に癒しと笑いを与え続けてくれた愛猫「コタ」が、
本日午後3時、突然逝ってしまいました。



一昨日の夜、食欲がなさそうで、珍しく食事を残しました。


そして昨日の朝、体がだるそうで、風邪でもひいたのかな、と皆で話をしてたら、
昼食にも口をつけないので、家内が心配してお医者さんに連れて行ったところ。。。


肥大型心筋症からくる肺水腫で緊急入院。

まず利尿剤で水をぬき、また酸素boxに入って呼吸が楽になるように緊急治療。
この1~3日の動向が峠で、治る確率は7~8割と言われました。


そして、今日の昼過ぎ。。。

容態が悪化して家内が病院に呼ばれました。

「酸素boxの中のコタ、呼吸が苦しそうにしています。

このまま呼吸が止まってしまうかも。。。」

家内の緊急連絡で、私以外の家族が病院に集まりました。


そして午後3時過ぎ、
家族が見守る中、静かに息を引き取りました。


余りにあっけない突然の死

午後7時過ぎに家に帰ると、ペット用のお棺に納まったコタがソファーの上に。

眠っているようなその姿に、命が宿っていない事が信じられません。


正直、かなり落ち込んでいます。


コタ、逝くの未だ早いよ。。。





スポンサーサイト

13 Comments

やん says...""
突然のことで言葉が見つかりませんが・・・お悔やみ申し上げます。
コタ君の眠りが安らかでありますように・・・。
2012.10.19 21:56 | URL | #2NKnmN5w [edit]
プチおやぢ says...""
こんばんは

寂しいですなぁ、きっときっと幸せだったと思いますよ!!

悲しいですよね・・・・・
2012.10.19 22:11 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.10.19 23:11 | | # [edit]
TaQ says...""
タイトルを見てまさかと思い本文を開いたら…。

毎回コタ君のかわいい写真がアップされることを楽しみにしていたので、なんと言っていいか分かりません。
ただただ、ご冥福をお祈りします。
2012.10.19 23:11 | URL | #OLHiJ7es [edit]
tom says...""
はじめまして、いつも拝読させて頂いてます。
今回のこと、大変お辛いことだと心中お察しします。私も猫を飼っていて、とても他人事とは思えずコメントさせていただきました。

いつもkiteさんのエントリに出てくるコタくん、とても良く撮れており、この表情は本当に信頼関係のある同士でしか撮れないなといつも思っていました。写真から、kiteさんの愛情を感じ取る事が出来ました。
8年という歳月は愛する猫と過ごすにはあまりにも短すぎる時間で、我が身のこととして考えるととても心が痛みます。
お掛けする言葉が何も出てきませんが、コタ君はきっと幸せだったでしょうね。そう感じます。

2012.10.19 23:24 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.10.20 00:58 | | # [edit]
根魚オタク says..."弔辞"
御愁傷様です。
自分も愛犬を寿命(享年17歳)で失ったときは、愕然としました。あれから12年なりますが今でも夢に見るコトがあります。
大変、辛いと思います。まずは御冥福をお祈りいたします。
2012.10.20 21:13 | URL | #- [edit]
kite says..."やんさんへ"
コメントありがとうございました。

突然、家族の一員を失うと言う悲しみ、寂しさに、今は心の置きどころを探している状態です。

「肥大型心筋症」と云うのは、アメショーの掛かりやすい遺伝性の病気の1つだそうです。
こうした、病歴を持ったアメショーとしては、コタは精一杯生きられた方だとの事。

彼が私たちと過ごした9年余り、私たちが感じたような「幸せ」を感じられた一生であった事を願うばかりです。

彼を失った喪失感はとても大きいですが、彼が遺してくれた私の家族の絆は、途轍もなく大きい事も感じています。
「彼の想い出を大切にしながらも、早く皆で立ち直らなければ!!」
と家族には伝えました。

2012.10.21 17:29 | URL | #- [edit]
kite says..."プチおやぢ  さんへ"
コメント、ありがとうございます。

ブログにコメントを頂いた皆さんから、「コタと私達家族」の信頼関係や絆の強さ、其処から生まれる幸福感をきっとコタも感じていたはず・・・とのお話を貰い、凄く救われる気持ちで一杯です。

彼が家族に与えてくれた「癒しと笑い、そして幸せ」、それを彼も一緒に共有してくれていたと信じたいと思います。

彼が駆け抜けて行った9年余りは、本当に貴重な時間だったと感じています。
今は、彼を失った悲しみ、寂しさを正面から受け止めたいと思います。

でも、その後は確り立ち直らなければ!!
と、強く思っています。
2012.10.21 17:36 | URL | #- [edit]
kite says..."TaQ さんへ"
コメント、ありがとうございます。

私たちの家族にとって、彼が居るのが如何に当たり前だったか。。。
今日、彼をおくり、家に帰ってきたとき、彼のお気に入りおソファーや、ブランケットの上に彼に居ない空虚さに、改めて強い悲しみと寂しさを感じています。

彼の記憶の染み付いた家の隅々、
暫くは戸惑いと悲しみ、寂しさを感じながら生活してゆくことになりそうです。。。

ブログには、時々彼が元気だった頃の写真などもアップしながら、彼の想い出を綴って行きたいと思います。

今は、彼を失った寂しさ、哀しさを正面から受入れようと思います。
でも、私達家族が何時までも立ち止まるわけには行きません。
コタに見守ってもらいながら、徐々に幸せな生活を取戻して行きたいと思います。
2012.10.21 17:43 | URL | #- [edit]
kite says..."tom  さんへ"
コメント、ありがとうございました。

コタが、私と家族に与えてくれた「癒しと笑い、そして幸せ」、これがどれほど大きかったか・・
彼が逝ってしまって、このことを凄く強く感じています。

でも、tom さんも云われるように、相互の信頼関係の中に生まれた絆、それを常に共有したコタも「幸せ」だった筈。
今は、そのことを願うばかりです。

ペットと生活していれば、何時かは直面する「早すぎる別れ」、でもそうした覚悟が出来る前にコタは逝ってしまった・・・
そう思っていましたが、そんな覚悟、何時になっても出来るわけないですね。

家族を失い、悲しみ、寂しさを感じながらも、その想い出と彼が遺してくれた絆を確認しながら、残った家族は立ち直って行く。。。

それが、
今日彼をおくりながら、家族皆でした約束です。

2012.10.21 17:51 | URL | #- [edit]
kite says..."根魚オタク さんへ"
コメント、ありがとうございました。

こうした形で、愛するものを失った経験がなかっただけに、私と家族一同、哀しさと寂しさのもって行き所をなくしてしまった3日間でした。

愛犬や愛猫、彼らが与えてくれる無私の愛情や癒し、
本当に大きなものだった。。。と、痛感しています。

彼が駆け抜けて言った9年あまりの年月、私達家族が感じた「絆と幸せ」を感じてくれていた事を願うばかりです。

暫くは彼を失った喪失感に悩まされると思いますが、彼が遺してくれた家族の絆を大切に、早く皆で立ち直らなければ。。と思っています。

釣ってきた魚を喜ぶコタを亡くして、釣りの楽しみも少し減ってしまいました。
2012.10.21 17:58 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.10.27 15:56 | | # [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/252-0270bd68
該当の記事は見つかりませんでした。