凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

この週末は 【海人】。   速潮の観音崎で夏鯵を狙います!!!

お盆の時期、当然殺生はできません。


でもね、
この時期東京湾の夏鯵、鯖はとても美味しくなります。
さらに、今年はワラサの回遊が早いようで、剣崎沖ではワラサフィーバーが始まっています。

暑い、暑い・・
といって自転車に乗れないのに、炎天下の東京湾で8時間も釣りをする。

でも沖合いは潮風が適度に吹くし、暑ければ船室に逃げられるし、
日焼け止めを確り塗っているし。。。
  って、誰に言訳しているのでしょうね。(笑)


と云うわけで、
この週末は走水,観音崎沖の黄金鯵と遊んでまいります。


s_DSC04069_20120816222143.jpg



s_DSC04065_20120816222143.jpg
 
 

 
 
 
私の東京湾の鯵釣りは、浦賀の前田丸さん。
観音崎、浦賀、走水、大津・・・ 東京湾の隘路となっているこの水路。
此処の速潮に揉まれたて美味しくなった居付きの黄金鯵を狙います。


鯵と言っても、この海域の黄金鯵、35センチを越す大鯵が釣れます。
aji.jpg

スーパーで見る20センチ前後の中鯵と風格が違うでしょう。

特に此処で釣れる黄金鯵は,魚体が幅広で金色に輝いてとても綺麗。
豊富なプランクトンに恵まれた東京湾のこの地に居つくだけあって、食味も最高です。

西の関鯵,東の走水の鯵と呼ばれるほど。


また、30センチを越す鯵の引きはとても強く、釣り上げるまで釣り人を楽しませてくれます。

釣れた鯵を船べりに抜き上げたりせず、大切にタモ入れするのがこの辺りの釣り人のスタイルです。

此方は38センチあったそうですが、時々40センチを越す超大物も釣れます。
aji2.jpg


で、此処で鯵を狙うと,とても素敵な外道にも出会えます。

東京湾のこの水域の鯖、「松輪鯖」として有名ですね。

曰く、
松輪サバの旬は晩夏(8月末)から初秋(9月半ば)にかけてで、身のりが良いのと、非常に脂がのっているのが特徴です。

この鯖を専門で狙う船も有りますが,前田丸は正統派の鯵狙いなので、
外道として、鯖(!)や真鯛(!!)が釣れます。
saba.jpg
でも、当然、私は鯖の仕掛けももって行きます。(笑)



そうこうしている内に、
剣崎沖のワラサが、今年は半端では無いようです。
此方も9月初旬には行きたい!!!


竿頭は一人で20~30本上げているようです。
こんなワラサ、20本もどうするのでしょうね。
warasa.jpg


今年は、相模湾への青物の入りも良いようで、
カツオ、メジ(クロマグロの幼魚)、キメジ(キハダマグロの幼魚)が始まっていますね。


相模湾に青物が入ってくると,もうすぐ季節は秋。
暑さももう暫くの我慢ですね。

釣りとロードバイクとグルメと・・・・
 休日を上手くシェアしなければ。。。(笑)




ランキングに参加しています。
宜しかったら、ポチッと応援をお願い致します。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村
 


スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/227-c549ce29
該当の記事は見つかりませんでした。