凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

梅雨時の湘南海岸、シャマルで思いっきり走ってきました。

毎日、イヤになるほど蒸し暑いですね。


昨日は当てにできない天気予報を参考にして、梅雨空を眺めつつ、午前中は雨の可能性が少ないのだろう。。。と自分に言い聞かせ、朝7時に湘南海岸に向かいました。

シャマルウルトラ、先週の初試走時の好感触を確認をしたく、私のポタリングコースの中では比較的高速走行が可能な134号線の江ノ島から大磯のコースを走ることにしました。


実は、昨秋苦しんだ腰痛再発への恐怖感から、これまでサドルの調整を余り追い込んでいませんでした。
でも先週のシャマルで試走した時、ケイデンスを上げてゆくとお尻が落ち着かないし、膝を中心にペダリングが不自然になる、と云う事で、出かける前にサドル位置を多少修正しました。

走り出して直ぐに膝がよく周ることを実感、本当にサドルの高さって、ミリ単位で違いが分かりますね。。。
自宅付近の坂を駆け下り、約5キロ先の境川SCを目指します。


田植えの済んだ田んぼでは、苗がすっかり落ち着いてきました。
梅雨空を映す水田の中に、若々しい緑の苗が映えてとても綺麗でした。


川沿いの雑草の成長の早さとそれに伴うむっとする草いきれ、これはロードバイクからダイレクトに感じるこの時期の風物詩ですね。
路面からの輻射熱と草いきれのせいで、風を受けて比較的涼しい上半身に比べて下半身が何となくもわっと生暖かく感じます。
下半身から夏を実感(笑)。



この境川SC,周辺の景色と言えば田んぼと畑が中心でつまらないという声も聞きますが、私には子供時代に遊んだ田畑がそのまま残っていて懐かしさを感じる風景。
四季折々チョッと田舎の風景、少し拡大解釈かもしれませんが、私の里山です。

東京方面に向かう以外では、多少遠回りになっても先ずはこの境川からポタリングを始める場合が多いです。


梅雨時の何時降るかからない雨、蒸し暑さ、昨日のこの時間は散歩されている方も少なかったので少しスピードを上げて江ノ島に向かいました。

言い古された表現ですが、やはりこのホイールは踏んだだけ進んでくれる、無駄な力が逃げないでタイヤに伝わる印象です。
朝の未だ元気一杯の(限られたW)時期と云う事もありこれまでにない速さで江ノ島、片瀬海岸に到着しました。


7月に入り、海の家はすっかり完成していてスタンバイ状態ですが、流石のこの時間では人もまばら。
何時ものボードウォークからは、目の前を海の家に視界を遮られてしまい、間近に砂浜を見る事はできなくなってしまいました。

これから2ヶ月、いよいよ喧騒に包まれた湘南の夏がやってきます。



此処から東を眺めると烏帽子岩、湘南平、箱根連山。。。。もやで霞んで何も見えない。(笑)
今日のお天気では景色を愛でる余裕もないだろう。。とカメラも持たずに出かけてきたので、直ぐに茅ヶ崎、平塚を抜けて大磯を目指します。



134号線の江ノ島から平塚までのコースはほぼ平坦な12キロの余裕のある2車線道路、海からの浜風も防砂林(防風林かな。。)が防いでくれるので、かなり快適なサイクリングが出来るコースです。

この辺りは神奈川のポタリング名所ですから素敵なロードバイクを沢山見かけますし、うっとり見とれるほどのペタリングで駆け抜けてゆく健脚ローディーさんに出会うことも多い場所。


で、今日は無謀にも(笑)、此処を軽快に走る健脚さんを勝手にペースメーカーにしてどのくらい頑張れるかこのコースで試して見ようとの腹積もり。


早速黄色いジャージに身を包みLOOKを軽快に駆る30歳台の方を見つけ、この方に追走して行く事にしました。
経験ないですが、何かストーカーみたいですね。(笑)


一見して俊足ローディーさん!、とお見受けして後に着きましたが、イヤ~~早い早い。
信号で止まるたびにタイムをチェックしているようでしたが、定期的な早朝トレーニングなのでしょう。


この後、平地走行で45キロを越すスピードで暫く引っ張られましたし、サザンビーチ付近では30キロ後半で3キロ程を頑張って追走してゆきましたが。。。。
ケイデンス110~120、心拍170アップ・・・平塚の手前でギブアップ。
LOOKは遠くに去って行きました。(笑)


と云う事で、ホイールの性能確認と言うより、自分の貧脚の現状確認に終わりました。(笑)


先週の試走でも感じましたが、足より先に心拍が限界に達しますね。。。
此処10年間、海釣り以外に運動らしい運動もしていませんでしたから、無理もないなぁ。

先ずはこの夏、じっくりエンジン(心拍と脚)を鍛える事にしましょう。
って、極々当たり前の教訓を得ました。


心臓と言えば、メンタル面は年とともに凄く強くなって行く(面の皮なのかもしれない。。)のに、フィジカル面は急速に落ちてゆくのだな。。。なんて当たり前の事を考えながら、ゼイゼイと荒い息をしながら花水川のレストハウスの休憩所に到着。


此処のファミリーマートは、湘南海岸を走る多くのローディーさんが好んで休憩する場所ですね。
ロードバイクの他に、サーフィンをする方、釣りをする方、遊び大好きの親父達の集う、中々居心地のい良いオアシス(笑)です。


このファミマでは、体を冷やすアイスとおにぎりを調達しました。
何と、昨年はあっと言う間に売り切れて幻のアイスと言われた『梨味のガリガリクン』がありました。

この梨フレーバのアイスは、梨を食べる食感と似せる為に態々氷の粒の大きさに拘ったということですが、熱した体にはとても美味しかったです。


この休憩中にぽつぽつと雨が落ちてきました。
時間と体力と、空模様に余裕があれば(怯んだ場合の言い訳は十分考えてありますW)湘南平に登る予定でしたが、箱根方面の空も大分暗くなっていたので、早めに帰宅する事にしました。

復路は大磯、平塚、茅ヶ崎、藤沢と1号線を走ったのですが。。。
普段車で走っているときは気がつきませんでしたが、1号線は路面が凄く荒れていますね。。。

中途半端な道幅なので、トラックが幅寄せするし、ママチャリは逆送してくるし、人は突然横断してくるし・・・
程好い(笑)緊張感で、疲れを忘れて境川SCに戻ってきました。


何と!此処まで来ると、青空が広がっていました。本当に目まぐるしく変わる天候ですね。


最後に、
帰りの境川SCの風景を1つ。


境川沿いの紫陽花は先週辺りが見頃でしたが、今はもう萎れて見る影もない。。。

桜を中心に、見頃が終わるとさっと散る花は萎れた姿を晒さずに済みますが、紫陽花って萎れ、枯れた姿を初夏まで見かけますね。

鎌倉のお寺のように、きちんと管理された紫陽花は花後剪定されるのでしょうが、川沿いに自生する紫陽花はそうも行かない。

なんて思って、朝この萎れた花を見ていたら、
昼過ぎの暑い時期に、ご近所にお住まいの方なのかな、ご婦人方数名で剪定バサミを使って枯れた紫陽花の花を切っていました。

綺麗に咲いていたのはこうした方々の手入れを受けていたから、と改めて納得しました。
そういえば、SC沿いの雑草も余り酷くなる前に刈られていますね。
感謝です。


取り留めのない長文ポタ記、失礼しました。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

2 Comments

まるお says...""
シャマル良さそうですね~
それにしても速い速い^^;
134で45kmなんて、私だったら江ノ島出発で鵠沼で終わってしまいそうです^^;

2011.07.04 09:32 | URL | #- [edit]
kite says..."まるおさんへ"
まるおさんへ、

正直な所、ホイールにエンジンがついて行けていません。。。

私にとって45キロは瞬間最大風速みたいなものですよ。
あっと言う間にちぎれて、信号に救われました。(笑)


それよりも、
私には、炎天下の房総半島を200キロも走る根性はないです。

またロングライドのポタリング記、楽しみにしていますからね。。

では。

2011.07.04 20:23 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/21-8c98a5c9
該当の記事は見つかりませんでした。