凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

七夕 鎌倉 花暦  【花の寺:海蔵寺 & 竹の寺:報国寺 編】

梅雨空の七夕の日に、古都鎌倉を季節の花を愛でながら散策する・・・

Part-1: 明月院ブルー 編 に引き続き、

Part-2: 花の寺:海蔵寺 & 竹の寺:報国寺 編 です。


あ~、慌しい。
でも、明日は、久し振りにロードバイクのライド記事をアップしたいので、
古都鎌倉の散策記は、本日完結です。



s_DSC02415.jpg

花の寺 海蔵寺の山門。

s_DSC02449.jpg

竹の寺 報国寺。  竹林の中、静かに佇む苔生した石灯籠。
 
 
 

 
 
 
明月院の姫紫陽花の鮮やかなブルーの世界を堪能した後、
次の目的地、花の寺として有名な「海蔵寺」に向います。


鎌倉と言う街、複雑に入り組んだ山間に沢山の寺社が点在しています。
一方で、海に向って開けた土地に建立された寺社もあります。

と云う事で、
お寺により咲く花の時期が微妙にずれています。

梅、桜、紫陽花・・・そして紅葉。
微妙にずれるこれらの花暦を楽しむ。。。これも鎌倉散策の面白さですね。


海蔵寺の7月の花暦は、桔梗とノウゼンカズラです。

此方は、海蔵寺の無料駐車場にある祠。
いつも、不思議な風景を醸し出しています。
s_DSC02414.jpg


海蔵寺の山門越しに見えるお庭。
s_DSC02418.jpg


さてさて。。。
実は今回の鎌倉の花を愛でる街歩き、とても楽しみにしていることがあります。


先週のブログのパーツを撮るのに使ったマクロレンズ:「E30mm F3.5 Macro」

このレンズ、
E30mm F3.5 Macroは最大撮影倍率1.0倍(つまり撮像素子と同じ大きさに被写体を写せる)マクロレンズであり、NEXシリーズの撮像素子サイズ(23.5×15.6ミリ)と同サイズの被写体を画面いっぱいの大きさで撮影できる。

だ、そうです。

このレンズを使って、季節の花の接写を楽しんできました。
この自己満足の世界(笑)、暫しお付き合い下さい。


ガクアジサイ、もっと接近できますが、そうすると構図が制約されますね。
使いこなしのコツがいりそうです。
s_DSC02419.jpg


桔梗の花って、こうして開いていくのですね。。。
紫色の折り紙でできた箱を分解してゆくようですね。
s_DSC02422.jpg

本堂の軒下に絡んだ「ノウゼンカズラ」です。
オレンジ色の花がとても鮮やかですね。
s_DSC02425.jpg


そして、満開の桔梗の花です。
s_DSC02428.jpg

ガクアジサイにも思いっきり接近してみました。
s_DSC02432_20120707214821.jpg


やはり、ボケ具合が随分違いますね。
それと、フォーカスが自動では甘くなるので、半手動で調整しますが・・・
凄く体がぶれそう。。。

クリートを履いてこのレンズは使えない!! 多分。
s_DSC02433.jpg


s_DSC02435.jpg


さて、駆け足ですが。。
この後は、今日の最後の訪問地、「竹の寺:報国寺」に向います。

6月初旬にも報国寺を訪問しましたが、
この時は、お庭の紫陽花の写真を撮るだけで、竹林には入りませんでした。

本日は、この竹林に入っています。
苔生した報国寺、梅雨時の雨に濡れた苔と竹が鮮やかな緑色に染まっていると思います。

報国寺にも、青い紫陽花がにあいます。

但し、此方はガクアジサイ。
マクロレンズで、写しました。

s_DSC02439.jpg

s_DSC02440.jpg

s_DSC02441.jpg

s_DSC02442.jpg



さて、此処からは又レンズを交換して、竹林に入って行きます。

竹林の散策路になっている石畳、雨に濡れて黒っぽくなったので、
苔の緑、竹林の青緑との対比が綺麗。
s_DSC02446.jpg


日に当たる葉は鮮やかな緑に。。。
そして竹の青緑と見事なグラデーション。

枯れた笹の葉の色が、竹の色を上手く引き立たせますね。
s_DSC02451.jpg


お茶席、今日は比較的空いていました。

s_DSC02452.jpg


竹林には沢山の石灯籠が立っています。
s_DSC02456.jpg


此方は、山門前に立つ私の大好きな石灯籠。
周りの木々が季節によって色が変化するので、この石灯籠の表情も変化します。、
s_DSC02463.jpg

お地蔵様の赤が鮮やかですね。
s_DSC02461.jpg


報国寺の苔・・
雨に濡れて凄く鮮やかでした。

s_DSC02465.jpg


この石段の下から仰ぐアングル、紅葉の時期にはベストショットが撮れます。
s_DSC02466.jpg



s_DSC02470.jpg


さて、6月初旬の初夏の紫陽花に引き続き、
七夕、梅雨時の鎌倉の花暦を楽しむことができました。

次は鎌倉の盛夏、見ものは源平池の蓮かな。。。


はてさて、七夕の夕べ。。。おり姫星(織女星)と、ひこ星(牽牛星)が天の川をわたって
会うことができたのでしょうか・・・




ランキングに参加しています。
宜しかったら、ポチッと応援をお願い致します。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村
 

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/209-6493f574
該当の記事は見つかりませんでした。