凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

嗚呼!  【チューブラータイヤ】 の 憂鬱・・・

新しいホイールとチューブラータイヤ、その他諸々
シェイクダウンに向け準備が整いつつありますが。。。


初めて使用する「チューブラータイヤ」のリスク想定に頭を悩め、
折角のニューホイールの門出なのに、少々憂鬱になっています。(苦笑)



s_DSC02163_20120704215547.jpg


エッ!僕の写真が出て、アクセス数が500増えた?
そりゃ、満更でもないけど・・・えへ。

左を向くと(そう、このお顔)精悍に見えるって、
ブログにちゃんと書いといてね。
 
それと、右向きは「賢そうに見える!!」だからね。
 

 
 
 
今回購入したチュブラータイヤ「Vittoria Corsa Evo CX Tubular Tyre:」。


チューブにラテックスを使用しています。

私はラテックスチューブとの相性が最悪で・・・
昨年、初めてのニューホイール「シャマルウルトラ」を購入した時、
このラテックスチューブを奢ったところ、なんと3本もダメしてしまった。
高いラテックスを5本買いました。

その後も、空気抜けの早さに我慢できず、2ヶ月でブチルチューブに戻しました。


でも、
この「Vittoria Corsa Evo CX Tubular Tyre:」、そのしなやかな走りが評判なので、
もう一度、このラテックスに挑戦です。


そして、ディフォルトのバルブが40mmなので、
60mmのイクステンションバルブに交換。

s_DSC02329.jpg
これは標準の40mmバルブと、ホイールに付属していた「シマノの工具」


s_DSC02331.jpg
で、
此方は、【DURA-ACE WH-7900-C35 TU】につけたイクステンションバルブ60mm。


さて皆さん、
お気づきでしょうか!!!

え~~と、マクロレンズ買っちゃいました。

綺麗な花を撮るのにどうしても必要と・・
云いながら、ロードバイクのパーツを写していますね。(笑)


で、このイクステンションバルブですが、
私のロードバイクのメンテナンスバイブル「藤下雅裕著 ロードバイクのメンテ&修理」
によると、バルブは緩まないよう、瞬間接着剤でとめる事を勧めています。

でもこうすると、
イクステンションバルブは使い捨てになるし、
更に問題は、私は近場の走行時のパンクの時は、シーラント剤を使う予定なので、
この接合方法は受入れられない。


s_DSC02336.jpg


と云う事で、昨日ショップで相談したら、瞬間接着剤はお奨めできない、との事。
でも、余り力を入れて締めると、バルブの根元が破損するので要注意ですよ、って
余計心配になるアドバイス。

パナレーサーのチューブでは、バルブの付け根破損の初期不良で泣いたからなぁ。。
バルブ付近の取り扱いは要注意です。


ラテックスチューブと緩むかもしれないイクステンションバルブ。。。
当面は、頻繁に空気圧のチェックをするようですね。


s_DSC02165_20120704215547.jpg

「パパさん、過ぎたものを買ったんでしょう・・・
  何事も身の丈にあったものが良いんですって。」

と、少し心配そうなコタ君。(笑)


さて、
お次の 憂鬱の種。
何処まで心配性なんでしょうねぇ・・・(笑)


チューブラータイヤの友、「シーラント剤」。
パンク予防に最初から入れる人と、パンクした時の修理に何時も持参する人。

それぞれ一長一短あるけど、私は後者の「パンク修理用にシーラント剤を持参する人」。

s_DSC02340.jpg

後から使うことで、
タイヤにエアーを入れるたびに注意しなくて良いしタイヤそのものも軽量。
でも、出先でパンクした時、これで修理できるように、シミュレーションが必要。

s_DSC02338.jpg



特に、バルブコアを抜いて、其処にインジェクターで30cc程度のシーランドを注入。
その後バルブを組みたて空気を入れる。

s_DSC02339.jpg



やること沢山あるでしょう。(笑)
今回取り付けた「60mmのイクステンションバルブ」を、幾度も付けたり外したり・・
それが容易なツールとスキルが不可欠。

まあ、此処までの記事を書くために、色々なブログ等を拝見させていただき、
皆さん、「色々悩んで大きくなった!!」事がわかりました。


さて次は、
アルミクリンチャーとカーボンチューブラ、ホイールを交換するたびに、
ブレーキシューの交換が必要なので、此処を効率的に行える様にお勉強いたします。


【Dura Ace】のブレーキ。。。。
皆さんに背中を押して頂きましたが、上述の如く。。。。

マクロレンズに化けてしまったので、【Dura Ace のブレーキシュー】だけ搭載です。


折角のマクロレンズ、

Dura-Ace のスプロケットを写しました。
このレンズ、楽しいですね。嵌りそうです。


s_DSC02333_20120703223602.jpg


s_DSC02335_20120703223623.jpg


今週末、
お天気はどうでしょうねぇ・・・

最後に、
コタの嫌がる「太って見えるアングルその①」です。


s_DSC02159.jpg
おやつに大好きな「かまぼこ味のチャットフード」を貰い、
ガツガツと食べている所です。
見事な二等辺三角形。



ランキングに参加しています。
宜しかったら、ポチッと応援をお願い致します。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村
 

スポンサーサイト

10 Comments

まるお says...""
チューブラーも色々と儀式があるんですね
それがまた楽しいって感じもしますがww
私は今だにクリンチャーから抜けだせません^^;
折角の2way-Fitのホイールなのに・・・
ここは思い切って次はチューブレスに挑戦してみようかな~
2012.07.05 09:45 | URL | #- [edit]
TaQ says...""
Duraのカセットスプロケ、凄く良いですね!
チタンの色がなんともいえない…

チューブラーホイールの取り回しは、やはりちょっと面倒ですね。
自分もパンク後シーラント派ですので、『筒型のバルブエクステンション』を持ち歩いています。

パンクしたらVittriaのバルブを抜いて、予備のエクステンションに換装→シーラント注入→Vittriaのバルブへ付け替え
以上の流れで交換する(予定)です。

やはり面倒ですね(笑)

次はブレーキシューの交換ですね。
自分はチューブラーにしてから、シューのトーイン角調整は大得意になりました。
…何度も練習しましたからw

更新まってますね〜。
2012.07.05 22:40 | URL | #- [edit]
とっし~ says...""
はじめまして。

私もつい今週チューブラーデビューしました(^^
初めてのチューブラーだったのでショップで色々と聞いて「Vittoria Corsa Evo CXⅡ」を
購入したのですが、やはりシーラントをどうしようか迷いました。
ただVittoriaの新しいタイプは、バルブコア部分が外れなくなり、タイヤの根元から
外すようになったので、ホイールに装着した後からシーラントは入れられないのでは?
Vittoria以外のメーカーはバルブコアが外せるので、ホイールに装着後もシーラント材を
注入できるという理解だったのですが...

ちなみになるしまでは、NOTUBEの注射器wの先の金具を取り外して、
チューブラーにねじ込めるエクステンションをつけていました。

私の理解が間違っている可能性も大なので、教えていただけたら幸いです。
2012.07.05 23:36 | URL | #aIpetG2Q [edit]
kite says..."まるおさんへ"
まるおさんも愛車を色々弄っていますからね。。
こうしたスモールパーツを色々準備していると、ロードバイクとの絆が深まりますね。

チューブレスも、もう少し色々なタイヤが出てくると言いのですが、いまひとつ選択肢が狭いですね。
でも、乗り心地は良いようですから、是非チャレンジしてみてください。

2012.07.06 22:11 | URL | #- [edit]
kite says..."TaQさんへ"
流石に鋭い観察眼ですね。
そう、下4枚がチタン製で色が違うのですよね。。。
使い始めると、黒くなって差が分からなくなりそうですが。(笑)

>チューブラーホイールの取り回し・・・

これを、手際よくできるようになるのも、「格好いいローディー」の条件ですかね。

>シューのトーイン角調整は大得意になりました。。。

それは凄い、ホイール換えるたびにシューを変えるもの大変かな。。。と思っていましたが、
何事も慣れですね。

頑張ります!!
2012.07.06 22:17 | URL | #- [edit]
kite says..."とっし~  さんへ"
はじめまして。
おお、同じ時期にチューブラーデビューですね。
私も、再来週辺りにシェイクダウンを計画しています。

>・・・バルブコア部分が外れなくなり、タイヤの根元から外すようになったので、ホイールに装着した後からシーラントは入れられないのでは?

構造的にはそうですね。
そこで、先にコメントをくれた「チューブラータイヤ」の先輩、TaQさんのコメントにある『筒型のバルブエクステンション』が役に立ちます。
私は、シマノのホイールに付属していましたが、「バルブエクステンダー」と云う名称で売っているようです。

>NOTUBEの注射器wの先の金具を取り外して、 チューブラーにねじ込めるエクステンションをつけていました。

この方法も有るようですが、NOTUBEのインジェクターは結構大きいので、小型のスポイト、或いは注射器を
使って入れる手も有るようです。
この週末、100円ショップで少し探してみようと思います。

この辺り、又記事をアップしますね。

とっし~ さんのチューブラーの乗り心地、今度教えてください。
2012.07.06 22:30 | URL | #- [edit]
とっし~ says...""
kiteさん、

参考になりました。ここら辺の記事のアップ、ぜひよろしくお願いします(^^)v

チューブラーはまだ試走で50Km程度しか走っていないしホイールも違うので何とも言えませんが、
確実にわかるのは、以前よりしなやかになって乗り心地が良くなったと思います。
早くロングに行ってみたいですね。

ただ、空気の抜けはやっぱり早いです(笑)
イニシャルの空気圧をどの程度にしておくか、色々確かめてみないと。
2012.07.08 15:44 | URL | #aIpetG2Q [edit]
kite says..."とっし~  さんへ"
参考になって何よりです。
私は、来週チョッとしたロングライドを計画していて、流石にそこにいきなりニューホイールとチューブラーを持ち込む冒険はできないので、チューブラーデビューはその後です。
結果として、シェイクダウンまで変に間が空いてしまっています。(笑)

今日近所のホームセンターを覗いたら、5cc程度の手ごろなスポイトが有りました。
もう少し容量の大きいのがあればベストかな。。
パンク → バルブ外し →バルブエクステンダー装着 → シーラント送入 →バルブエクステンダー外し → バルブコア装着 → エアー送入 
やはり、結構手が掛かりますね。(笑)

2012.07.08 21:53 | URL | #- [edit]
えふ says...""
ラテックスにシーラントは、
チューブから染み出るかもね。
2012.07.11 17:54 | URL | #bxvF113M [edit]
kite says..."えふ さんへ"
はじめまして。
コメント、ありがとうございました。

>チューブから染み出るかもね。

調べてみると、ラテックスの空気抜けが改善されたと言う報告が結構ありますね。
流石のラテックスも、シーラントを通すほどではなさそうです。

まあ、何事も経験ですね。
2012.07.12 21:37 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/207-d7fdb0b1
該当の記事は見つかりませんでした。