FC2ブログ

凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

梅雨空とイングリッシュガーデンの妙 【浄妙寺 石窯ガーデンテラス】 

浄妙寺にある「石窯ガーデンテラス」、鎌倉ではかなり有名で、
報国寺や瑞泉寺によく足を運ぶ私にとっては凄く気になる存在でした。


今回は、
色々な偶然(幸運?)が重なって、初めて訪問する事ができました。


今回は訪問した時間の関係で、スコーンと紅茶を頂きましたが、
とても素敵な場所ですね。。。

次は、自慢のランチを食べに再訪したいと思います。


s_DSC02108.jpg

今年初めて見かけたこの紫陽花、とても気に入りました。


s_DSC02115_20120617173709.jpg
 
 
 

 
 
 
比較的余裕のある駐車場から、参道を経て本堂に向います。
鎌倉五山のひとつと云う事も有り、浄明寺の本堂は流石に立派。

ネコ君と戯れる男性、暫し待っても、どうしても退いてくれませんでした。(笑)

s_DSC02094.jpg


別名ネコ寺とも呼ばれる浄妙寺、
現在確認されているだけで7匹のネコ君が居るようです。

ネットでググると、浄妙寺、ネコで沢山記事が出てきます。。。


これが、かの有名な 浄妙寺のボスネコ「ソックス君」 かな。

自己紹介してくれるわけでもなく、雨で濡れたのか。。毛づくろいに夢中です。

s_DSC02095.jpg


何時までも、ネコ遊びもして居られないので、
お庭を見ながら、高台にある「石窯ガーデンテラス」に向います。

s_DSC02156.jpg

紫陽花の花に囲まれて。。。


最初は、ギフトショップ周辺の写真を撮りながら様子を見る積りが。。。

パンを石窯で焼く甘く香ばしい香りに誘われて。。。
ランチタイムにはまだ間がある午前10時、
まあいいいか、入ってみます。

時々雨脚が強くなるお天気のせいか、流石に訪問客もまばらでした。



店内に入ると、先ずは正面の綺麗なイングリッシュガーデン、
そのガーデンに溶け込んだ様なテラス席が目に止まります。


私はウッドデッキや、年を経て色の落ちた椅子、テーブルに弱いんですよ。

席の選択を聞かれ、迷わずこのテラス席に。
時折強く降る雨が中までふき込んできますが、この景色をみていたら気になりません。

でも、これだけのガーデンパラソルが皆閉じているのって、
なんとなくユーモラスですよね。

s_DSC02122.jpg


スコーンが焼きあがるのを待つ間に、雨が小降りになりました。

早速、ご自慢のイングリッシュガーデンを暫し散策。

s_DSC02140.jpg


イングリッシュガーデンを楽しむのには、
日本庭園のように、座って眺めるのではなく、歩いて、花の傍によって楽しむのが
ポイントと言う事です。

ローズガーデンとハーブガーデン、どちらも私の大好きな花です。


真紅のバラが、雨に濡れてこんなに光っています。
雨に濡れて萎むどころか、雨まで味方につけて美しさを増すバラの花に乾杯です。

s_DSC02139_20120617173814.jpg


小さな池を囲むように、ハーブや紫陽花の花が咲き誇ります。

s_DSC02146.jpg


ガーデンから振り返ると「90年近い歴史を刻んだ洋館を改装したという、美しい館」
全景が目に入ります。

s_DSC02138.jpg

s_DSC02142.jpg


のんびりと、ガーデンを歩きながら写真を撮っていたら、
スコーンが焼きあがりました。


甘く、香ばしく、サクッとした食感のスコーンはとても美味しい。
でも、更に驚いたのはこのブルーベリージャム。

曰く、
完全無農薬・無添加の手作りブルーベリージャムです。
「工房グラティア」はヨーロッパで学んだノウハウを活かし、長野県原村でジャム作りをしています。

との事ですが、これはジャムと云うより、このまま食べられるスウィーツですね。

s_DSC02147.jpg

スコーンには、コーヒーではなく紅茶でしょう。
と云う事で、すっかり英国風に。。。。

この紅茶、此方のオリジナルブレンド、と云う事で、

ガーデンの風景を感じる香り。

・Flora… フローラ
最高級ニルギリにジャスミンの華やかな香りをブレンドしたオリジナル紅茶。
しっかりとした味に清々しい香り、ジャスミンとの相乗効果をお楽しみください。

との事です。

s_DSC02148.jpg


ポットいっぱいの紅茶の味と香りを楽しみ、
雨に濡れたイングリッシュガーデンと紫陽花の花を愛でる。

この時間は未だお客も少なく、この景色、時間を独り占めさせてもらいました。

s_DSC02153.jpg

こうした庭を見るとき、
多くのカップルはカウンターに座るように隣り合うのかな。。。
こんな配置の席もありました。


此方は、石窯用の焚き木置き場ですね。

樹の種類で香りが変わると言いますが、何の樹を使っているのでしょうね。

s_DSC02152_20120617173855.jpg


浄妙寺の「石窯ガーデンテラス。」
とても、心地よい時間を過ごす事ができました。

普段のランチタイムは凄い人出との事ですから、今日と印象が変わってしまうかな。

此処から帰る頃、ランチを楽しむ方たちが沢山坂を登ってきていました。


梅雨真っ最中の土曜日の鎌倉、
紫陽花とお寺と、素敵なイングリッシュガーデンを堪能致しました。

s_DSC02109.jpg



最後に番外編:

この浄妙寺にある「石窯ガーデンテラス」、このブログだけ読んだ方には、
鎌倉にある素敵なガーデンテラスのお話で終わるのですが、
やはりポイントは、浄妙寺と云う鎌倉五山の第五位の寺院の中にあると言う点ですね。

以下は証拠写真です。(笑)

s_DSC02130 (1)

(オーナーの)住職の方が、この館の手入れの工事の打ち合わせを隣のテーブルでしていました。
ええ、確りお坊さんでした、

そうだ、此処はお寺だった!と自分のいる場所に気がつきました。




ランキングに参加しています。
宜しかったら、ポチッと応援をお願い致します。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村
 




スポンサーサイト



12 Comments

ぐりん says...""
ああ~
食べログでチェックしていたお店ですよ~
きれいな写真でお店の雰囲気もよくわかりますね
機会があったら行ってみます

リンクの件
こちらこそよろしくです
2012.06.17 23:42 | URL | #9hmBG4Us [edit]
まるお says...""
いや~鎌倉は奥が深い^^
私の知らない場所ばかりです。
今度本格的に探索しないとイケないですね^^
ガイドブック買って行こうかな~
2012.06.18 09:22 | URL | #- [edit]
kite says..."ぐりんさんへ"
最近はかなり小さなお店でも、「食べログ」に載っていますね。

ええ、此処はお奨めでした。
かなり沢山のテーブルが用意されていますが、昼時はかなり待たされるようです。
混雑時に来たら少し印象が変わったかもしれませんが、接客、料理共に満足できるレベルでした。

季節の花を楽しみに、また鎌倉まで来てくださいませ。
2012.06.18 21:42 | URL | #- [edit]
kite says..."まるおさんへ"
ええ、知っている積りでも、初めて訪れたお寺の素敵なお庭に驚いたり、知らぬ間に素敵なレストランができていたり。。。
確かに、鎌倉はおくが深いですね。。。

過去の知識とネットがあれば。。。
と思っていましたが、やはりキチンとした知識を得たくて、私も昨年の秋、ガイドブックを買いました。(笑)

小町通りも、江ノ電の沿線も、歩いていると思わぬ散歩道を見つけます。
2012.06.18 21:47 | URL | #- [edit]
loverock says...""
素敵な時間を過ごされたんですね。

読んでいるこちらも、焼きたてスコーンをいただいてお庭を散策したような気分になれました。ありがとうございます♪

私の食い倒れ日記とはえらい違いだ・・・(汗)
2012.06.18 23:25 | URL | #- [edit]
kite says..."loverock さんへ"
コメント、ありがとうございます。

混雑を避けて、雨脚の強まった朝早い時間、鎌倉の駅からの交通の不便な場所を選んだ甲斐がありました。(笑)
梅雨時に鎌倉の紫陽花を、これほど静かな素敵な場所で楽しめるとは思いませんでした。
正直、スコーンって少しぱさついた食感が苦手だったのですが、此方の焼き上げたばかりの上質のスコーンは別物でした。

いえいえ、
loverockさんの淡路島のガールズライド(笑)のブログは、とても楽しく読ませていただきました。
また気軽にお寄り下さい。
2012.06.19 21:47 | URL | #- [edit]
あらしだ says...""
本当に素敵なところですね。機会があれば是非行ってみたいものですが…遠い;;

深紅のバラ、鮮血の様な、とも言えそうなそんなに濃い赤は、初めて見たかもしれません。

良いですね、スコーン。私も久々に作りたくなりました。
そんなに美味しそうに焼けないけれど…。食べてみたい。

ハーブガーデンも素晴らしいですが、何より住職さんのスキンヘッドが輝いて見えます(笑
2012.06.20 21:53 | URL | #- [edit]
kite says..."あらしださん へ"
そうですね、私が京都の美味しそうなお店を見た時に感じる距離感かなぁ・・

この真紅のバラ、何の画像の加工もしていません(笑)。
本当に雨に濡れて輝いていましたが、此処で見たままの鮮やかさで写真に残っていました。
余り焼きたてのスコーンを食べた記憶がなかったのですが、香ばしくて、とても素敵な食感、このブルーベリージャムとの組み合わせは、チョッとしたものでした。

ええ、
この住職さんが隣でずっと打ち合わせをしていて・・・
お寺らしさを入れるにはこれしかない、とシャッターチャンスを狙っていました。(笑)
2012.06.20 22:34 | URL | #- [edit]
tac-phen says...""
以前鎌倉をポタリングした時時間がなくてほとんど回れませんでした。

こんな素敵なところがあるんですね。

ほんと英国っぽい庭で優雅ですよね。

ブログランキング、ポチリ。
2012.06.21 14:30 | URL | #99DFA69w [edit]
kite says..."Tac-phen さんへ"
コメント、ありがとうございました。

鎌倉まで来て時間がなかったのは、勿体無かったですね。
同じ古都でも、京都に比べて随分規模の小さな街ので、鎌倉は裏へ裏へと発展して(笑)、事前に調べてから行かないと、良さが分かり難い点があるかと思います。

今度また来る機会が有りましたら、事前にご連絡頂ければ、素敵な場所もご紹介いたしますよ。
2012.06.21 22:43 | URL | #- [edit]
りら says..."kite様"
URL貼って下さりありがとう
とても魅力的なスペースですね
現在は電車に乗る気分にはなれませんが・・・
いつか行ってみたいと思いました
ご紹介下さりありがとう
2020.07.12 15:21 | URL | #sSHoJftA [edit]
kite says..."りらさんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます

イギリス人の専任のガーデンデザイナーがいて、季節に応じた庭を見せてくれます
YEGの様な規模はありませんが、食事やお茶を楽しみながらこのガーデンを見られる贅沢
機会があったら是非訪問してみて下さい
2020.07.14 20:26 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/197-aef22f7c
該当の記事は見つかりませんでした。