凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

初夏! 宮ヶ瀬~裏ヤビツ 丹沢の山懐を走ってきました ♪♪

6月、そろそろ梅雨の足音が聞こえてきますね。
これから暫くは、週末の天気予報頼りのライドが続きます。

でも、明日は「第9回Mt.富士ヒルクライム」、
多くのローディーさんが楽しみにする一大イベントですから、お天気が持つと良いですね。


猫の目のように変わる週間予報に見切りをつけて、
今日は裏ヤビツライド、明日はお天気に左右されない映画鑑賞にしましたが、
正解だったな。

少し汗ばむほどの陽気の中、気持ちよく走ってくることができました。


帰りに湘南にある実家に届け物があったので、
今日はロードバイクを車に積んで、伊勢原をデポ地にする事にしました。


s_DSC01822_20120602200418.jpg
【宮ヶ瀬湖 虹の大橋より清川村方面を臨む】



s_DSC01851.jpg
【裏ヤビツに沿って流れる渓流 :滝の音が心地よい】
 
 
 

 
 
伊勢原から先ずは七沢を抜け、清川村から宮ヶ瀬まで約20キロの上り坂。
此処で300mほど標高を稼ぎます。


この間、3,4%程度の傾斜で山の合間を抜ける道はとても気持ちよいですね。


でも、宮ヶ瀬湖まであと一息と言う所で現れる2キロほどの坂、
7,8%が暫し続いて、最後は12%まできつくなります。

この坂を越えると視界が開け、宮ヶ瀬湖が左手に広がります。


s_DSC01818.jpg

とても穏やかなお天気、時折湖を渡ってくる風が、汗ばんだ体にとても気持ちよいです。
湖は今は渇水期、今年の梅雨は雨は多いのかな。。


向こう岸に見える道路が、ヤビツに向う道です。
途中のコンビニで買ったおにぎりを食べて、此処で暫し小休止。

この宮ヶ瀬湖は標高350m。
昨夜ガーミンの高度補正をしたので今日はヤビツで正確に高度を示してくれますかどうか。


s_DSC01811.jpg

昨年の秋、此処で紅葉狩りライドをした時は宮ヶ瀬湖を一周してから裏ヤビツに入りましたが、
今日はそのままヤビツに向います。

この夏、この先の道志道を山中湖まで走りたい!!


s_DSC01831.jpg


本当は、
この裏ヤビツには、美しい新緑の時期に来たかったのですが、
体調不良で、約一月遅れの裏ヤビツ詣でになってしまいました。


流石にもう6月ですから、緑は大分濃くなっています。
深呼吸すると、針葉樹を中心とした清涼な森の香りが一杯です。


s_DSC01842_20120602200415.jpg


此処から300mほど高度を上げる上り坂は、宮ヶ瀬湖に注ぐこの渓流に沿っての峠道。

昨年初めて走った時、清々しいこの林道を走る心地よさに酔いしれましたが、
かなり路面が荒れ、路肩もかなり傷ついているのが気になりました。

でも、今日走ってみたら危ない箇所は結構整備されていました。

キャンプ、渓流釣り、ロードバイク等々・・
この道を楽しむ人も増えていますから、この道が整備されるのはとても嬉しいです。


s_DSC01845.jpg


時折現れるバイクが去った後に訪れる静寂。

渓流の流れの音が聞こえてきます。

う~~ん、ロードバイクで森林浴、とても気持ちよい。

s_DSC01848.jpg


5月下旬、丹沢地方はかなりの大雨の降った時期も有りましたから、
川床にはその頃の流れの跡が残っています。

s_DSC01859.jpg


時折走ってくる自動車がすれ違える場所が一部にはありますが、
それ以外は、ほぼこうした林道を走ります。


s_DSC01860_20120602200505.jpg



清川村から宮ヶ瀬は、古くからのキャンプ地が沢山あります。
私も高校生の頃。友人と幾度かお世話になりました。

でも最近の若い人、
デイキャンプ、バーベキューはしますが、あまりバンガローでキャンプはしないのかな。

こちらのキャンプ場、鱒釣りの設備やバーベキューの設備まで整っていますが、
休業中のようですね。

s_DSC01854.jpg


この辺りで標高550m、表からヤビツに登ったローディーさん達と時折すれ違います。

s_DSC01868.jpg


きまぐれ茶屋まであと少し、
と云う辺りで気を惹かれる廃屋風の建物を見つけて写真を撮りました。


一応何かを管理するための建物の様ですが、中に入ると鳥居と小さな祠がありました。


s_DSC01872.jpg


こう云う寄り道ばかりするので、どうしても単独行になっちゃうのですね。(笑)

この辺り楓の樹がすごく多かったので、晩秋の頃も良さそうですね。

s_DSC01876.jpg


さて、此処まで進行方向左に流れていた渓流がサイドチェンジして、右に変わる辺りからヤビツの本格的なヒルクライム。


この標高600mからヤビツ峠のある標高761mまでが、かなりきつくなります。

7、8%から 最高が12%まで、九十九折の道を頑張って登ります。


でも、水汲み場の前の壁は本当にキツイ。
最初見たとき、本当に壁に見えました。

で、
このキツイ坂を登ったご褒美にこの美味しい湧き水が飲めるのでしょう。


昨年来た時もそうでしたが、
この水汲み場、業務用に持ち帰る車が何時も止まっていて、チョッと写真を撮り難い雰囲気。


昨年此処で水を汲んでいた居酒屋のオヤジさん、
この水で割った焼酎は最高で止められない、と言っていました。

火照った体には此処の水、本当に美味しいです。

s_DSC01880.jpg


この水汲み場から1.5キロでヤビツ峠に到着です。


山の天気は午後は変わり易いので、今日は朝早く出かけてきたのでこの時点で11時。
数名のローディーさんが休んでいました。


ガーミンの高度計、数mの誤差であっていました。
昨年は、此処で650mを表示していて、あと100m上がる積りでテンパッテいました。(笑)

s_DSC01888.jpg



さて、此処から名古木交差点まで、650mほど下ります。
ヤビツ峠では少し肌寒いくらいでしたが、高度が下がるに従いかなり蒸し暑くなります。


246号で左折し、善波峠を越えて伊勢原へ。
全工程で約60キロのライド、とても気持ちの良かった。


来週の週末は、会社の仲間と東京湾のカサゴ釣り。

その後は、鎌倉の紫陽花ライドかな。。。



ランキングに参加しています。
宜しかったら、ポチッと応援をお願い致します。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村
 

スポンサーサイト

8 Comments

じじやや says...""
ハードな道行ってますね~
私は、宮ヶ瀬に行く時に、まだここは早い、今の私のレベルじゃまだ無理だ。と思いながら通り過ぎてます。
でも、見るからに路面状態も良さそうですしいいですね~
2012.06.02 23:31 | URL | #- [edit]
まるお says...""
裏ヤビツ森林浴ライドお疲れ様です。
この道はのんびり走るのにホント良いですよね~
林道に渓流のおまけが付いて2倍楽しい^^
でも、山蛭には注意らしいです。
2012.06.03 16:33 | URL | #- [edit]
kite says..."じじやや さんへ"
> ハードな道行ってますね~

いえいえ、今年の夏は何とか「じじややさん」の様に、天下の険、箱根に挑戦したいと思います。
ヤビツも裏からですとのんびりと景色を見ながら上がるのにいいですよ。

夏場も木洩れ日を浴びながら走るコースは快適そうですが。。。
山ヒルやてんとう虫、様々な昆虫が湧く場合があるとのこと。(笑)
山の自然は人の自由にはなりませんからね。



2012.06.03 18:29 | URL | #- [edit]
kite says..."まるおさんへ"
林道、渓流に、モツ煮やアンパンのおまけまで付けば、云う事ないですね。(笑)

深い自然の残る山場ですから。。。
でも、山ヒルですか?
昨日も、林道で大きな毛虫がぶらぶらしているのは幾度か見ましたが、丹沢では蜂や昆虫が大発生する事もあるようですね。
これから夏場は、気をつけて走りましょう。



2012.06.03 18:35 | URL | #- [edit]
sum says..."緑がキレイ!"
やはり、裏ヤビツは今が一番いい季節ですよねー
裏ヤビツは紅葉する木が少ないから、私は新緑の今がお気にです。

夏の道志みちは、遮るものが無くて炎天下はきついですよ。
行くなら、裏ヤビツと違って紅葉の秋がおススメです!
2012.06.03 19:14 | URL | #- [edit]
kite says..."sum さんへ"
初夏の陽射しの下、木洩れ日を受けて走る林道は気持ちが良いですね。
確かに昨年の紅葉狩ライド、時期が早かったせいもありますが、富士五湖のような感激はなかったです。

遮るものがないと、道志みちは夏は辛そうですね。
富士五湖に至る道、と云うと私のとっての季語は夏なのですが。。。(笑)

お奨めに従い、秋風に乗って走れる季節に計画してみたいと思います。

夏は早朝のうちに走る半日コースか、輪行で高原を走るしかないですね。
2012.06.03 22:23 | URL | #- [edit]
あらしだ says...""
エメラルドグリーンと言うのでしょうか、湖の色が綺麗ですね。
清々しい風と香りがここまで伝わってきそうなフォトです。
2012.06.06 20:12 | URL | #- [edit]
kite says..."あらしださん へ"
山上の湖にエメラルドグリーンってミスマッチの様ですが、藻で汚れたようなグリーンではないので、エメラルドグリーンって表現が相応しい気がします。

この丹沢の山、針葉樹が多いせいか、森の傍を走ると、とても清涼な香りがします。
ロードバイクで静かに山懐に入ってゆくと、森が優しく受入れてくれる気がします。

でも、時々山蛭が出るそうですけど。。。(苦笑)
2012.06.06 23:08 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/189-e644dc03
該当の記事は見つかりませんでした。