凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

Shamal Ultra 2-Way Fit  初走行して来ました。

今日も一日、ハッキリしないお天気でしたね。

こんなお天気でしたが、楽しみにしていたシャマルの初試走に向け昨晩最終点検を終えたので、予定通りに出かけることにしました。

思えば(自分の段取りの悪さ故なのですが(笑))・・・Wiggleからこのホイールがが届いて以来3週間近くが経過していました。


一番の難所だったのは、ラテックスチューブの挿入でした。
(本ブログでの)既報の通り、このチューブ、カンパのホイールに苛められました。(笑)

ラテックスチューブはそのしなやかささゆえ、新しいタイヤと2-Way Fit タイプのホイールにすんなりと入ってくれず、タイヤを押し込む時に挟み込みをしてしまい、結果として2本のチューブを無駄にしてしまいました。

何事も経験、2本のラテックスチューブはその経験を積む為の授業料でした。


今回手を加えた部分は、昨晩何度かチェックをして問題なく作業できている自信はありましたが。。。

公道で何かトラブルが出たら、自分だけでなく周りの人の命にも関わるだけに、藤沢の御馴染みのショップで初期点検をお願いする事にしました。


s_DSC00409.jpg



御馴染みのショップとはいえ、Wiggleで購入したものなのに、大変ずうずうしいお願いでしたが・・・
快くホイール周りをチェックして頂き、『良く出来ました』を貰いました。(笑)



今日は、午後から自宅で用事があるので約2時間程度の限定サイクリング。

と云う事で、
自宅から境川SCまで約5キロ、其処から藤沢まで15キロ、その後は江ノ島か鎌倉を周って帰る予定、全部で50キロ足らずかな。。。

で、点検が済むまで抑え気味にして。。。なんて思惑は、1キロ走ったらすっ飛びました。(笑)


カンパのホイールのファーストインプレッション、昨日までに沢山のブログを読ませて頂き、過度な期待は禁物、私のようなレベルでその差が分かるのかなぁ・・・と思いながら、先ずは自宅から平坦な道を走り始めました。


最近、人の評価をする時、『のびしろ』と云う言葉を使いますよね。
未熟と言っては差しさわりのある場合、あえて期待値の高さに注目して使う言葉。

との注釈を加えた上で・・・(笑い)
のびしろのタップリある、私のような人間にとって、シャマルは走り出して直ぐにその良さが実感できる素敵なホイールでした。


私の旧ホイールはクアトロのアルテグラ仕様に標準装備される「MOst Wildcat F3」、これはカンパニョーロのカムシンのORM製品との事。

デザインこそシャマルに近似性はありますが、2つのホールを持ち比べると凄随分と重いホイールでした。
今回のシャマルのファーストインプレ(シャマル+GP4000S+ラテックスチューブ)は、この旧ホイールとミシュランPRO3レースの組み合わせとの相対評価になります。


比較的客観的な事実に基づく感想(本当?)で云うと、

・ペダルを止めた後の自走時、スピードが中々落ちない。
境川SCで前を走るロードバイクの集団の後ろを走ったとき、その差は歴然としていました。
セラミックのベアリングの効果なのでしょうか?

・平地走行時、旧ホイールとの比較で、同じ走力で3,4キロ早く走れる。
境川SCで、普段意識的に28キロ前後で走行する2キロほどの区間があるのですが、此処を無理なく32、33キロで走る事ができたときにこの差を感じました。

・走り始めの加速力の違い。
『35キロからの加速が違う』と言った感想を聞いて、35キロからの加速なんて私には殆ど縁のない世界(笑)と思っていましたが、停止状態からの踏み出しの加速、特に此処でダンシングした時、明らかに加速に差を感じました。


ショップでの点検を終えた後、自宅までの帰り道、少し頑張って走ってみての全く個人的な感想。

上の感想との大きな視点、客観性の違いはないですね。。(笑)
分けて記述する意味はなかったけど、書き直しは大変なので、我慢して読んで下さい。


・平地で40キロの走行が出来た。
私のような貧脚ローディーにとって、平地40キロと言うのは相当もがいて、もがいて瞬間的に(笑)届く速度域でしたが、今日は比較的容易に出来ましたねぇ・・・今更ながら、頑張ればもう少し行けるかな。。と云う気持ちになれました。

・足より先に心拍に来た。
私の場合、心拍を心配する以前に足が売り切れるのが普通なのですが、ホイールのお陰で足がついてくるからか、少し高速で巡航した時に心拍が持たなくなる、と言った事態を経験しました。(僅かな期間でしたが。。)

・ヒルクライムも少し頑張れそう。(笑)
登り坂が苦手な私にとって、サイクリングを終えて丘の上にある自宅(標高90メートルです)に戻るのが大変。
今日は、3から5%の上りが1500メートルほど続く坂を登って帰宅しましたが、うん、これは違う!!
この夏はスプロケを換えて、ヒルクライムも少し頑張るか!と云う気持ちにしてくれました。



短い時間、距離の走行で、拙いファーストインプレッションになってしまい、皆さんのお役にも立たないレビューですが、経験値の低い、のびしろのタップリあるローディーの視点と云う事でご理解下さい。


でも、私自身は次の週末にこのホイールで何時ものコースを走るのが待ち遠しい!
そんな嬉しい感想を持つ事ができました。

カンパニョ-ロ・シャマル、購入してよかったです!!


シャマル リアホイール 


s_DSC00404.jpg


ランキングに参加しています。押して頂けると、更新のモチベーションが上がります!お手数ですがポチッっとクリックお願いします。




にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村










スポンサーサイト

4 Comments

まるお says...""
いや~分かります^^
いいホイールを履いた時の感動^^
全然違いますよね~
コレを読んで、セラミックベアリングへの物欲が出てきてしまいました。レーシング3は出来るようなので次の楽しみですww
2011.06.27 11:22 | URL | #- [edit]
kite says..."こんばんは"
まるおさん、コメントありがとうございました。

ホイールの違いが分かるかな。。。と少し不安だっただけに、良いホイールに巡り合えてとても嬉しいです。

セラミックベアリングの効果かどうかは分かりませんが、ペタリングをとめた後の自走状態には驚きました。


昨日は短い試走だったので、今度の週末に確り乗り込みます。

2011.06.27 21:07 | URL | #- [edit]
なおちまる says...""
自分もホイールの違いを感じられるか心配しましたが、どん館な自分でも分かって安心しました!
やはり良いホイールにすると更にテンションあがりますよね!

自分もまだ試走しかしてないので、今度三浦半島一周したいと思ってます!
2011.06.28 08:45 | URL | #wKydAIho [edit]
kite says..."こんばんは"
なおちまるさん、コメントありがとうございます。

そう、ホイールが変わった後、感触が少しでも分かるように、此処2週間ほどは、何時も走るコースを舐めるように(笑い)、その走りを確かめておきました。

その甲斐あって、ホイールの差が凄く良く分かりました。


なおちまるさんは、ローラー専用ホイールの準備も出来て、梅雨時もトレーニングが出来て良いですね。。。
秋のレースに向けて準備万端ですか?

三浦半島サイクリングの様子をまたお知らせ下さい。

では、
2011.06.28 22:24 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/18-733a00a8
該当の記事は見つかりませんでした。