凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

クアトロとサドル選び

天気予報では、横浜は土曜日は午後から雨になり、日曜日はほぼ一日曇り・・との事だったので、昨日はロードバイクの手入れをして、今日シャマルの初走行の予定でしたが、昨日の方がずっとお天気良かったですね。

雨は今日にずれ込むのかな。。


さて、昨日クアトロの手入れをしていたら、サドルの汚れが気になりました。
フレームのホワイトに合わせて、バーテープ、サドル共にホワイトにしたので、汚れは覚悟の上だったのですが。。。やはり気になる。

サドルを中性洗剤で拭きながら、このサドルを選んだ経過を思い出しました。
 

クアトロに標準装備されていたサドルは、例によって目玉のついたMOst製、このサドル、試乗した時からスッキリしなかったのですが、いずれ馴染むだろうと高を括り、お尻の痛みを我慢しながら暫く乗っていました。

しかし初めてのロングライド、城ヶ島往復をしたとき、復路では我慢できないほどの痛みに、ダンシングを交えながら何とか帰宅しました。

が・・・
腰痛に起因する坐骨神経痛を発症。
結局、2週間近く会社を休み、整形外科、整体、鍼、MRI,ブロック注射・・・随分色々経験しました。


s_DSC00303.jpg

近所に評判の良い整形外科医の先生がいたので、色々アドバイスを受けながらリファビリをしました。

オリンピック選手のケアもするスポーツ医療を得意とする先生、私のロードバイクに乗りたい、と云う気持ちを汲んでくれて、無理をするな!じっとしていろ!と云う治療でなく、体幹を鍛えて腰痛に打ち勝ちましょう!と言った治療方針だったのでとてもありがたかった。


冬場は腰痛持ちの方に激しい運動に向かないので、暖かくなる来春に向けて準備しましょう。
と云う事で、程ほどに体を鍛えつつ(笑)、お尻の痛くならないサドル選びに執念を燃やしました。


1台目のGIANTのバイクに標準装備されていたサドルでは、100キロを越えても痛みを感じたことはなかったし、クアトロ購入の際には無理のないセッティングをしてもらったので、やはり諸悪の根源はこのサドル!!

s_DSC00401.jpg


このサドルに満足されてる皆さんにはごめんなさい。
完全な逆恨みですので。。(笑)


でも、ネットを検索してみて、お尻の痛みを回避するためにサドル選びに苦労する方の何と多い事か・・・
色々なサドルが推薦されていますが、当然のことながら、最後は貴方のお尻との相性次第、最後は自己責任でね、と結ばれています。(笑)

コンフォート系と称する、余りに『格好なんてどうでも良い!!』に振ったサドルを選ぶ位ならば、一台目のロードバイクのサドルに乗れば良いので、ピナレロのデザインが許容してくれる範囲で、私のお尻を受入れてくれるサドル。
なんか卑猥な表現でゴメンなさい。(笑)


お尻の痛みの場合、必ずしもクッション性だけが事を左右するわけではなく、適度な堅さも必要。。。


ショップの店長にも相談しながら、あれこれ選んでは没!を繰り返し、
フィジークのアリオネ、セライタリアのSLRに未練を残しつつ、今のサドル『SELLE ITALIA(セライタリア) MAXFLITE Gel Flow(マックスフライト ゲルフロー)』


でも!
購入された方が、後ろから見ると焼き鳥の『ぼんじり』を思い出し食べたくなる。。
との印象を書かれているのを見て、思わずキャンセルしたくなりましたが(笑)、尻が痛いのだから、ぼんじり結構!!と開き直り、今に至っています。


結果として、半日で130キロ程度走った限り、お尻の痛みは全く無くなりました。
ポジションを確り出してゆけば、とても快適に走れそうです。
デザインも想ったほどボリュームがなく、クアトロも受入れてくれたようです。

GIANTのサドルが大丈夫でピナレロのサドルが自分のお尻に合わなかった事で、友人からは、
『貴方の尻は典型的なアジア人の尻であり、キュートなイタリア人の尻を想定したMOstのサドルに拒絶されたわけだ。』と、簡潔にして残酷な論評をされました。


で、この友人の論評を聞き、昔の少しすっぱいエピソードを思い出しました。

もう10年以上も前の事、仕事でイタリアのミラノに行った時、同行した同僚が奥さんから『是非ミラノで良い靴を買っていらっしゃい』と云われたとの事で、休日に靴選びに付き合いました。


駐在員の方の推薦を受けてミラノ市内の有名なイタリアンシューズの店に勇んで出かけたのですが、、
店内に入るなり、驚き!!流石に凄く素晴らしい対応でした。


若い女性のシューフィッターさんが、同僚を椅子に座らせ、色々な靴を合わせてくれるのですが、カーペットに膝をついて、同僚の臭い(ウソ(笑))足を手に持って、靴と合わせてくれる。

明るい茶系のシンプルなローファー、と言った注文に、本当に此方が恐縮するくらい一生懸命選んでくれる。


でもね、同僚の足は典型的な昔の日本人の足、ばんびろ甲高。
彼女の選んでくる、イタリア人の足にならばフィットする靴を、同僚の足は悉く拒絶する。 (笑)


いや。。正確には、靴が同僚の足を拒絶する。
暫くやってみて、諦めを含んだ彼女の困った顔をみて、諦める事にしました。

結局、ミラノ市内のデパートで日本人の足も受入れくれる靴を買って帰りましたが。。。


正直、辛かったし、恥かしかったし、彼女に悪かった。。。って同僚が云っていましたが、私も同じ気持ちで横に立っていました。
この時の、濃厚な居心地の悪かった思いを思い出しました。


長い、ムダ話で失礼しました。
 
さて、お天気は持ちそうなので、シャマルの初試走に行ってきます。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

2 Comments

まるお says...""
私も典型的日本人なんで、ヘルメットはOGK以外はダメでした(*_*)
だからアンカーのサドルは大丈夫なのかと思ってましたが、どっかの外国メーカーのOEMなんですね~
結局私はケツ肉が厚いので大丈夫って結論になりましたww
2011.06.26 09:21 | URL | #- [edit]
kite31 says...""
最近はは、ブランド物も何処かのOEM製と云うケースが多くて、うかつなウンチクも並べられませんね。。(笑)

まるおさんのヤビツへのお勧めコース、今度走って見ようと思います。

夏場は塩分補給が大事ですね。


2011.06.26 23:55 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/17-a5ddcd36
該当の記事は見つかりませんでした。