fc2ブログ
凧と浜風

初秋の千畳敷カールへ (2)

2022/09/30
中央アルプス 2
初秋の千畳敷カールへ 
(2)では、今回の登山の核心部、千畳敷カールから乗越浄土迄の景色を中心に纏めました

此処は、スニーカーを履いた観光客でも少し頑張れば登れるコースです
それだけに滑り易い所には必要な防護がなされています
でも、草紅葉、そしてナナカマドなどなどが織りなす紅葉の時期には凄い混雑となるようです

ss-DSC01584.jpg乗越浄土から千畳敷カールを見下ろします
幾度見ても感嘆する景色、雲海の向こうには南アルプスが少し見えています
................................................................

(1)にも記しましたが、
この登山路から見下ろす景色が素晴らしいので、つづら折りの角で幾度も写真を撮ってしまいます
ホテルの建物、雲海、南アルプス、宝剣岳...少しづつアングルが変わるのですが
家で写真整理をすると、同じ写真が沢山写っている印象(苦笑)
これは、登山写真での「あるある」ですね
ss-DSC01515_20220928071020da8.jpg

正面が宝剣岳、登山路は此処から大きく右に曲がってゆきます
ss-DSC01516_2022092807102133c.jpg

この山域は地形的にガスが発生しやすいようですね
ss-DSC01524_202209280710389b4.jpg

南アルプスの間から富士山も見えていました
ss-DSC01513.jpg

若い登山者ならば、頑張れば一気に登れる距離ですが....
後半、段々坂が急になってゆくので要注意
ss-DSC01527_20220928071040538.jpg

少し急になった最後の登山路から見返した景色です
ss-DSC01544.jpg


ss-DSC01556_20220928071110192.jpg


ss-DSC01548.jpg


ss-DSC01551_202209280711086ed.jpg


最後の部分は岩が大きく、角度も急でかなり危険なので、補強されたコースを歩きます
ss-DSC01565_202209280711101c3.jpg

乗越浄土に到着しました
ss-DSC01572.jpg

乗越浄土のこの「傾いた道標」がとても気に入っています
何時までも直さないで欲しいです(笑)
ss-DSC01577.jpg

東方向は伊那前岳に向かう稜線です
ss-DSC01574.jpg

西方向は宝剣岳、この景色前に皆さんほっと一息です
ss-DSC01578.jpg

此処は東西南北どの方向を向いても素敵な景色に出会えます
ss-DSC01585.jpg


宝剣山荘でテント場の手続きをしながら山の様子、天気予報などを確認しました
何と、天狗荘(左赤屋根の山小屋)、駒ヶ岳頂上山荘(テント場のある山小屋)は閉鎖中
でも、テント場では水場、トイレは稼働しているとの事でした

明日は木曽駒ケ岳の山域は荒れ模様になるので早めに動いた方が良いとアドバイスされました
小屋で話を聞く前後で雨がぱらついてきました
過去2度登っているので今回は「宝剣岳」アタックは諦めました

テント場に向けて宝剣山荘、天狗荘、宝剣岳を背に、中岳に登ります
ss-DSC01595.jpg

初秋の千畳敷カールへ (2) でした

実は2日目、と言うかこの後の夜半から(予報通り)山は大荒れになりました
その為、2日目に写真はほぼゼロなのでつぎの(3)が最終稿となります



【凧と浜風】 お付き合い頂きありがとうございました 
そっとクリック、応援して頂けると嬉しいです 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


スポンサーサイト



Comments 2

There are no comments yet.

Uncle Ed

こんにちは♪

ちょうど三年前、木曽駒に登っていました。綺麗な画像を観ながら
懐かしい思い出がよみがえりましたよ! ちょうど紅葉の時期だったので
登山者が多くいました。たまたま、千畳敷カールを登っているときに
撮影クルーと出会ったのですが、なんの撮影なのか分かりませんでしたが
後から来た若い女子が「川田裕美アナンサーだった」と云っていたこと
を覚えています。我々は乗越浄土の手前のきつい登りに差し掛かっていた
のでゆとりなく(笑)、そのまま山行を続けました。

乗越浄土を越えてから、木曽駒山頂を見って「まだか~」と思いいつ(笑)、
登頂しました(;^_^A  そして山頂から乗越まで下山して、我々は伊那前岳まで
行く予定でしたので、その稜線を歩いている途中で、また撮影クルーと出会ったのでした。
狭い稜線だったのでコースを譲ってくれて助かったのですが、その時にはじめて
「川田裕美アナと小椋久美子」と分かったのでした。バトミントンの小椋久美子さんですね。
それはNHKの秋の100名山の撮影だったのです。後からテレビを見て驚きました(笑)
当地では昨日も再放送をしていたのでまた見てしまいました(笑)





2022/10/02 (Sun) 13:25
kite31

kite

Uncle Ed さんへ

こんにちは、コメントありがとうございます

素晴らしい出会いがあってよかったですね(笑)

私は三度目の千畳敷カール、宝剣岳に2度、木曽駒ケ岳に1度登っているので、
今回は2日目の荒天で大幅に予定を変更して登山を諦める事も比較的容易でした

但し、初めて歩く予定で諦めた「伊那前岳」に至る稜線歩きはとても残念でした
100名山に登ると、結構いろんな出会いがありますね

私は奥秩父で「田中陽希」さんと1日違いで同じコースを歩いた事があります
TVで見て、ア!この次の日に此処を歩いた...と気づきました

2022/10/02 (Sun) 17:02
中央アルプス