fc2ブログ
凧と浜風

晩夏の百名山へ 大菩薩嶺の稜線歩き

2022/09/25
高尾・奥多摩・秩父 0
色々と手を焼かされた今年の夏も漸く終盤、
この週末は、朝晩の空気の中に「秋」をはっきりと感じる様になりましたね

久し振りに週末に「晴れマーク」を見つけた9月の中旬、
初秋の爽やかな風に吹かれながら富士山を眺めたくて「大菩薩」に行って参りました

晩夏の百名山へ 大菩薩嶺の稜線歩き 
アップする写真が少し多めですが、何とか1編で纏めてみます

ss-DSC01365.jpg
大菩薩の稜線から眺める「奥秩父の山並み」、「大菩薩湖」、そして「富士山」です

..........................................................................



9月も「お彼岸」までは、夏の名残を感じますね
台風一過、近場の山の天気予報を見ると久し振りに晴れマークが並んでいます

丹沢、富士山麓、高尾、奥秩父、奥多摩などなど
それぞれの山からの眺めをイメージして一番惹かれたのが「大菩薩嶺の稜線歩き」、
本当は、紅葉の美しい時期まで此処は取っておきたい気持ちもありましたが
一番に脳裏に浮かんだので....
直感に従って大菩薩へと出かけてみる事にしました

身近な主な山域は6月に登山計画を策定しておいたので、早速「大菩薩嶺」を広げてみます

今回が4回目の大菩薩嶺なので、登山計画に余り迷いはありません
先ずはロッジ長兵衛から「福ちゃん荘」へ、
其処からいつもは反時計回りに大菩薩峠→大菩薩嶺へとトレッキングするのですが、
今回は時計回り、最初にカラマツ尾根を登って大菩薩嶺に向かって進む事に致しました
大菩薩嶺


前回来た時は絶好の登山日和に休日だったので、
職員の方の誘導で此処から少し離れた臨時駐車場に移動しましたが、
この日はロッジ長兵衛前の駐車場に停められました
ss-DSC01292_20220925092100352.jpg

歩き始めの唐松尾根の林道はとても気持ちの良い登山コースです
本当は、唐松の黄葉の映える晩秋に歩きたいコースです
ss-DSC01297_2022092509210949d.jpg

樹林の切れ目から南アルプスが見えています
ss-DSC01307_202209250921100d6.jpg


登山口から約1時間半
最期の30分がかなりの急登になるので、いつもは此処を下るルートにしています
この急登で森林限界を迎えるので、振り返ると一気に視界が開けます
雲上の霊峰富士.... 心が洗われます
ss-DSC01324_20220925092110ae2.jpg

岩場を越え、残り10分ほどで稜線に出ます
ss-DSC01329.jpg

「雷岩」に到着です
此処で標高は2000m少々、爽やかな初秋の風が火照った頬に心地よい
ss-DSC01335_202209250921378a8.jpg

甲州市の街並みの向こうには南アルプスの山々が見えています
ss-DSC01336_202209250921412f6.jpg

この大岩が大菩薩嶺のシンボルの一つ「雷岩」です
少し高い場所で眺めは良いのですが、凸凹が激しくて座り難い岩です(笑)
ss-DSC01343_202209250921421f9.jpg

この時期、山に登るとこの様に透明感のある大気と抜ける様な真っ青な秋空に魅せられます
ss-DSC01352_20220925092144f3f.jpg

ケルン越しの富士山です
ss-DSC01344_20220925092144462.jpg

あそこには面白いアングルがあるのでしょうか?
少し滑稽なポーズで撮影していました
ss-DSC01357.jpg

稜線は穏やかでしたが、麓から結構雲が湧いていました
ダイナミックな雲の動きは見飽きないです
ss-DSC01367_2022092509220722a.jpg

先刻の登山者の撮影アングルはこれだったようです
ss-DSC01369.jpg

なだらかな下りが大菩薩峠まで続きます
此方からのルートですと、常の富士山を正面に見ながら歩くので良いですね
ss-DSC01379.jpg

真っ青な青空、飛行機雲の直線的な軌跡が面白いですね
ss-DSC01389_20220925092228475.jpg

鞍部に避難小屋のある「賽の河原」です
この「賽の河原」と言う地名、結構山間部では見かけます
ss-DSC01391.jpg

賽の河原を越えて登った先にあるのが「親不知の頭」
チョット稜線から突き出た平地になっていて、休憩するのに最適です
此処で軽く昼食を頂いた後、大菩薩峠に下ってゆきます
ss-DSC01411_20220925092236903.jpg

大菩薩峠の道標に到着
此処で稜線が終わり、福ちゃん荘に向かって樹林を下って行く事になります
ss-DSC01423.jpg

途中で山ガールさんが樹林を撮影していました
何かと思ったら.....、林を指さしてくれたのでそっと覗いたら鹿の群れがお食事中でした
ss-DSC01428.jpg

奥秩父の山間部は丹沢の様な植林された針葉樹林ではなく、
人の手の入っていない原生林が続きます
ss-DSC01436.jpg

廃墟となった富士見山荘
庭の方は重機が入って取り壊していたので、此処も新しくなるのかもしれませんね
ss-DSC01451_20220925092303541.jpg

晩夏の百名山へ 大菩薩嶺の稜線歩き でした

今シーズンは奥秩父に幾度来たかなぁ...
「瑞牆山」、「乾徳山」、「茅ヶ岳」、そしてこの日の「大菩薩嶺」
4座中2座は悪天候でしたから、結構打率は低いですね(笑)

次は先週出掛けた「中央アルプス 千畳敷カール~木曽駒ケ岳」のテント泊登山の記事になります


【凧と浜風】 お付き合い頂きありがとうございました 
そっとクリック、応援して頂けると嬉しいです 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
高尾・奥多摩・秩父