FC2ブログ

凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

時空を超えた花 古代蓮の里へ

初夏を彩った「紫陽花」が終わると、間もなく季節は盛夏
今年は梅雨が長そうですが、この季節の花と言う事で「蓮」の撮影をして参りました

数年前に初めて訪問して美しい蓮に出会えた行田市の「古代蓮の里」
生憎と今年は家を出るのが遅く、古代蓮の見頃の時間には間に合いませんでしたが
里に咲く沢山の蓮の花で「紫陽花」の次の季節を感じる事が出来ました

ss-DSC_0904.jpg
蓮の花はやはり淡い色どりが似合いますね
....................................................................................




公共事業の工事現場で発見された「古代蓮の種」が発芽し、蓮の群生を成した「古代蓮の里」
地層の放射性炭素測定によると1400~3000年前の種と推測され
古代蓮=「時空を超えた花」と大きな話題となりました

古代蓮の里にある広大な蓮池も見応えたっぷりですが、此処に併設された「世界の蓮」が並ぶ蓮池
この古代蓮の里でなければ見られない蓮も素晴らしい姿を見せてくれました


この展望タワーは蓮池の水面から花茎が立ち上がっている様子をイメージしたもの
また展望室から見える展示室部分は、蓮の葉をイメージしているとの事
今年は中止になりましたが、このタワーから眺める「田んぼアート」も有名です
ss-DSC_0767.jpg

7時頃にこの花に出会えたら....、とチョット残念な気持ちで蓮池を回りましたが
蒸し暑く、気温が上昇するなか、健気に咲いていてくれた「古代蓮」達です
ss-DSC_0790.jpg

ss-DSC_0799.jpg

行田ハスは濃いピンク色の一重咲きの花を咲かせます
花径は25~28cmの大型種、花弁数は13~18枚と少なめで横から見たつぼみは楕円形
葉心角は120度~130度と小さいのが特徴で、植物学的に極めて貴重なもの、との事です
ss-DSC_0806.jpg


以前来た時も古代蓮に劣らず楽しませてくれたのが「世界の花蓮」
古代蓮に比べ強靭な花を咲かせている印象で、蒸し暑さや強い風にも凛とした姿を見せてくれました

この「世界の蓮」の植えられた池で見られる蓮の種類は40種、2万株の蓮が植えられています
個々の名前はとても覚えられませんが此処では蓮の色、花弁の数、花の大きさによって区分されています

ss-DSC_0725_20200714094549e24.jpg

酔妃蓮(すいひれん):爪紅蓮系統、大型 一重、花弁 20枚前後
白万々(はくまんまん):白蓮系統、大型 八重、花弁 100~120枚
舞妃蓮(まいひれん:黄紅蓮系統、大型 一重、花弁 20~25枚
剣舞蓮(けんまいれん):白系統、大型 一重、花弁 18~20枚
....など 名前を見ているだけで楽しくなってきますね

個々の蓮にコメントも不要なので、美しい蓮の姿をお楽しみください

ss-DSC_0734.jpg

ss-DSC_0744.jpg

ss-DSC_0746.jpg

ss-DSC_0757.jpg

ss-DSC_0822.jpg

ss-DSC_0835_2020071409461248d.jpg

ss-DSC_0870.jpg

ss-DSC_0880_20200714094615a08.jpg

ss-DSC_0884.jpg

蓮の花と言うのは様々な神話に出てくるほど、ミステリアスな存在の様です

蓮(ハス)の花言葉は「清らかな心」「神聖」
泥の中から出てきて清らかな美しい花を咲かせる、蓮の花らしい花言葉ですね

また、蓮の葉は水を弾くという特徴があります
これは蓮の葉の表面が特殊構造になっていて水滴を浸透させずに落としてしまうから、
これを「ロータス効果」と呼び、この効果で蓮の葉が濡れる事も葉の表面上が汚れる事もないそうです

蓮の事を調べると、色々と好奇心をそそるお話が出てきます
永い眠りから覚めた古代蓮、やはり神秘的な花ですね



【凧と浜風】 お付き合い頂きありがとうございました 
そっとクリック、応援して頂けると嬉しいです 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ



スポンサーサイト



4 Comments

さゆうさん says...""
近んちは。
古代ハスの素晴しさ、美しさまさしく「時空を超えた」と言う言葉がぴったりです。
また、「世界の花蓮」いろんな蓮の解説ありがとうございます。近くにハス田が無いだけに
見比べる事が出来ないです。
道東はハスが育たないです。夏は冷涼で最高気温が30℃にいかない事もあり、冬になると地表から
30センチは凍るので無理ですね。
2020.07.16 13:36 | URL | #- [edit]
kite says..."さゆうさんへ"
おはようございます、コメントありがとうございます

古代蓮、と言う響きにロマンを感じる人も多い様ですが、
1500~3000年の眠りから覚めて花を咲かせた、と言うのはすごいですね

確かに、さゆうさんがお住まいの北の大地では、蓮は生き残りなかったでしょうね

蓮は世界各地の神話に登場するそうてすが、そうすると北欧の神話には登場できないかも知れませんね
2020.07.19 06:20 | URL | #- [edit]
りら says..."kite様"
私もこの地に撮影に行ったことがあります
竹の棒が見える蓮の花が咲く場所は古代蓮の里に入ってすぐの場所ですよね
白い蓮の花で形も個性的な花が多いですよね
早朝に自宅を出られたのだと思います
ご努力をされましたね
蓮の花はご存じのように4日間の儚い命です
それを健気に咲く蓮の花が綺麗に描写されています

2020.07.19 16:58 | URL | #sSHoJftA [edit]
kite says..."りらさんへ"
おはようごじあます、コメントありがとうございます

蓮の撮影したい、と思ったら、この行田の古代蓮の里は外せませんね
そうです、世界の蓮が植えられた蓮池が駐車場の傍にあります

数年前に行ったときに比べ、都内の道路網が整備されて時間短縮されましたが
横浜から行田は遠かったです

蓮の花に纏わるお話は色々あって興味深いですね
2020.07.20 09:00 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/1125-1c097b31
該当の記事は見つかりませんでした。