FC2ブログ

凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

古都鎌倉 梅雨に咲く七変化(2)

古都鎌倉 梅雨に咲く七変化(2)では、浄妙寺と妙本寺を巡ります

ロードバイクを卒業する前は、混雑する季節の鎌倉を軽快なフットワークで回っていましたが、
コロナのリスクのある今、公共機関を使って紫陽花の季節に鎌倉を巡るのは少し抵抗がありますね

ss-DSC_0667_20200701100015820.jpg
浄妙寺の境内にある「石窯ガーデンテラス」
イングリッシュガーデンと石窯で焼いたスコーンが名物です
..............................................................................




鎌倉五山の第五位「浄妙寺」
鶴岡八幡宮から東京湾に面した金沢まで続く「塩の道」沿いにあるお寺です
ss-DSC_0704.jpg

浄妙寺の境内には色々と見所があります
鎌倉古道を使ったハイキングコースのある衣張山(きぬはりやま)を南に眺める丘があります
この丘に続く小径が「山紫陽花の小径」、自然のままの紫陽花の姿に惹かれます
ss-DSC_0651_20200701095948efe.jpg

ss-DSC_0654.jpg

ss-DSC_0661_20200701095949868.jpg

それと今の浄妙寺を有名にしているのが境内にある「石窯ガーデンテラス」
最初はとても違和感のあった英と和の融合、今はそのアンマッチを楽しんでいます
ss-DSC_0648.jpg

ss-DSC_0692.jpg

この石窯ガーデンテラスはアナベルが沢山咲き誇る事でも有名です
ss-DSC_0691.jpg

ss-DSC_0671_20200701100016f0e.jpg

座り心地の良いガーデンセット
毎年、紫陽花の季節にここにきて写真を撮っていますが、
こうして、木製のイスとテーブルが老いて行くのを眺めるのも興味深いです
ss-DSC_0680_20200701100019d72.jpg

ガーデンテラスのレストランの前に広がるイングリッシュガーデンが見ものですが、
この庭を管理するニコラスさんご夫妻が営業するガーデンショップが「NICO GARDEN SHOP」
ss-DSC_0684.jpg

このガーデンではアナベル以外の紫陽花もとてもよく手入れされています
ss-DSC_0689.jpg

ss-DSC_0665_20200701100012e23.jpg

ss-DSC_0693_202007011000443d9.jpg

ss-DSC_0698_202007011000459ac.jpg

家の傍で「凌霄花(ノウゼンカズラ)」が美しい橙色の花を咲かせていました
この花の季節になると、行きたくなるお寺が「妙本寺」です
石段を登った先に見える朱色の「二天門」、緑にとても映える門です
ss-DSC_0713.jpg

残念ながら、妙本寺の凌霄花の盛りはもう少し先の様でした
ss-DSC_0720.jpg

鎌倉のお寺の中ではとても印象的な大伽藍、この祖師堂の佇まいは素敵ですね
ss-DSC_0722.jpg


古都鎌倉 梅雨に咲く七変化
今年は半ば諦めていた鎌倉の紫陽花巡りを楽しむ事が出来ました

6月以降、このまま暫しコロナ禍も落ち着くかと思ったら、今週に入って怪しくなってきましたね
今はまだ、危ういバランスの上にある日常生活であることを再認識しました

私のニューノーマル、未だ手探り状態ですが、ボチボチとカメラを持って出かけたいと思います


【凧と浜風】 お付き合い頂きありがとうございました 
そっとクリック、応援して頂けると嬉しいです 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


スポンサーサイト



4 Comments

葉月 says...""
古都鎌倉は本当に紫陽花がよく似合いますね。
和の中の洋の雰囲気も流石お洒落な街です。
昨年紫陽花の季節に訪れた鎌倉のお寺は人で大渋滞でしたが、
今年はいくらか静かだったのでしょうか。
私も電車に乗って出掛けるのは、気が引けてしまいます。
梅雨明けが早そうなので、今月は夏山に行けるかな?と考えてしまいますが、
先が読めなくて本当に難しいですね...。
2020.07.04 10:44 | URL | #- [edit]
kite says..."葉月さんへ"
おはようございます、コメントありがとうございます

流石に自粛期間は小町通も人が少なかったようですが、
規制解除後は紫陽花名所はかなり混雑したようです
雨の降る梅雨寒の日だったので、比較的空いている鎌倉を楽しむ事ができました

浄妙寺の石窯ガーデンテラスはとてもお洒落なレストランで休日は予約なしではかなり待つようです
個人的には、料理の味がもうひと頑張り、ですがイングリッシュガーデンを楽しめるテラス席はお奨めです

そうですね、
7月から尾瀬も規制解除、北アルプスに山小屋も7月下旬から営業を始めるようですが
今年は車で行ってテント泊、のスタイルでしょうか?


2020.07.05 06:48 | URL | #- [edit]
りら says..."kite31様"
1枚目
浄妙寺の境内には素敵な洋館が存在していたのですね
イングリッシュガーデンまであるのですね
アナベルの花がとても綺麗です
木製のベンチもいいですね

2枚目
浄妙寺の屋根の形状の美に魅かれますね

3枚目
額紫陽花の装飾花と葉が濡れてとても綺麗です

6枚目
石窯ガーデンテラスの表示板もお洒落ですね
その周りにある紫陽花の種類も多彩です

7枚目
緑溢れるスペースですね
道や右手の大樹等
素晴らしい構図です

8枚目
洋瓦にスタッコ仕上げ風のファサード
一部の窓は上げ下げ窓
魅惑的な建築ですね

9枚目
咲き始めはライムグリーン
咲きほこる頃は白
アナベルの個性が表現されています
ベンチの入れ込み撮影もいいですね

11枚目
「NICO GARDEN SHOP」・・・何時か訪問してみたいです

12枚目
真花が咲き始めていますね
とても可愛いです

お写真拝見して浄妙寺に何時か行ってみたいと思いました
紹介して下さりありがとう
2020.07.05 17:56 | URL | #sSHoJftA [edit]
kite says..."りらさんへ"
おはようございます、コメントありがとうございます

りらさんは、浄妙寺には行かれたことがないのですね?
鶴岡八幡宮から東京湾に面した金沢に向かう「塩の道」、鎌倉時代に製塩で栄えた金沢から
鎌倉幕府へ塩を運んだそうです

この塩の道に沿って鎌倉市街から少し離れるので、アクセスはあまりよくないですが
竹の寺「報国寺」の向かい側にあるので、此処に来ると二つのお寺を参拝できると思います

8年前に初めてこの「石窯ガーデンテラス」に行った時の記事がありました
良かったら覗いて見てください
http://kite31.blog81.fc2.com/blog-entry-197.html



2020.07.06 07:23 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/1123-834de9f8
該当の記事は見つかりませんでした。