FC2ブログ

凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

富士山に会いたくて Solo Camp @ 本栖湖(1)

先日の「Solo Camp  Debut  @ 箱根・芦ノ湖」の記事ですが、
アップするのが遅れましたが、あれは10月初旬に箱根に行った時のものでした

箱根でSolo Camp の様子が分かったので、次は人気のキャンプ場に出かけて見ることにしました
選んだキャンプ場は富士山を正面にみる本栖湖の「浩庵キャンプ場」
噂に違わず、とても素晴らしい眺めのキャンプサイトでした

ss-DSC_6578.jpg
湖畔に陣取ったキャンパー達の色鮮やかなテント群
此処は本栖湖を挟んで佇立する富士の姿を終日眺める事のできる絶好の立地です
.................................................................................................



湖水(或いは渓流)と樹林と名山、この三つがキャンパーに人気のキャンプ場の立地条件でしょうか
富士山麓の紅葉が見頃を迎える少し前、この三つの揃った人気のキャンプ場に行く事にしました

山中湖、河口湖、西湖、精進湖、本栖湖、富士五湖の各湖はそれぞれの特徴がかなりハッキリしています
今回出かけた本栖湖は、五湖の中で最も水深が深く、透明度の高いと言う事でとても神秘性を感じられる湖です

この湖は三面を山に囲まれ、正面には青木ヶ原の樹海と大室山を前にした富士山を眺めます
そして、この本栖湖の最奥にある「浩庵キャンプ場」はとても評判の良いキャンプ場との事
では、Solo Campの第二弾 @本栖湖です 


本栖湖に向かう途中、河口湖湖畔の大石公園の「コキア」が見頃との事だったので寄ってみました
此処は以前から季節の花の咲き誇る公園でしたが、知らぬ間に花園が随分広がっていました
ss-DSC_6512.jpg 
河口湖の北に連なる山々が絵画の様な雰囲気でした
ss-DSC_6515_201811040854242be.jpg 
大石公園から見る富士山はとても美しいのですが、この日は完全に雲に隠れていました
ss-DSC_6536.jpg   

本栖湖北西にある展望台から見る富士山は、千円札や五千円札に描かれた富士山のモデルとなった事で有名です
今回お世話になる「浩庵キャンプ場」はこの見晴台から湖岸に降りた先にあります
ss-DSC_6544_20181104085441063.jpg 

管理棟からキャンプサイトを眺めるとかなり混雑していて、湖岸はとてもテントの張るスペースがなさそうです
そこで管理人さんからこのキャンプ場の説明を受けた後、テントを張る場所のアドバイスを受けました

テントサイトは湖岸と林間に大別されますが、林間のテントサイトはかなり広くなっています
湖岸には朝早くからデイキャンプの人達が集う様で、夕暮れ時にはかなり空くそうです

今回は、広々した林間エリアの中で比較的湖に近い場所にテントを張ることにしました
このキャンプ場は全てフリースペース、キャンパーが互いの場所を調整してスペースを決めて行きます

大きな赤松の樹林の間に適当なスペースを見つけました
湖よりにテントを張った家族4人のキャンパーにご挨拶をしてからテント設営です
ss-DSC_6551.jpg

赤松の立派な樹林の中にいる安心感が感じられる場所でした
ss-DSC_6549.jpg  
テントサイトから本栖湖を見ると....
最近は湘南の海でも人気のスタンドアップパドルボード SUP(サップ)が大盛況
大きな富士山に向かって漕ぐのは爽快なのでしょうね
ss-DSC_6555.jpg 
手近な入り江ではいろいろな種類のカヌー(カヤック)が出ていました
この本栖湖、随分沢山のアクティビティーが用意されているそうです
ss-DSC_6572.jpg 
犬を乗せたカナディアンカヌー
ポスターに出てくるキャンパーそのまま...と言う感じですね
ss-DSC_6582_20181104085508cd0.jpg 
夕暮れ間近、漸く富士山が顔を出してくれました
ss-DSC_6594.jpg

林間のテントサイトの立地はとてもバラエティーに富んでいます
この樹林の外れのエリア、次は此処にテントを張りたいと思うような素晴らしい眺めの場所でした
ss-DSC_6591.jpg 
本栖湖から眺める美しく大きな富士山
今回はこの確り雪を纏った富士山に会うのが目的、明日の夜明けの姿が楽しみです
ss-DSC_6596.jpg 
此方のテントも素晴らしい場所に設営されていました
夕食のバーベキューでは、富士山が一番良く見える場所に炉の準備するそうです
ss-DSC_6597.jpg 
現在、手軽に「焚き火」が楽しめると言う「ファイアグリル」の購入準備中です
この「焚き火」が無いとSolo Campと認めてくれない雰囲気なので(笑)、次回は準備したいと思います

これまでテント泊登山で活躍してくれたイワタニプリムスのガスバーナー「P-153」
素晴らしい性能で満足していますが、Solo Campで使いたい少し大きな調理器を載せると安定しない不安があります
そこで今回購入したのがエクスプレス・スパイダーストーブⅡと言う分離型ストーブ
二つのストーブが手に入って、食事の準備が大分楽になりました
でも、これで更に「ファイアグリル」が入手できると、道具に追い立てられそうですね(笑)
ss-DSC_6611.jpg 
夕暮れ時、この日は鮮やかな夕陽を見る事はできませんでしたが
湖畔のキャンパーの方に挨拶をした後、この湖からの眺めを素晴らしさを語り合いました
ss-DSC_6623.jpg 
ss-DSC_6629.jpg 
湖畔に沢山集まっていたデイキャンプンの車が去ると、湖に静寂が戻ってきました
ss-DSC_6632.jpg 
富士山に会いたくて Solo Camp  @ 本栖湖(1)でした
その(2)では、夜明けの本栖湖を中心に纏めたいと思います
引き続きお付き合いください


【凧と浜風】 お付き合い頂きありがとうございました 
そっとクリック、応援して頂けると嬉しいです 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

スポンサーサイト

6 Comments

さゆうさん says...""
こんばんは。
こんなキャンプに憧れますねー。
富士山が見える場所でのキャンプ、何時かは実現するよう
頑張りたいですねー。
遠い道東から行って見たいです。
2018.11.07 16:36 | URL | #- [edit]
kisaku says...""
富士山を眺める最高のロケーションのキャンプ地ですね。
こういうキャンプも有りですね。
夜明けの本栖湖、楽しみにしてます。
2018.11.07 20:26 | URL | #mQop/nM. [edit]
kite says..."さゆうさんへ"
おはようございます、コメントありがとうございます

夕暮れ時の景色、朝テントから顔を出した時に見える景色
こうした経験をすると、キャンプが根強い人気を誇る理由がよく分かります

富士山麓は道路が整備されて、首都圏からの利便性がとても高まりました
ぜひ、さゆうさんも富士の見えるキャンプ場においでください
2018.11.08 06:54 | URL | #- [edit]
kite says..."kisaku さんへ"
おはようございます、コメントありがとうございます

テント泊登山で我慢していた快適性をソロキャンプで味わうと、来年の登山計画に支障が出ることが懸念されます(笑)
旅館を兼ねた管理棟や休憩所と距離があって、多少不便さはありますが、このキャンプサイトはこのロケーションが全てです

このキャンプサイトで見た夜明けの景色は神々しさを感じました
2018.11.08 06:58 | URL | #- [edit]
AzTak says...""
ものすごいロケーションです。病みつきになりそうですね。高性能のカメラとレンズと三脚とで、富士山をじっくり狙いたくなりますね。
しかし、夜半からは放射冷却で半端じゃない冷え込みに見舞われそうです。旅先で、することがなく早めに就寝したら、目が覚めた時に時間を確認した、まだ2:00くらいでした。ここだと、そんなときに星空観察の楽しみもありそうですね。
2018.11.09 12:39 | URL | #ba33.0Zs [edit]
kite says..."AzTak さんへ"
こんにちは、コメントありがとうございます

富士五湖周辺には、三脚を据えて刻々と変わる富士山の姿を取るカメラマンも多いです
座り心地の良い椅子で本を読み、ふとを上げると目の前にこの富士山が見えると言うシチュエーションは素晴らしかったです

晩秋ともなると、高原の夜の冷え込みはかなりのものです
でも7オートキャンプなので、厚めのシートを敷いたり高性能のシュラフに包まったり...と
贅沢ができるので、想いの外寒さは感じませんでした

星空の撮影は何時かチャレンジしたいと思っています
これからの季節、これを狙うカメラマンも多いでしょうね

2018.11.10 15:28 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/1023-40bd46a8
該当の記事は見つかりませんでした。