FC2ブログ

凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

表銀座パノラマライン縦走記 【速報版】

今年のチャレンジ登山として計画して来た憧れの【北アルプス・表銀座パノラマコース】
当初予定した8月末から半月余り前倒ししてお盆休みに実行しましたが......

色々と想定外の事態に見舞われ、残念ながら途中撤退を余儀なくされてしまいました
表銀座パノラマライン縦走記 先ずは【速報版】です

ss-DSC03120.jpg
激しい雷雨に見舞われた初日から一転
二日目の朝は素晴らしい好天に見舞われ、燕山荘から見る夜明けには感動致しました
.......................................................................................................





今年【チャレンジ登山】として計画した山旅は4つ
その内の3つを実行する積りで5月頃より計画を吟味、具体化していました

その中の一つ、当初8月末に計画した第一弾のチャレンジ:【北アルプス・表銀座パノラマコース】
中房温泉から燕(つばくろ)岳に登り、大天荘~常念小屋~常念岳~蝶槍~蝶ヶ岳を縦走し
最終日に上高地に戻る、と言う人気の北アルプス縦走コースです

【2泊3日の山小屋泊】で計画していましたが、8月下旬に色々な予定が入ってしまい
できれば避けたかったお盆休暇の真っ最中に出かける事になりました
この為、バス、山小屋の制約から3泊4日の山旅、それもテント泊でこのコース縦走をする事になりました

結果として「18キロのザック」を背負い、「水平移動距離33キロ」、「累計標高3200m」を歩くと言う
私にとって無謀とも思えるキツイコース設定となりました
更に、「ヤマテン(山の天気予報)」によると北アルプス一帯がお盆の間は天候が落ち着かないとの事

色々と不安な状況下でしたが、能天気に(笑)お盆の帰省で混雑するバスタ新宿を23時に出発しました
先ずは【速報版】、写真中心のピンポイントで、今回の山旅を振り返ります


1日目、途中の合戦小屋の辺りから急な豪雨に見舞われ、燕山荘に到着したのは12時過ぎ
余り広くないテントサイトはこの様に超満員でした
ss-DSC03076.jpg 
雨が小降りになると燕山荘に泊まった登山者は、少しでも景色を見ようと小屋の外に出てきます
ss-DSC03082.jpg 
強い風に雨雲が飛ばされ、正面の黒部源流の山並みがガスの間から見えた瞬間です
ss-DSC03092.jpg 
この日、燕(つばくろ)岳は最後まで顔を出してくれませんでした
ss-DSC03112_20180819191832cbd.jpg 

狭い傾斜した場所に、まともにペグを打てずに突貫で設営したテント
テントを打つ強い雨音と時折吹く強風に、余り眠れぬ夜を過ごしました
午前4時過ぎ、早起きの登山者の声に誘われてテントの外へ.......
 素晴らしい夜明けです!!ss-DSC03142.jpg

夜明け前の強い風がガスを吹き飛ばしてくれました
槍ヶ岳から、黒部源流の山々まで、正にパノラマラインが一望の下に見渡せました
ss-DSC03121.jpg 
燕山荘に泊まった登山者が続々と外に出てきます
ss-DSC03126.jpg 
朝日を浴びた槍ヶ岳は美しい!!
昨年9月にこの燕岳に登った時には、残念ながらこの槍を見ることができませんでした
ss-DSC03135_20180819191851b5b.jpg 
燕岳、昨年は雨の中で全く見通しの利かない状況で山頂を目指しました
今回は素晴らしい天候の下でこの名峰からの眺めを楽しむことができました
※ 詳細は本編にて
ss-DSC03138_2018081919185340d.jpg 
燕岳の名物「イルカ岩」越しに槍ヶ岳を眺めます
ss-DSC03168.jpg 
燕岳と言えば、この「コマクサ」の群生も有名です
見頃の時期を逸したと思っていましたが…… 、散りかけても尚気品あるその姿は美しい
ss-DSC03225.jpg 
今回の山旅で予定した【表銀座パノラマコース】のルートの様子を眺めます
重いザック、睡眠不足、不安定な天候....、この状況の下で上高地は遠かった(苦笑)
殆ど重量の減らないザックを抱え、合戦尾根を下る事に致しました
ss-DSC03210.jpg

燕山荘の代表的なアングル
燕岳を経由する縦走路が記された道標、山の名前を見るだけでワクワクしてきますね
来年、もう少し条件を整えて再挑戦です
ss-DSC03235.jpg 

今年のチャレンジ登山として計画して来た憧れの【北アルプス・表銀座パノラマコース】
速報版でした
この後は、2日間の山旅の様子を纏めた本編に続きます


【凧と浜風】 お付き合い頂きありがとうございました 
そっとクリック、応援して頂けると嬉しいです 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ




スポンサーサイト

6 Comments

senri32 says...""
私、丹沢山に行こうと思ってます。
2018.08.22 08:20 | URL | #- [edit]
さゆうさん says...""
おはようございます。

1枚目の絵、素晴しいですね。
人物の入れ方も良い所に入ってバランスがいいです。
他の絵も、山に登らなければ撮れない絵を見せて頂きありがとうございます。

観終わった後、気持ちがスキットしました。
2018.08.22 09:17 | URL | #- [edit]
kite says..."senri32 さんへ"
おはようございます、コメントありがとうございます

丹沢山ですか?
盛夏、丹沢山塊は余り涼しくないので、熱中症に気をつけて下さい

それとこの季節、丹沢はヤマヒルの被害が多くなります
登る山域の情報を事前に把握されたほうが良いかと思います

では、楽しい登山を楽しまれますように....
2018.08.23 06:47 | URL | #- [edit]
kite says..."さゆうさんへ"
おはようございます、コメントありがとうございます

初日は豪雨と雷、そして時折の強い風....
設営したテントも不安定で、かなり辛い時間を過ごしていただけに
翌朝迎えたこの日の出は感動的でした

これがあるから、山は止められないのですね...(笑)

どんなに辛い時間があっても、下界では見ることのできない一瞬を垣間見ただけで
辛い時簡の記憶が消えてしまう....

同じ時間を共有した人達と感動を分かち合えた瞬間でもありました

同じ感動をさゆうさんとも共有できて幸いです



2018.08.23 06:53 | URL | #- [edit]
sanbariki says...""
こんにちは
いつもありがとうございます
げげー18キロとはそれが凄い中房温泉〜燕迄の急な坂に長い
大天荘~常念小屋も急な坂で狭い所をザック18キロ
お見事 いつも愉しみに拝見次回が待ち遠しい
2018.08.24 12:42 | URL | #- [edit]
kite says..."sanbariki さんへ"
こんばんは、コメントありがとうございます

ザックの重量は極力減らしたのですが、3泊4日の縦走に備えて食料を準備したら18キロになりました
合戦尾根の急登は流石にきつかったです

速報に書いたように、
初日のこの急登で失った体力、不安定なテントで過ごした夜、翌日からの不安定なお天気...
歩き始めたら、上高地まで行くしかないルートなので、今回は此処で撤退しました

来年、山小屋泊で、もう少し空いた時期にチャレンジしたいと思います

2018.08.24 21:55 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/1006-9d45e7c6
該当の記事は見つかりませんでした。