FC2ブログ

凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

初めての中央アルプスへ 【本編4: 宝剣岳~千畳敷へ】

最終章となる「初めての中央アルプスへ 本編4」では
テントを撤収し、この日のメインイベントとなる「宝剣岳アタック」を行い
千畳敷からしらび平、駒ヶ根ICに至る帰路の記録となります

ss-DSC02191.jpg
宝剣岳:
宝剣岳の登山道は過去に多くの滑落事故が発生しており多くの人命が失われている
頂上を目指すには岩場を登る為の知識、登攀技術、標高の高い山の登山に適した服装や装備が必要、
との事
※ Wikipedia より
...........................................................................................





朝の木曽駒ヶ岳からの景色を楽しんだ後、テント場のある「駒ヶ岳頂上山荘」に戻り、
手早くテントを撤収した後、この後の計画を再確認致しました

夏休み中の山歩きのポイントの一つは学校を中心とした大人数グループを如何に避けるか?
これは時間管理の問題だけでなく、危険回避の面でも重要です
朝礼を終えた学校の先生にこの後の予定を確認すると、この後は真っ直ぐに千畳敷を目指すとの事
と言う事で、少し時間を置いて中学生の後に続きました

中岳からお世話になったテント場を振り返ります
木曽駒ヶ岳、中岳という3000m級の山の鞍部にあるこのテント場
朝の景色の素晴らしさに加え、水場、トイレ、テントサイト、とどれもとても快適に過ごせる設備でした
晩秋、千畳敷の草紅葉を見に又やって来たいと思いました
ss-DSC02313.jpg

中岳から宝剣山荘、そしてその向こうに聳える宝剣岳を望みます
ss-DSC02325.jpg


 宝剣山荘に荷物をデポさせて頂き、持参したヘルメットを被り登頂開始です
宝剣岳は、この宝剣山荘側から登るルートと極楽平側から登るルートがあり、極楽平ルートがより厳しいルート
今回は様子を見て、宝剣山荘→宝剣岳山頂→極楽平と縦走し、其処からピストンするルートも考えましたが
初めての宝剣岳なので、山頂での様子を見ることに致しました

ss-木曽駒ヶ岳


登坂開始、先ずは大きな岩の間を縫って登り始めます
ss-DSC02336.jpg

踊り場から振り返ると...、御嶽山と正対していますね
ss-DSC02340.jpg

穏やかに見える中岳も一歩登山路を外れるとかなり険しい岩稜となっています
ss-DSC02341.jpg

最初の難所、かなり長い鎖場ですが、足場が確りしているので恐怖感はありません
ss-DSC02343.jpg

カニのヨコバイです
此処も足場が確りしているので、殆ど問題ないと思いました
ss-DSC02354.jpg

山頂の大岩
必ずこの岩に登る人が居る...、と聞きましたが、この日はこの若者が頑張っていました
ss-DSC02353.jpg

こちらが極楽平方面の景色
特に難易度が高い訳でもなさそうですが、山頂からの距離が宝剣山荘側の約2倍
このルートをピストンで戻るのも余り惹かれないので、次回極楽平から縦走する事に致しました
ss-DSC02358_20180805204209d76.jpg

無事に宝剣岳の山頂までを往復して参りました
宝剣山荘で一休みした後、千畳敷を下る事に致します
ss-DSC02381.jpg

高山植物を愛でながら登山路を楽しむ....、と云った余裕が、今の私には無いですね(苦笑)
でもこうした愛らしい花が与えてくれる「癒し」のありがたさはとても感じしています
ss-DSC02378.jpg

真夏日、最後の登りは結構辛そうです
ss-DSC02387.jpg

広く、高く、爽やかな高原の風に吹かれて歩く千畳敷カールの景色は本当に素晴らしかった
ss-DSC02383.jpg

ss-DSC02400.jpg

ss-DSC02399.jpg


初めての中央アルプスへ 速報版~本編1,2,3、4
と長くお付き合い頂き、ありがとうございました

初夏の緑のカールとお花畑の魅力を堪能致しました
この後は、晩秋の景色に惹かれています



※ 先に告知したNG画像の件ですが、OS,ブラウザ、レタッチ...、と云った環境に左右されるようで、
FC2のツール、環境が主因ではなさそうです
他の方のブログを拝見した際、同様の症状が確認されたので、自分のブログ環境を変更することに致しました
どうもお騒がせ致しました

【凧と浜風】 お付き合い頂きありがとうございました 
そっとクリック、応援して頂けると嬉しいです 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ



スポンサーサイト

4 Comments

きさく says...""
久しぶりに見た中央アルプス木曽駒、宝剣の山でした。
ロープウェイやバスの待ち時間の長さに嫌気がさして最近は登っていませんでしたが、あそこでのテント泊は
なんか楽しそう(^^)。
実は初めての3000m峰は木曽駒でしたから、思い入れがあると言えばあるんですが....。
その時は下から一生懸命登りました。
もう今ではそんな元気も無くなってしまって....んにゃ!頑張ろ!
また行きたくなった虫がムズムズ(^^)。
2018.08.06 21:57 | URL | #mQop/nM. [edit]
さゆうさん says...""
こんにちは。

山の絵は何時見てもいいですねー。

目的地にたどり着くには、大変つらい目に合いながら

たどり着いた時の気持ちは格別なものがありますね。

今日も素敵な山の絵を見せて頂きありがとうです。
2018.08.07 13:51 | URL | #- [edit]
kite says..."きさくさんへ"
こんにちは、コメントありがとうございます

中央アルプスの辺りはきさくさんの方が近いかもしれませんね
中央高速が、諏訪湖から名古屋に向かって曲がった先と言うと...、感覚的に凄く遠い印象で(笑)
中々出かける機会がありませんでした

洗浄時期は人気の観光地、
確かにバスもロープウェイも何時も一杯の様で、山歩きには少しストレスがたまりますね

此処のテント場、あまり特徴は無いのですが、とても気持ちよい時間が過ごせました
初心者のテント泊に推薦されているだけの事はありますね

秋の紅葉の季節に又テント泊をするか?
日帰りで宝剣岳を縦走するか?少し迷っています



2018.08.08 14:50 | URL | #- [edit]
kite says..."さゆうさんへ"
こんにちは、コメントありがとうございます

とても有名な観光地になっている千畳敷
でも、其処から木曽駒ヶ岳や宝剣岳に登るには、結構キツイ坂がまっています

距離は短いのですが、急な坂の先が見えているので、結構心を折られる方も多いようで
私の登った日には、気温も高かったせいか、登山路で座り込んでいる方も多かった印象です

でも、この洗浄時期は登山路に入らずとも、散策路を歩きながらカールの景色を楽しむ事もできます
古くから、多くの方に愛された所以ですね

私は別の季節に又行きたくなりました


2018.08.08 14:55 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kite31.blog81.fc2.com/tb.php/1001-ce853dc0
該当の記事は見つかりませんでした。