凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

箱根の秋  金時山から明神ヶ岳縦走  

ハロウィンで盛り上がる街角で感じる「秋の深まり」
アルプスの山々では、もう晩秋から冬に向けての装いが進んでいるでしょうね

厳しい冬に向け、初心者を優しく迎えてくれる山は限られてきます
丹沢、箱根、伊豆  身近な山にて、これからの季節の魅力を再発見すべく 山旅を色々と検討中です


この日、箱根で一番の人気の山 「金時山」そして其処から明神ヶ岳に向けての縦走に行って参りました
約12キロのアップダウン、想いの外 歩き応えのあるコースでした


ss-DSC_2881_201510302121030ae.jpg
明神ヶ岳に向かうハコネダケに刻まれた登山路 人気のコースです


コースの概要  CT:標準的なコースタイム
       ● 公時(金時)神社の駐車場(標高:710m)に車を停め、其処から登山開始
       ● 公時神社分岐を経て金時山山頂(標高:1212m)へ  ※下記のマップで赤いライン           ※ CT 1:50
       ● 山頂から公時神社分岐まで戻り、其処から矢倉沢峠(標高:880m)へ  ※下記のマップで青いライン  ※ CT 0:55
       ● 矢倉沢峠からハコネダケのトンネルを抜けて、火打石岳へ  ※下記のマップで青いライン        ※ CT 1:10
       ● 火打石岳から明神ヶ岳山頂へ登坂    ※下記のマップで青いライン                 ※ CT 1:05
       ● 明神ヶ岳山頂にて昼食後、宮城野まで急坂を下る  ※下記のマップで緑のライン            ※ CT 1:50
       ● 宮城野から箱根登山バスで、公時神社の駐車場に戻る



ss-金時縦走
+印の辺りが 火打石岳

金時神社(標高:710m) - 金時山(標高:1212m) - 矢倉沢峠(標高:880m) 
- 火打石岳(標高:998m) - 明神ヶ岳(標高:1169m) - 宮城野(標高:458m)
...............................................................................................................

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。