凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

新春の自転車びと(続)  暮れなずむ稲村ガ崎にて ・・・

新春の自転車びと(続) 夕暮れ時の湘南の海辺です

暖かな一日だっただけに、綺麗な夕焼けが見られるか ・・・・ チョッと微妙な空模様
でも、気持ちのよい潮風に誘われ、材木座、由比ガ浜、稲村ガ崎、そして七里ガ浜
夕暮れ時の湘南の海辺を周ってみました



鶴岡八幡宮から海に向かって走ってゆくと由比ガ浜海岸

逗子よりの材木座から 稲村ガ崎に続く由比ガ浜
柔らかな夕暮れ時の光に包まれた海岸線は春を待ちわびる人で一杯でした
ss-DSC_6043.jpg


湘南の海辺で 「夕陽の名所」 と言えば稲村ガ崎
緩やかに弧を描く海岸線、江ノ島の後ろには箱根連山と富士山が夕陽に染まってゆきます



落日の時まで未だ暫くありますが、もうカメラマン達が三脚をセットしていました
サーファー達が楽しめる時間も あと僅か
ss-DSC_6130.jpg



この時間の波打ち際の景色は見飽きません
黄金色に染まる 波、砂そして飛沫
ss-DSC_6073.jpg



この季節、日の沈む方向は江ノ島よりずいぶん南になるようです
夕陽に向かってキャスト ・・・  夕まずめのラストチャンスに賭ける釣り人がひとり
ss-DSC_6120.jpg




夕暮れを待つ稲村ガ崎  夕陽を追いかけるように 光芒の中を疾走するヨットが一隻
ss-DSC_6100.jpg


ss-DSC_6059.jpg



ss-DSC_6107.jpg



静かな落日の時 ・・・・
オレンジ色の染まった大気の中  富士山が浮かんでいます
ss-DSC_6113.jpg



この日は、日が落ちるまで稲村ガ崎に居ることができまかったので
七里ガ浜から腰越に向かって移動します


七里ガ浜
サーファーが 最後の波を捉まえるべく 光芒の中に泳いでゆきました
ss-DSC_6123.jpg


腰越漁港
工事のフェンス越しに、日が落ちてゆきます
ss-DSC_6138.jpg



ここ数年、冬のライドを封印し、自転車の機動性を手放したために 
この季節ならではの海の風景を見る機会が減っていました

久しぶりに、夕暮れ時の湘南の海辺を走ってみて  忘れかけていた景色を見ることができました







【凧と浜風】 お付き合い頂き ありがとうございました
宜しければ  そっと応援して頂けると嬉しいです


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村     

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。