FC2ブログ

凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

Stay home で早一月半

コロナ禍の下、すっかりブログの更新が滞ってしまいました
アウトドアどころか、身近な外歩きも制約するとブログ更新のモチベーションがすっかり低下
写真・ブログ以外のインドアの趣味に没頭し、暫し時間を忘れていました

しかし、長かったトンネルの先に光明が見え始めてきた今、
外の空気、季節を思い出しつつ再始動の準備に入ることといたします
いつの間にか外の季節は初夏の香り.....、一月半余りの巣籠は長かったですね

今日は蔵出し写真から、春の横浜の散策記です
ss-DSC_5052_2020051010505297c.jpg
MM21さくら通り越しにインターコンチネンタルホテルを眺める
.................................................................................................



スポンサーサイト



久しぶりの箱根路へ

一昨日、緊急事態宣言が発令されました
これにより国民一人一人の良識が問われる事態になりました
危機的な状況から一日も早く脱却できる様、先ずは身近な所から賢く実践したいと思います

少し前の記事となりますが....
3月末に御殿場に所要があり、車で出かける事になりましたが
せっかくの好天、少し遠回りして箱根越えにて御殿場に向かう事にしました
箱根・富士山・駿河湾・伊豆半島....、気兼ねなく何処へでも出かけられる日が待ち遠しいです

ss-DSC09401.jpg
芦ノ湖スカイライン・山伏峠からの眺め
この日は真っ青な空をバックに南アルプスまで見えていました
......................................................................................





梅の園を訪ねて 湯河原・梅園(幕山公園)

今年の桜の開花は史上最速になるとか、
アルプスの山々の雪も例年比べてずいぶん少ないそうなので、今年は総じて暖冬だった様ですね
そうした中、桜の開花予報に追い立てられるように観梅散策へと出かけました
横浜の私の自宅から手ごろな梅園、梅林と言うと鎌倉、曽我、熱海、そして湯河原.....
何気なく開いた新聞で見かけた「梅の宴」の記事に誘われ、久しぶりに湯河原に出掛けてみました

ss-DSC_0218.jpg
湯河原の幕山の山麓に広がる梅林
梅の盛りの時期となる3月初旬まで、「梅の宴2020」が開催されていました
..........................................................................................



新春の古都鎌倉散策記

ここ数年、初詣は鎌倉の鶴岡八幡宮に行っていましたが今年は時機を逸していました
その代わりと言っては何ですが、初登山の折に行った箱根の公時神社で参拝したのが今年の初詣になりました

しかし年の始めに鎌倉に行かないと、何か忘れ物したような気分になるので....
蝋梅の開花の便りを聞き、北鎌倉から幾つかの寺社を参拝してまいりました

ss-DSC_0053.jpg
東慶寺の境内で魅せられた枯れ紫陽花の花(
初夏、この紫陽花は何色だったのでしょうね

.......................................................................................................



今年の紅葉巡り、此処が大トリでした ....「六義園」

本稿が今年最後の記事となります
本年も「凧と浜風」にお付き合い頂きありがとうございました

今年は「山登り」へのモチベーションにむらが生まれ、ブログの更新が滞った期間がありました
その間、更新のないこのブログを訪問して頂けた「ブロ友さん」の存在のありがたさを痛感した年でもありました

ブログの更新は義務ではなく、日々の楽しさの発見がそのエンジンであり
楽しさが薄れたスランプの間は無理せず、心に余裕が生まれるまでブログと程よい距離を置く事も肝要
そんな自然体でブログに向き合う事のできたのは一つの成長でしょうか....

令和の二年目となる来年、「凧と浜風」 引き続きお付き合い頂けたら幸いです

ss-DSC08003.jpg
【六義園 庭園】
川面を覆うように広がる見事な彩でした
.........................................................................................


このカテゴリーに該当する記事はありません。