凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

南アルプス・甲斐駒ヶ岳へテント泊登山  【本編】  

南アルプス・甲斐駒ヶ岳へテント泊登山  速報版に引き続いての【本編】となります 

速報版にてお伝えした通り、2度目の甲斐駒ヶ岳への登山も風と霧に祟られ DNF(Do  Not  Finish) に終わりました
でも、南アルプス・甲斐駒ヶ岳はとても魅力ある名峰、ピークハントは未完でも、素晴らしい景色を充分に堪能できました
そんな印象に残った山の景色を中心に、甲斐駒ヶ岳・登山レポートをお届けいたします

ss-DSC09088.jpg
仙水峠から駒津峰に向かうハイマツ地帯
強風の吹き荒ぶ稜線から見下ろした「谷から湧き立ち、うねり、鳳凰三山に向かい舞い上がる雲流」は見応えがありました
................................................................................................................

スポンサーサイト

南アルプス・甲斐駒ヶ岳へテント泊登山  【速報版】  

この夏予定する登山計画の中で、山小屋、テント泊と宿泊を伴う遠征の第一弾は「甲斐駒ヶ岳 テント泊登山」となりました

昨年10月、時間管理の拙さから山頂目前の8合目で時間切れとなってしまった南アルプスの「甲斐駒ヶ岳」への心残り
それ故、年頭からこの山に登る事で、今年の夏山シーズンのスタートを切りたいと思っていました

先ずは 南アルプス・甲斐駒ヶ岳へテント泊登山  【速報版】です
詳細の登山レポートは本編に譲り、速報版では印象に残った場面の写真を中心にお伝えします

ss-DSC09078.jpg
駒津峰を目指し、樹林帯を抜けてハイマツの茂る登山路に入ると、
山全体が花崗岩で覆われた甲斐駒ヶ岳の山頂と摩利支天(まりしてん 標高:2820m)が目の前に迫ってきます
................................................................................................................................................................

南アルプスの貴公子 「甲斐駒ケ岳へ」   下山の章

南アルプスの貴公子「甲斐駒ケ岳」へ  【後編】は、
南アルプスの山並みを楽しみながら山を下った記録を纏めた「下山の章」です
 
甲斐駒ヶ岳 登山記録の完結編、暫しお付き合いください


【登山の章】
芦安市営駐車場 -- 広河原バス停 -- 北沢峠:登山口 
甲斐駒ケ岳登山路 -- 双児山 -- 駒津峰 -- 六万石  -- 甲斐駒ケ岳山頂

※ 下記の地図の緑色のコース 




【下山の章】
六万石 -- 駒津峰 -- 仙水峠 -- 仙水小屋 -- 長衛小屋 -- こもれび山荘(泊)
-- 北沢峠 -- 広河原 -- 芦安市営駐車場

※ 下記の地図の紺色のコース ※※ 本日記事となります 
※ 下記地図の赤色のコースは、今回未踏のコースとなります


ss-memo4.jpg


ss-DSC_2133_2015102009501222b.jpg
Photo-1
駒津峰から仙水峠への下山の途中、幾度も振り返って「甲斐駒ケ岳」の姿を眺めていました
山頂から右手に伸びる「魔利支天」の頂も視野に入ってきました

.............................................................................................

南アルプスの貴公子 「甲斐駒ケ岳へ」  登山の章

南アルプスの貴公子 「甲斐駒ケ岳」へ
本編は登山の章、下山の章に分けて記事を纏めることに致しました


【登山の章】
芦安市営駐車場 -- 広河原バス停 -- 北沢峠:登山口 
甲斐駒ケ岳登山路 -- 双児山 -- 駒津峰 -- 六万石  -- 甲斐駒ケ岳山頂

※ 下記の地図の緑色のコース  ※※ 本日記事となります 
※ 下記地図の赤色のコースは、今回未踏のコースとなります


【下山の章】
六万石 -- 駒津峰 -- 仙水峠 -- 仙水小屋 -- 長衛小屋 -- こもれび山荘(泊)
-- 北沢峠 -- 広河原 -- 芦安市営駐車場

※ 下記の地図の紺色のコース



ss-memo4.jpg


ss-DSC_2134.jpg
Photo-1
秋空をバックにくっきりと浮かび上がる「甲斐駒ケ岳」 (駒津峰にて)
同じ白い花崗岩からなる山ながら、北アルプスの燕岳に比べ、この山の白く輝く岩肌は荒あらしく感じます

...........................................................................................................................

南アルプスの貴公子 「甲斐駒ケ岳へ」   速報版

秋の冷雨 寒い週末になりましたね

さて、天候が崩れる前の絶好の登山日和の中、初めての南アルプス「憧れの甲斐駒ケ岳」に行って参りました
先ずは速報版  コメント少なめで印象に残った写真を中心にアップします

ss-DSC_2116.jpg
Photo-1
四合目に当たる双児山山頂(標高:2649m)から仰ぎ見る甲斐駒ケ岳の雄姿  
その山体は白い花崗岩から成り、白く輝く岩肌は荒あらしく勇雄しい

...........................................................................................

このカテゴリーに該当する記事はありません。