FC2ブログ

凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

初秋の南アルプス 3度目の甲斐駒へ (3)

初秋の南アルプス 3度目の甲斐駒へ
第三章は仙水峠から甲斐駒ヶ岳山頂を目指した登山の記録、これが最終章です

3度目となった甲斐駒ヶ岳登山
4年前は初心者の悲しさ、登山計画が拙く山小屋の夕食時間との関係で途中でリタイア
一昨年は駒津嶺の手前の岩稜で天候が急変、途中で下山して来た登山者のアドバイスでリタイア
今回は過去二回の失敗の経験を活かし、天候、計画面の準備を整えてての登山でした

さて、今回の結果は....

ss-DSC07278.jpg
駒津峰から眺める南アルプス鳳凰三山、霊峰富士、そしてダイナミックに踊る雲海
この踊り場の端で急峻にキレ落ちた先に広がるこの景色、これが見たかったのです
..............................................................................................



スポンサーサイト



初秋の南アルプス 3度目の甲斐駒へ (2)

初秋の南アルプス 3度目の甲斐駒へ
第二章は甲斐駒ヶ岳への登山当日、テントサイトのある長衛小屋から仙水峠までの記録をまとめました 

南アルプス独特の景色、とても大きく、たおやかな山々、爽やかなシラビソの樹林、そして豊かな水と苔
そんな景色に囲まれてトレッキングのスタートです

ss-DSC07215.jpg
正面の山が、宇多田ヒカルさんが「サントリー南アルプス天然水」のCMの撮影で登った「栗沢山」
其処からアサオ峰を経由して、山頂に「オベリスク」を頂く鳳凰三山に連なります
...........................................................................




初秋の南アルプス 3度目の甲斐駒へ (1)

今年の登山計画の中核の一つであった盛夏の北アルプス、北穂高へのアタック
残念ながら高山病、熱中症の影響で途中撤退となってしまいました
涸沢から帰った後、今回の登山の反省も踏まえ、残りの登山計画を見直すことにしました

まずは晩秋のトレッキングで行きたい山、特に紅葉の美しい山を最優先でザックリと決めました
そうすると、その前に初秋の山を歩く計画ができそうなので色々と検討した結果.....
紅葉の混雑前に南アルプス・甲斐駒ヶ岳に行く事に致しました

ss-DSC07314.jpg
夏でも冠雪しているかの様な白い岩稜の甲斐駒ヶ岳
幾度見ても,この美しい山容には魅了されます
..................................................................................



南アルプス 鳳凰三山登山記 【本編5: 夜叉神峠へ】

南アルプス鳳凰三山登山記 最終章となります

憧れの地蔵岳(オベリスク)と会った後は、南小室小屋までピストンで帰り、
手早くテントを撤収した後、南小室小屋で昼食、其処から夜叉神峠まで戻ります

本編1: 南御室小屋へ .... 既報
本編2: 薬師岳へ .... 既報
本編3: 観音岳へ .... 既報
本編4: 地蔵岳へ .... 既報

本編5: 地蔵岳から南小室小屋、そして夜叉神峠へ

ss-DSC04818.jpg
Photo-1
観音岳から地蔵岳を見返します
白い花崗岩の岩稜が地蔵岳から後ろの甲斐駒ヶ岳まで続いているようです
.......................................................................................


南アルプス 鳳凰三山登山記 【本編4: 地蔵岳へ】

南アルプス 鳳凰三山登山記 本編4では、いよいよ憧れの「オベリスク」との対面です

本編1: 南御室小屋へ .... 既報
本編2: 薬師岳へ  .... 既報
本編3: 観音岳へ .... 既報

本編4: 地蔵岳(オベリスク)へ
本編5: 夜叉神峠へ

ss-DSC04794.jpg
Photo-1
オベリスク、雲海に浮かぶ八ヶ岳を背景に

ss-DSC04790.jpg
Photo-2
オベリスクそのものに登る事は推奨されていません
これほど間近からこの尖塔を見る事が出来て... とても満足です
........................................................................................


このカテゴリーに該当する記事はありません。