凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

南アルプス 鳳凰三山登山記 【本編2: 薬師岳へ】

漸く鳳凰三山の写真の整理が完了いたしました
その結果、南アルプス鳳凰三山登山記「本編」は

本編1: 南御室小屋へ .... 既報
本編2: 薬師岳へ
本編3: 観音岳へ
本編4: 地蔵岳へ
本編5: 夜叉神峠へ

と5編に分けてアップする事に致しました
少し長くなりますが、この様に区切りの良い形で登山記録を纏める事に致します
暫し、御付き合い頂きたく.....

ss-DSC04615.jpg
Photo-1
砂払岳の登り斜面から見る早朝の蒼き富士

スポンサーサイト

南アルプス 鳳凰三山登山記 【本編1: 南御室小屋へ】

南アルプス 鳳凰三山登山記 【前編】は登山口からテント場のある南御室小屋までの記録です
夜叉神峠登山口、この深い樹林から今年初めての「南アルプスの旅」が始まりました

ss-DSC04417.jpg
Photo-1
鳳凰三山に正対するように立つ南アルプスの主峰「白峰三山」
右から北岳(標高:3193m)、間ノ岳(あいのだけ 標高:3190m)、農鳥岳(のうとりだけ 標高:3051m)の大きな山の連なり
この3000m級の三峰を繋ぐ縦走路は「天空の縦走路」と呼ばれ、登山者の憧れのルートです


南アルプス 鳳凰三山登山記 【速報版】

三連休の二日を使い、南アルプスの「鳳凰三山」に登って参りました

先のブログ記事では、今年の夏山は蝶ヶ岳~始まり...
更に「鳳凰三山 テント泊」は今年の三大 Challenge に位置づけ中盤に計画する筈でしたが
諸般の事情で(笑)、今年はいきなり「Challenge!」からスタートです

鳳凰三山、中々キツイ登山でしたが本当に素晴らしい時間を過ごす事ができました
先ずは、【速報版】にて山行の概要を纏めてみました

ss-DSC04700_20170717155528e34.jpg
Photo-1
薬師岳から観音岳に向かう「白砂の稜線」
薬師岳の後ろには、雲海に浮かぶ「富士山」... 暫し、呆けたようにこの景観に見惚れていました


南アルプス・甲斐駒ヶ岳へテント泊登山  【本編】  

南アルプス・甲斐駒ヶ岳へテント泊登山  速報版に引き続いての【本編】となります 

速報版にてお伝えした通り、2度目の甲斐駒ヶ岳への登山も風と霧に祟られ DNF(Do  Not  Finish) に終わりました
でも、南アルプス・甲斐駒ヶ岳はとても魅力ある名峰、ピークハントは未完でも、素晴らしい景色を充分に堪能できました
そんな印象に残った山の景色を中心に、甲斐駒ヶ岳・登山レポートをお届けいたします

ss-DSC09088.jpg
仙水峠から駒津峰に向かうハイマツ地帯
強風の吹き荒ぶ稜線から見下ろした「谷から湧き立ち、うねり、鳳凰三山に向かい舞い上がる雲流」は見応えがありました
................................................................................................................

南アルプス・甲斐駒ヶ岳へテント泊登山  【速報版】  

この夏予定する登山計画の中で、山小屋、テント泊と宿泊を伴う遠征の第一弾は「甲斐駒ヶ岳 テント泊登山」となりました

昨年10月、時間管理の拙さから山頂目前の8合目で時間切れとなってしまった南アルプスの「甲斐駒ヶ岳」への心残り
それ故、年頭からこの山に登る事で、今年の夏山シーズンのスタートを切りたいと思っていました

先ずは 南アルプス・甲斐駒ヶ岳へテント泊登山  【速報版】です
詳細の登山レポートは本編に譲り、速報版では印象に残った場面の写真を中心にお伝えします

ss-DSC09078.jpg
駒津峰を目指し、樹林帯を抜けてハイマツの茂る登山路に入ると、
山全体が花崗岩で覆われた甲斐駒ヶ岳の山頂と摩利支天(まりしてん 標高:2820m)が目の前に迫ってきます
................................................................................................................................................................

このカテゴリーに該当する記事はありません。