FC2ブログ

凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

閉山間近の北アルプスへ 上高地トレッキング記 本編(2)

閉山間近の北アルプスへ 上高地トレッキング記
最終章となるこの章は、2日目の早朝に歩いた小梨平から大正池までの記録となります

前日、新宿発の深夜バスで途中下車する予定をしていたのに....、結局止めてしまった「大正池」
3年前に夜明けの大正池から見た穂高が忘れられなくて、今回はその再見を狙っていました
この日、夜はすっかり明けていましたが3年前と季節も変わった事でどんな景色が見られるか期待していました

ss-DSC_9770_2019111210172202e.jpg
初冬の田代湿原は草紅葉が白く凍っていました
冠雪した穂高をバックにすると、此処はもう冬の景色ですね
...............................................................................


スポンサーサイト



閉山間近の北アルプスへ 上高地トレッキング記 本編(1)

閉山間近の北アルプスへ 上高地トレッキング記 本編(1)
更新がすっかり滞ってしまいましたが....
この章では、晩秋の上高地で迎えた初日の記憶を山行記として纏めてみる事にしました

穂高が雪を纏う頃、上高地の河童橋から”三段紅葉”が見られるのでは?と期待していました
三段紅葉とは「山頂の冠雪」と「山の中腹の紅葉」そして「麓の樹木の緑」が一度に楽しめるもので
北アルプスでは白馬村から眺める白馬連山の姿が有名です

岳沢には鮮やかな紅を演出するナナカマドが無いので白馬ほど話題になりませんが、私にはこれで十分です

ss-DSC_9548_20191107101047909.jpg
小梨平キャンプ場に設けられた川沿いのベンチから正面に穂高・岳沢を眺めます
......................................................................................


閉山間近の北アルプスへ 上高地トレッキング記 速報版(2)

閉山間近の北アルプスへ 上高地トレッキング記 
速報版(2)ではキャンプ2日目、早朝から昼過ぎまでのトレッキング記録の速報版です

夜明け前の上高地、冠雪した穂高の麓に当る標高1500mの高原の季節感はもう初冬でした

ss-DSC_9862_20191104154506148.jpg
早朝の「田代池」
池の周りのカラマツは葉を色付いた落とす前に 白く凍っていました
.......................................................................................



閉山間近の北アルプスへ 上高地トレッキング記 速報版(1)

10月も中旬を過ぎると、北アルプスの山小屋も徐々に営業を終えてゆきます
これから紅葉の本番を迎える平野部と違い、アルプスの山々では冬を迎える準備に入りました

こうした中、今年最後の北アルプスへの山旅として「上高地・小梨平」にてテント泊をして参りました
先ずは初日、夜明け前の上高地バスターミナルから小梨平にて夜を迎えるまでの「速報版(1)」です

ss-DSC_9519_201911021109536a6.jpg
清流・梓川に沿って広がる小梨平キャンプ場
食堂・売店・風呂の併設され、海外のキャンパーにも人気のとても整備されたキャンプ場でした
...........................................................................




極彩色の北アルプス 4度目の立山へ(5) 室堂~扇沢へ

極彩色の北アルプス 4度目の立山へ
随分引っ張ってしまいましたが、本章の(5)が最終章となります

此処では雷鳥沢の朝の景色、そして室堂までの帰路から扇沢に向かうアルペンルートを纏めて見ました

ss-DSC_8822.jpg
雷鳥沢に別れを告げて室堂に向かいます
チングルマの真紅の絨毯の中から顔を見せてくれた雷鳥の家族四羽
此処を通る登山者同士が口伝で伝え合い、そっと雷鳥の姿を写真に収めていました
...........................................................................................



このカテゴリーに該当する記事はありません。