凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

今年六座目は、「陣馬山から高尾山」トレッキング

4月も中盤、いよいよ本格的な春山シーズンの到来です
神奈川周辺では、丹沢を始めとしてGW前後に開山される山が沢山あります

そうした中、絶大なる人気の「高尾山~陣馬山のトレッキングコース」
「高尾の春の花」を求めて人がどっと押し寄せる前に縦走してみる事に致しました

今年六座目の山は、陣馬山から高尾山へのトレッキングです
ss-DSC03097.jpg
陣馬山のシンボル(らしいw)、白馬の象を下から見上げてみます
この「富士山に向かって嘶く白馬の象」、京王電鉄が陣馬山を観光地化する一環として建てたそうです
..........................................................................................................................

スポンサーサイト

錦秋の渓谷トレッキング  奥秩父・西沢渓谷 「旧トロッコ道編」

立冬、そして木枯らし一号・・ 慌しく冬がやって参りました
今日の横浜地方は冷たい雨が降りしきり、最高気温はクリスマスの頃と同じ程度との事 
寒いですね・・・ 愛猫のしじみが、直ぐにひざの上に乗ってきます
この週末にはコタツを出すようかな


さて、西沢渓谷のトレッキング記の最終章です
「渓谷編」の後を受け、「滝の上の展望台」から(旧)トロッコ道を整備した遊歩道を下ってゆくコースの記録となります

ss-DSC_8950_201611101145496d2.jpg
こうして西沢渓谷の山々を眺めると
紅葉する山、しない山、白い岩肌が露出して雪山のように見える山・・・ と山も色々
............................................................................................................

錦秋の渓谷トレッキング  奥秩父・西沢渓谷 「渓谷編」

昨日は立冬、もう冬ですか・・・
昨日のニュースによると、今年の秋は記録的な短さだったようですね

さて、錦秋の渓谷トレッキング 奥秩父・西沢渓谷 「本編」
写真のボリュームから「渓谷編」と「旧トロッコ道編」に分ける事に致しました

先ずは、秋色に染まった清流と滝の続く素晴らしいトレッキングコースの記録となる「渓谷編」です

ss-DSC_8734_20161108084948930.jpg
深い山間に刻まれた渓谷の景観を楽しむトレッキングコース
原生林に囲まれ、重機も入らない場所だけに、全て人力だけで作り上げた自然遊歩道との事です
..........................................................................................................................................

素晴らしい錦秋の渓谷へ  奥秩父・西沢渓谷 「速報版」

久しぶりに秋晴れの続く週末でしたね
週末の天気に翻弄され続けた「奥秩父への登山計画」、最後のリカバリープランに選んだ「西沢渓谷」でしたが
大正解でした! 錦に染まった渓谷へのトレッキング、素晴らしい時間を過ごすことができました

素晴らしい錦秋の渓谷へ 奥秩父・西沢渓谷 
先ずは「速報版」をアップ致します
ss-DSC_9026_20161106165151258.jpg
駐車場から西沢渓谷に向かう登山路
向かいの山の麓に広がるカラマツ林、山影から昇った日差しを受けて・・・ 黄金の輝き
.........................................................................................................................

初夏の百名山 「瑞牆山(みずがきやま)」へ  【本編】

初夏の百名山 「瑞牆山(みずがきやま)」へ  【速報版】に引き続いての【本編】となります

この日の登山コースのデータ概要は
                               ● 瑞牆山山頂: 標高 2230m
                               ● 登山口(瑞牆山荘): 標高 1574m
                               ● 累計高低差: 登り、下り共に 937m
                               ● 標準コースタイム: 5時間25分
                               ● 歩行距離: 6.1キロ
         と、比較的短い時間で往復できるコースでした

登山実績も、ほぼ計画通り
瑞牆山荘(08:30)→富士見平小屋(09:20~09:40)→天鳥川出合(10:10)→瑞牆山山頂(12:00~13:00)
→富士見平小屋(14:10)→瑞牆山荘(15:00)

ss-DSC08393_20160613223849a25.jpg
岩の間を縫う様に、這う様に、登ってくると、突然樹間に姿を現す「大ヤスリ岩」
登山者に皆さん、この大岩をどう撮影するか・・・ 此処で暫し試行錯誤
...........................................................................................................

このカテゴリーに該当する記事はありません。