凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

盛夏!  蓮と子猫と三溪園と ・・・

24節気ではまもなく立秋、しかし暑い日が続きますね
統計的には、今が一年で一番暑い季節  だから・・・これからは、涼しい秋に向かうのだそうな
なるほど


昨年、行田市の「古代蓮の里」で見た蓮の花はとても見事でした
今年は此方に行く時期を逃し、すっかり出遅れてしまったので「観蓮」は諦めていましたが・・・・

三渓園の「早朝観蓮会」が来週までとの事
久しぶりに訪問した早朝の三渓園  気持ちのよい夏の朝を楽しめました

池では蓮の緋色の花に癒され、藤棚の下では子猫との思わぬ出会いもあって、とても楽しかった(笑)


ss-DSC_0488_2015080215283960e.jpg
折角の早朝観蓮会 朝6時の開門とほぼ同時に入場
流石のこの時間、未だ涼しくて気持ちのよい朝の散策ができました

ss-DSC_0502.jpg
黒く濁った沼、明るい黄緑の蓮の葉 そして鮮やかな緋色の蓮の花
目が覚めますね

ss-DSC_0540.jpg
おやおや ・・・
何かに追いかけられたのかな? 藤棚の上から覗くつぶらな瞳
最初はリスかともいました(笑)

.......................................................................................................

スポンサーサイト

世界の蓮に惹かれて  ・・・  行田市 古代蓮の里  

行田市 古代蓮の里  探訪  後編 となります



鮮やかな緋色に染まった 古代蓮の咲く水辺を散策した後

世界各地から集められた蓮の咲く蓮園に戻りました




緋、紅、白、黄、緑・・・

緑色の葉と緋色の花に染まる古代蓮畑から一転、鮮やかな光と色彩の世界 へ



ss-197一天四海1 

【一天四海】
平家物語にある詞  「一つの天下と四方の海」 即ち全世界 と言う意味の名を持つ蓮

蜜蜂も此花の魅力にぞっこん かな。。。






ss-DSC_0225.jpg 

【輪王蓮】
夏に向け、白く輝く蓮の花を見たかったので、この上品な白蓮の花に ・・・・ 感激でした







ss-232小舞妃蓮1

【小舞妃蓮】
水草の浮く池に咲くこの蓮は とても艶やか
淡い黄色 弁先は紫紅色 ・・・ 【小舞】 、 【妃】 の文字に此花のイメージが広がります








ss-DSC_0438舞妃蓮 
【舞妃蓮】

淡い黄色の花 硬質な花びらの質感  ・・・ 花びらが 舞うが如く 広がっています




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

行田市 古代蓮の里 探訪   

梅雨明け間近の週末ですが、いま一つすっきりしませんね


さて、盛夏に向け、この時期の花というと 【蓮】


ロマンの香り漂う 【古代蓮】  その発祥の地 行田市

1400年以上前とみられる蓮の実から自然発芽したのが始まりという、この行田古代蓮の里


以前から行ってみたいと思っていましたが、この週末、漸く希望が叶いました






ss-DSC_0248.jpg

10万株の 古代蓮(行田蓮) の咲き誇る 古代蓮の里






ss-DSC_0293.jpg

園内の一角にある池に咲く  キバナハス 






ss-DSC_0337.jpg


蓮の花独特の 花びらに入る濃い線  条線と呼ぶそうです








ss-DSC_0344.jpg

この美しい緋色  濁った濃い泥水からこの大輪の花を咲かせる 妙




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このカテゴリーに該当する記事はありません。