凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

今年もテント泊準備は西湖湖畔 前編

昨年の今頃は......   新しく買い揃えた沢山の「山道具」に埋もれながら
未だ見ぬ「アルプスの山々」へと想いを馳せていました(笑)

特にテント泊の為に購入した道具を如何に使いこなすか?これが難題で....
先ずは昨年の4月、富士山麓のオートキャンプ場にて「テント泊登山」の予行演習をしてみる事にしました

その時に選んだキャンプサイトが「西湖の自由キャンプ場」
余分なものは何もない! そんな雰囲気が山に近いと思って出かけてみましたが
とても素敵な場所ですっかり気に入ってしまいました
そしてテント泊二年目の今年もこのキャンプサイトから始める事に致しました

「今年もテント泊準備は西湖湖畔」 【前編】は、さくら祭りで賑わう富士山麓の模様から

ss-DSC_2365.jpg
遠くからでも目を惹く樹高の高いポプラに惹かれて此処に来ると
満開のさくらが迎えてくれる.... お気に入りの河口湖・大池公園です
..............................................................................................................................

スポンサーサイト

早春の箱根・金時山へ

今年六座目となる登山は、先週出かけた「箱根の金時山(標高:1212m)」 
山が目覚める4月までは月平均2座とペースが落ちていますが、目覚めていないのは此方の体も同じ(笑)
なので....... 、近場の低山で先ずは春山シーズン開幕への準備です

ss-DSC03009.jpg
Photo-1
金時山山頂では、美しい富士山が迎えてくれました
眼下に御殿場の街並み、広い裾野の向こうには、愛鷹山までくっきりと見えていました
.................................................................................................................

雪の御坂山地 十二ヶ岳から鬼ヶ岳への難路縦走 【後編】

 雪の御坂山地 十二ヶ岳から鬼ヶ岳への難路縦走  最終章となる【後編】は、
十二ヶ岳山頂 → 金山 → 鬼ヶ岳 → 雪頭ヶ岳 → 根場駐車場  標準CT:約四時間の下山の記録です

此処は初めての下山ルートですが、今回の登山の「核心部」となる山歩き、苦労した様子を纏めてゆきたいと思います

ss-DSC02296_20170224093420a53.jpg
Photo-1
鬼ヶ岳山頂(標高:1738m)からの景色
「鬼ヶ岳」の名前の云われと云われる鬼の角に似た奇岩、そして美しい霊峰富士、と対照的な山容の 山の2-Shot

....................................................................................................................................

残雪の御坂山地 十二ヶ岳から鬼ヶ岳への難路縦走 【前編】

残雪の御坂山地 十二ヶ岳から鬼ヶ岳への難路縦走 【前編】では、
西湖の西にある根場(ねんば)駐車場に到着後、バスで十二ヶ岳登山口のある桑留尾(くわるび)へ移動
其処から「十二ヶ岳山頂」に至る登山記録を纏めてみました

昨年1月に「毛無山から十二ヶ岳」を歩いた際、この十二ヶ岳からルートを下ってきた筈なのですが
登山と下山、目にする景色の印象が随分違った様に感じました

ss-DSC02175.jpg
Photo-1
十二ヶ岳山頂から見る富士山
何も遮るものの無い山頂からこうして富士山に正対すると、見ると言うより富士山と対話しているような気分になってきました
......................................................................................................................

2017 第一座目は・・・ 富士を正面に仰ぐ「三ツ峠山」

天気予報の通り、三連休後半は雨、所によっては雪に見舞われた様ですね
家から見える「丹沢の山並み」、山頂付近は昨晩からかなり雪が降った様子で真っ白でした

さて2017年最初の登山は、その山頂からの眺望に恵まれ、通年人気の「三ツ峠山」に決めました
そして、山頂から三ツ峠山ご自慢の「美しい富士山」に出会ってまいりました

ss-DSC01786.jpg
三ツ峠山山頂から河口湖に向かって1時間ほど下った所にある「鉄塔」からの眺め
山頂からの眺めでは一部視界に入っていた尾根が消え、富士山の裾野の広がりが素晴らしい
...............................................................................................................................

このカテゴリーに該当する記事はありません。