凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

残雪の鍋割山へ (2)

残雪の鍋割山へ (2) 
後編では、後沢乗越の稜線上の纏まった雪に遭遇した所から鍋割山山頂へ、そして其処からの下山路を纏めました

ss-DSC09018_201802051041276cd.jpg
Photo-1
鍋割山 山頂からの眺めです
..........................................................................

スポンサーサイト

残雪の鍋割山へ (1)

横浜はこの冬二度目の積雪、もう立春なのに今年は寒い冬がもう暫く続きそうですね

昨年の夏、上高地で出会った登山者から素敵な「丹沢の雪景色」の写真を見せて貰いました
身近な山としてよく知っていると思っていた丹沢、でもその「雪を纏った姿」にはチョッとした驚きを感じました

昨年の冬は素晴らしい雪山の景色を求めて「赤城山」まで出掛けましたが....
この丹沢の雪景色を見て、今年は先ずは「身近な山の雪景色」に拘ろう! と思っていました

と言う事で、
積雪から4日経過した先週末、山頂には雪がタップリ残っているという鍋割山荘管理人の言葉に誘われて
「残雪の鍋割山」に向かうことに致しました

先ずは、 残雪の鍋割山へ 「前編」です

ss-DSC08952_201802020935321e1.jpg
Photo-1
ミズヒ沢で出会った氷のアート これができるまでの一滴の重なりを想像するのも楽しいです
...............................................................................................


丹沢の秘境ユーシン渓谷へ 晩秋のトレッキング(3)

TVのニュースで、紅葉した街路樹の葉が落ちた街角では、イルミネーションが鮮やかに浮かび上がってきます
と言っていました
師走も間もなく半ば、初冬から本格的な冬へと.....、街の季節の彩りもいよいよ主役交代ですね

丹沢の秘境ユーシン渓谷へ 晩秋のトレッキング 最終章となる(3)では
ユーシンロッジの景色と其処からの帰路、目に留まった錦秋の景色を中心に纏めました

ss-DSC07889.jpg
Photo-1
休業中のユーシンロッジ
このロッジが出来た頃は、此処から素晴らしい山の思い出が沢山生まれたのでしょう
漸くロッジ再建の話が纏まったようです、楽しみです

...........................................................................................


丹沢の秘境ユーシン渓谷へ 晩秋のトレッキング(2)

今年も残り少なくなってきました
一年間の山の記憶、そろそろ纏め始めないと年内に収まりきれなくなりそうです....

さて、丹沢の秘境ユーシン渓谷へ 晩秋のトレッキング (2)
この章では無明の隧道として有名な「新青崩隧道 」、ユーシンブルー」で有名な玄倉ダムの様子を中心に纏めます


ss-DSC07858.jpg
Photo-1
渓流の直ぐ横から見ると水の清らかさが良く分かりましたが、少し上から見るとこれが青み掛かった水の色に変化します
.......................................................................................

丹沢の秘境ユーシン渓谷へ 晩秋のトレッキング(1)

年間を通じ、季節毎に登っている西丹沢の山々
今年の晩秋の山歩きは、昨年初めて歩いてその美しさに感動した「ユーシン渓谷」です

往復で19キロほどのなだらかなトレッキングコース
柔らかな晩秋の日差しの下、西丹沢の秋の彩を楽しんでまいりました

ss-DSC07831.jpg
Photo-1
丹沢湖の手前とユーシンロッジの手前の河原はこのように比較的広くなっています
但し上流のダムの放流による急な増水にために河原で遊ぶ事はできません
.......................................................................................


このカテゴリーに該当する記事はありません。