凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

今年の五座目は..... 西丹沢 檜洞丸 「その三」

今年の五座目は..... 西丹沢 檜洞丸  の「最終章」となります

この章は檜洞丸山頂、そして其処から難路の「犬越路」へと下る下山路からの景色
少し迷いましたが、管理人さんのアドバイスに従いピストンで「ツツジ新道」を下った帰路の様子を纏めてみました

ss-DSC02905_20170318135829b1d.jpg
Photo-1
檜洞丸、犬越路から大室山を望む
高い所が苦手な人は足が竦むほどの高度感が得られる天空の階段です
..............................................................................................................................

スポンサーサイト

今年の五座目は..... 西丹沢 檜洞丸 「その二」

今年の五座目は..... 西丹沢 檜洞丸 「その二」では、
檜洞丸らしい山風景として、多くの登山者の記憶に残っている山頂付近の景色が中心となります

「西丹沢自然教室」から高度差900m以上を登ると、漸く標高1500mの高みに達します
西丹沢の登山口は比較的標高が低いので、この高度まで登ってくるのも大変なのです
でも此処まで来ると景色が一変、青く霞む西丹沢の山並みの上から遠く富士山までを見通すことができます

ss-DSC02852.jpg
Photo-1
檜洞丸らしい景色の一つ、立ち枯れたブナの間に続く木道
冬はこの様に残雪の上を歩く事になりますが、2年前に初めてこの木道を歩いた初夏、此処は「バイケイソウの大海原」でした
...................................................................................................................................

今年の五座目は..... 西丹沢 檜洞丸 「その一」

 今年の五座目の登山は、丹沢の秘境「西丹沢」の主峰、檜洞丸(ひのきぼらまる 標高:1601m)

この山に登るのは今回で五回目、私の短い登山暦の中では一番沢山登った山になります
高度差:1060m 標準CT(コースタイム)登り:3時間40分 下り:2時間30分 危険地点の注意箇所(!印)10箇所
と、かなりキツイ山なのですが、少し時間が経つとまたこの山に登りたくなる そんな独特な魅力のある山です

ss-DSC02889.jpg
Photo-1
昨年の冬に見て、私の忘れ得ぬ景色の一つとなった「立ち枯れしたブナの樹と真っ青な冬空」
この景色に会いたくて、また冬の西丹沢にやってきました
......................................................................................................................................

雪山への憧憬 .....  前哨戦は久しぶりの丹沢・鍋割山

山の魅力に染まって三度目の春を前に..... 
二月末までに「今年の登山計画」の概要が纏まりそうですが、春山シーズン前にどうしても出かけてみたい「雪山」
と云っても、軽アイゼンで登れるレベルの「雪山」ですから、余り選択の余地はありませんが
先月から色々と調べて、漸く目標の雪山が決まり、入山の準備に入りました

その準備の一環としての前哨戦の場に選んだのは、昨年美しい雪山の風景に酔いしれた「鍋割山」
横浜にも雪が降った後の週末に出掛けてみる事にしました

雪山の為に用意したギアーの確認、そして年明け後に鈍った体に活を入れる(笑)目的で出かけた山行の記録です
ss-DSC01974.jpg
Photo-1
鍋割山山頂まであと少し、山稜から素晴らしい景色が開けてきました
目前には雨山から秦野峠に至る山並み、遥か遠くには雲に隠れた「富士山」そしてその右には南アルプスまで見えています
..................................................................................................................................

満を持して・・・  錦の西丹沢・ユーシン渓谷へ

冬に向かって行過ぎた季節が少し後戻り
11月本来のカラッとした陽気の恵まれた土曜日、西丹沢のユーシン渓谷に行って参りました

丹沢湖に注ぐ玄倉(くろくら)川に沿って伸びるユーシン渓谷
いつの頃からか・・・ この渓谷の玄倉(くろくら)ダムの透き通った水を「ユーシンブルー」と呼び
新緑の緑、紅葉の錦の山とのコントラストを楽しむ様になりました
ss-DSC_9340_2016111317170489a.jpg
コースで一番長い隧道「青崩隧道」を抜けた先には絶景が広がっていました
...........................................................................................................................

このカテゴリーに該当する記事はありません。