FC2ブログ

凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

今年6座目は北横岳でのスノートレッキング(2)

「今年6座目は北横岳でのスノートレッキング」 
第二章は、北横岳ヒュッテから北横岳山頂、其処から下山路迄の景色を中心に纏めました

ss-DSC09157.jpg
北横岳山頂の手前で樹林が切れ、一気に視界が開けました
眼下に坪庭を望み、その先には南八ヶ岳の厳しい山容、美しい南アルプス....、素晴らしい眺めです

.....................................................................................


スポンサーサイト



今年6座目は北横岳でのスノートレッキング(1)

塔ノ岳の雪景色に触発され、スノートレッキングのできる山域に行く事にしました
年頭の計画では、雪景色を楽しむ山として北八ヶ岳、八方尾根、涸沢を考えていましたが.....
現状ではコロナウィルスの影響が無視できないため、高速バスを利用する登山は暫く様子見としました
其処で、横浜から3時間程度のドライブで行ける「北八ヶ岳」に行ってみる事にしました

ss-DSC09107_20200318181147c5f.jpg
ロープウェイの山頂駅に用意されている展望台越しに南アルプスの山々を眺めます
左から北岳(3193m)、甲斐駒ヶ岳(2967m)、仙丈ヶ岳(3033m)日本百名山トリオです

.................................................................................


今年2月の核心登山 丹沢・塔ノ岳へ(3)


今年2月の核心登山 丹沢・塔ノ岳へ 最終章は塔ノ岳山頂からの写真を中心に纏めました

前章の到達点が「金冷し」の分岐点でしたが、此処から最後の登りを経て山頂に到達します
大倉(標高:290m)から塔ノ岳山頂(標高:1491m)まで、高度差1200mの登りでした
やはり登り応えのある参道である事を再確認しました

ss-DSC09027_20200311161511a1f.jpg
山頂から「表尾根縦走路」、更にその向こうの大山を俯瞰します
山頂付近の霧氷がとても美しく、印象的でした
.......................................................................................



今年2月の核心登山 丹沢・塔ノ岳へ(2)

今年2月の核心登山 丹沢・塔ノ岳へ 第二章となります

前章は登山路脇から眺めた「丹沢の山の内側」の景色が中心でした
続くこの章では、花立山荘に向かって登りながら開けてくる丹沢の外の景色を中心に纏めたいと思います
茅場平 ~ 花立山荘 ~ 金冷ヤシ 登り応えのある約1時間のコースです

ss-DSC08924.jpg
花立山荘まであと少し、雪を纏った樹林を越えると一気に視界が開けます
振り返ると.....、途切れた階段の先、正面に見える西湘の海は真鶴岬まで見えていました
.................................................................................

今年2月の核心登山 丹沢・塔ノ岳へ(1)

今年の登山計画では、本格的なシーズン到来前にトレーニング主体の登山を確り行う事にしました
その趣旨に沿って、此処までに「金時山」、「大山」、「鍋割山」、「鬼ヶ岳」の4座に登りましたが
この期間のメインイベントに位置付けた山が丹沢・表尾根の主峰である「塔ノ岳」でした

この山に登るのは「山からの見通しの良い日」、と登山日を狙っていましたが2月最後の週末に実現しました
当日は強い北風の吹く冬晴れ、前週に降った雪が残る予報を受けて登山口の大倉に6時半に到着です

この塔ノ岳の登山記録は記事を三回に分けてアップ致します
本稿(1)では、大倉の登山口から茅場平までの3時間の登山の記録となります
ss-DSC08875_20200303135954cc7.jpg
堀山の家を過ぎると登山路は徐々に厳しくなってきます
此処で標高1000mを越えますが、やはりこの辺りから雪が目につき始めました
..................................................................................................



このカテゴリーに該当する記事はありません。