凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

晩秋の西沢渓谷トレッキング 前編:西沢ゲート~不動滝

寒い週末を迎えました....、天気予報ではもう師走の寒さとの事ですが、
季節の被写体は、晩秋の彩りから冷たく輝く初冬のイルミネーションに主役交代でしょうね

晩秋の西沢渓谷トレッキング 本編(1)では
西沢ゲートから渓谷に沿って歩き、「不動滝」の先の折り返し点までの往路のルートを纏めました

ss-DSC07650.jpg
Photo-1
「日本の滝百選」にも選ばれた名瀑・七ツ釜五段の滝
狭いルートから眺めるので、撮影するアングルの制約が大きくて、皆似た様な写真になってしまいます
.............................................................................

スポンサーサイト

晩秋の西沢渓谷トレッキング  【速報版】

今週水曜日、上高地では閉山式が行われたとの事
早春から晩秋迄楽しませてくれたアルプスの山々もそろそろ深い冬の眠りにつく様です
この後、初冬から早春までの私の山遊びは、季節を愛でる「身近な山々でのトレッキング」が主体となります
まずは11月、錦に染まった美しい山々への誘い.....が、届きました
と言う事で、第一弾は昨年素晴らしい錦秋の景色を楽しませてくれた「西沢渓谷」へ今年も出かけてみました

まずはザッと印象に残ったポイント集めた【速報版】からです
ss-DSC07786.jpg
Photo-1
このトレッキングルートのカメラスポットの一つ「ネトリ大橋」からの眺め
西沢渓谷が接する山並みは、遠く「雲取山」~「甲武信ヶ岳」~「瑞牆山」に至る縦走路
テント泊で4,5泊しながら縦走する憧れの「奥秩父縦走路」の一部です
流石に壮大な山を繋ぐ山並、麓の樹林も深いですね
....................................................................................



雪の南八ヶ岳連峰へ 本編(4)【硫黄岳~赤岳山荘~美濃戸へ】

八ヶ岳への山旅に出かけた日、中央高速から眺めた富士山も南アルプスも確りと雪を纏っていました
しかし先日の三連休の富士山、いつの間にかすっかり雪が消え夏山の雰囲気に戻っていました
と言う事は、八ヶ岳も今頃は雪が消えて本来の晩秋の山に戻っているのでしょうか....
今年は夏そして秋、季節感が少しずれてしまっている様な気が致します

雪の南八ヶ岳連峰へ 最終章は硫黄岳~赤岳山荘へ下山後、テント撤収した後、美濃戸へ戻るまでの記録です

ss-DSC07473.jpg
Photo-1
硫黄岳を下山しながら、この日予定し、完遂できなかった「縦走路」を眺めます
.................................................................................


雪の南八ヶ岳連峰へ 本編(3)【硫黄岳~横岳 途中撤退】

雪の南八ヶ岳連峰へ 本編第三章は
硫黄岳~横岳に向かう途中で途中撤退を決め、硫黄岳に戻って来る迄の記録となります

ss-DSC07449.jpg
Photo-1
硫黄岳から鞍部になっている「大ダルミ」まで下ってきました
広い登山路、ガスで視界が利かない時、崖に落ちない様に大きな「ケルン」が等間隔に並んでいます
この大きなケルンは少し無骨で、何となく....、イースター島の「モアイ象」を思い出しました
.......................................................................................

雪の南八ヶ岳連峰へ 本編(2)【赤岳鉱泉~硫黄岳へ】

11月に入りました
天気概況報告によると今年の10月の雨の多さは記録的だった様です
本格的な紅葉の季節の到来、10月の埋め合わせに晴天の日が続いてくれるといいですね

さて、雪の南八ヶ岳連峰へ 本編 第二章は【赤岳鉱泉~硫黄岳】
予定する縦走路の様子を見ながら最初の頂である「硫黄岳」に登った記録を纏めてみました

ss-DSC07284.jpg
Photo-1
シラビソの森が少し疎らになり始めると樹間から周りの景色が見え始めます
こちらは麓の原村から茅野の市街でしょうか...、 この時間、乳白色の朝霧が街の上に広がっています
...............................................................................................


このカテゴリーに該当する記事はありません。