凧と浜風

横浜や鎌倉、そして湘南の海辺、そんな風景を撮ってます

早春の箱根・金時山へ

今年六座目となる登山は、先週出かけた「箱根の金時山(標高:1212m)」 
山が目覚める4月までは月平均2座とペースが落ちていますが、目覚めていないのは此方の体も同じ(笑)
なので....... 、近場の低山で先ずは春山シーズン開幕への準備です

ss-DSC03009.jpg
Photo-1
金時山山頂では、美しい富士山が迎えてくれました
眼下に御殿場の街並み、広い裾野の向こうには、愛鷹山までくっきりと見えていました
.................................................................................................................

スポンサーサイト

川崎の工場夜景に萌え....  (3) 浮島編

 川崎の工場夜景に萌え....  (3)では「千鳥町」の隣に浮かぶ「浮島」のプラント撮影です

浮島、首都高の湾岸線やアクアラインを走るとこの「浮島ジャンクション」の道標を見る機会があると思います
多摩川を挟んで隣は羽田空港、この浮島のプラントは大規模な製油所と化学工場が並び
千鳥町の工場夜景とは一味違った夜景を見ることができました
 
ss-DSC_1535.jpg
Photo-1
東燃ゼネラル石油前
浮島のかなりの面積を占有している「東燃ゼネラル石油」、このタワーのようなプラントは一際目立っていました
.......................................................................................................................................

川崎の工場夜景に萌え....  (2) 千鳥町編

 川崎の工場夜景に萌え....  (2)では、川崎の工場夜景を代表するスポット、「千鳥町」です

この日の計画では、夕暮れ時の東扇島・東公園撮影の後、千鳥町、浮島の各三箇所のプラントに行く事にしていました
先ずは、工場夜景の聖地と呼ばれる「千鳥町」、此処は撮影環境が良いのでゆっくりと撮影できて良いですね

ss-DSC_1473.jpg
Photo-1
千鳥町で一番人気は「日本触媒」のプラント、其処からから南に少し歩いた場所にある「日本合成樹脂」
この場所、ガイドブックでは穴場的な位置づけですが、間近で見られるこのプラント設備はとても迫力があります
.....................................................................................................................................................

川崎の工場夜景に萌え....  (1) 東扇島編

三月初旬に下見をして以来、暫く時間が経ってしまいましたが
先週末、予定通りに「川崎のコンビナート」まで工場夜景の撮影に行って参りました

例によって少し早めに到着後、日没まで東扇島・東公園にて運河から東京湾への景色を眺めていました
川崎の工場夜景に萌え....  (1)は、夕暮れの東扇島から

ss-DSC_1477_20170321134412a64.jpg
Photo-1
これは川崎の工場夜景の鉄板 「千鳥町・貨物ヤード前」
白い蒸気の噴出す工業地帯、それが冬にこの景色を撮影したい理由の一つです
..........................................................................................................................

今年の五座目は..... 西丹沢 檜洞丸 「その三」

今年の五座目は..... 西丹沢 檜洞丸  の「最終章」となります

この章は檜洞丸山頂、そして其処から難路の「犬越路」へと下る下山路からの景色
少し迷いましたが、管理人さんのアドバイスに従いピストンで「ツツジ新道」を下った帰路の様子を纏めてみました

ss-DSC02905_20170318135829b1d.jpg
Photo-1
檜洞丸、犬越路から大室山を望む
高い所が苦手な人は足が竦むほどの高度感が得られる天空の階段です
..............................................................................................................................